過敏性腸症候群に効く/簡単な自然療法

· 12月 10, 2015
食生活以外に気をつけなくてはいけない点は、ストレスや不安感等あらゆるネガティブな感情をコントロールすることです。ネガティブな感情は腸に刺激を与えてしまうのです。
 あなたは過敏性腸症候群に悩んでいませんか? はっきりとした原因は不明であると病院では言われるかもしれませんが、よくある病気ですので、自宅で少しでも楽になる方法を探しましょう。

この病気は特に女性に多く見られ、ストレスがよく原因となります。しばらく便秘に苦しんだかと思えば、今度は下痢がやってくる場合もあります。では、どう対処すればよいのでしょうか? もちろん、まずは医師の診断に従わなければなりません。しかし、毎日の生活に自然療法を取り入れてみるのもよいでしょう。今日は、過敏性腸症候群に効く自然療法についてみていきましょう。

過敏性腸症候群に効く:ミント入りアロエベラジュース

1. 材料は何が必要?

始める前にまずはっきりとさせておかなければならないのは、自分の判断で勝手に治療をしない、ということです。そして、専門家や主治医の診断や勧めを軽視しないでください。もう一点、知っておくべきことは、沢山の薬剤を長期に渡って使用することは、様々な結果を招くということです。例えば、肝臓や腎臓の問題などです。では一体どうすればよいでしょうか? 服用する薬やサプリや必要最小限だけにし、後は毎日の自然療法を用いることです。

 

まずはこちらを試してみてください。用意するのは以下の通り。

  • ジェル状のアロエベラ 大きなスプーンに2杯(40g)
  • ペパーミントの葉 15g (代わりにミントオイルを使用しても可)

2. どうして過敏性腸症候群に効くの?

過敏性腸症候群.マッサージ

  • アロエベラ:10日間連続でアロエベラを摂取すると、大腸の炎症や刺激を取り除いてくれるでしょう。アロエベラは、腸に入る時にガスにならない数少ない食物の一つです。その抗炎症作用と癒しの作用が活発に働きます。痛みによって引き起こされる筋肉の収縮を止め、排便を正常に保ち、便秘や下痢を防いでくれます。アロエベラのおかげで、大腸はより栄養を吸収できるのです。私たちの体を病気にしてしまう有害なバクテリアを取り除いてくれる作用もあります。
  • ペパーミント:『英国メディカルジャーナル』によると、ミントは過敏性の腸の治療に効果があるとされています。例えばメンソールには、腸壁をリラックスさせ、筋肉の収縮を抑える働きがあり、つまり、痛み、痙攣、便秘、下痢を防ぐ効果があります。ペパーミントは過敏性腸症候群に素晴らしい効果があるといえるでしょう。

アロエベラは腸の炎症を抑え、ミントは不快感や痛みを取り除いてくれます。

3. ミント入りアロエベラジュースの作り方は?

過敏性腸症候群.レタス

  • 1日あたりグラス2杯飲みましょう。1杯目は朝の空腹時に、2杯目は夕食後に飲みます。作り方は簡単です。まず、グラス2杯分の水を(250ml)を火にかけます。沸騰し出したら、40gのジェル状アロエベラを加えましょう。
  • よくかき混ぜ、ペパーミントの葉を加えます。ミントの葉の代わりに、ペパーミントオイルを使用しても構いません。その場合は、沸騰していない温かいお湯に混ぜるようにしてください。
  • 材料がよく混ざったら火から下し、冷ましましょう。
  • 飲むときは常に室温の状態で飲みましょう。1杯目は空腹時に、2杯目は夕食後に飲むことを10日間続けます。これを毎月続けることが理想的です。続けることで大腸が洗浄され、消化システムが強くなるでしょう。簡単で素晴らしい薬効のある飲み物です。

過敏性腸症候群のためのアドバイス

過敏性腸症候群.ビーツ

  • 乳製品、脂肪分の高い食品、調味料を摂らないように、炭酸ドリンクやコーヒーを飲まないようにしましょう。
  • 一回分の食事量を減らし、一日のうちで小分けにして頻繁に食べましょう。例えば、少量を一日6食など。
  • 野菜をより沢山食べ、食物繊維を多く摂りましょう。
  • サラダにパパイヤを入れると良いでしょう。
  • プルーンのジュース、リンゴとオーツ麦
  • フラックスシードも過敏性腸症候群に効果があります。
  • 午後にカモミールティーやシナモンティーを飲むと気分が良くなるでしょう。
  • ビーツとニンジンのジュースは栄養がたっぷりなだけでなく、デトックス効果があり、大腸を保護します。特に夕食時に飲むと良いでしょう。
  • 可能な限りストレスを感じる環境を避けましょう。ネガティブな感情、心配、不安感は過敏性腸症候群の引き金となり得ます。