チェリートマトの栄養素・効果・使い方

プチトマトは料理の食材としての価値も高いですが、健康面でも多くのメリットがあります。その栄養価や用途について、こちらで詳しくご紹介します!
チェリートマトの栄養素・効果・使い方

最後の更新: 19 9月, 2022

チェリートマトは、「カクテルトマト」とも呼ばれます。トマトのその他の品種と同様に、チェリートマトは、さまざまなレシピに使用されます。従来のトマトよりも甘く、酸味が少ないのが特徴です。

また、赤色以外の色もあるので、料理を彩る食材にもなります。また、その色素のおかげで、抗酸化物質が豊富に含まれていることも特徴です。では、その特性についてもっと見てみましょう。以下で、詳しくご紹介していきます。

チェリートマトの特徴と由来

チェリートマト(Lycopersicum pimpinellifolium)は、トマトの一種で、その形がサクランボに似ていることからこの名前がつきました。他に「カクテルトマト」「ローマトマト」「グレープトマト」などとも呼ばれる。

赤、緑、オレンジ、黄色、青、黒など、さまざまな色をしたベリー系の果物です。大きさは直径1~3cm、重さは10~15g。

形は品種によって丸や楕円形をしていて、外側はしっかりしているにもかかわらず、中はとてもジューシー。中でも味は、甘みが主体で、わずかに酸味が感じられます。よく知られている品種は以下の通りです。

  • 洋なしチェリートマト
  • イエローチェリートマト
  • ミニチェリートマト
  • 丸型チェリートマト
  • クマートチェリートマト
  • ゼブラトマト
  • ハンギングチェリートマト
チェリートマト 効能
チェリートマトは、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

起源

チェリートマトは、伝統的なトマトの祖先であると考えられています最初に発見されたのはアンデス地方で、最初に栽培されたのはペルーですが、アステカ族のメキシコまでさかのぼると考える人もいます。エクアドルやチリの料理にも使われます。

スペインの征服により、ヨーロッパ市場に持ち込まれ、当初は観賞用として利用されていたが、18世紀以降、食用として利用されるようになりました。現在では、品種改良が進み、大きさや味、耐性の面で改良が加えられています。

チェリートマトの栄養価

チェリートマトは大きさに関係なく、従来のトマトと同様に栄養価が重要です。100g、約7個でやっと18キロカロリー、90g以上の水分が摂れるので、低カロリーで水分補給力の高い食材とされます。

脂質とタンパク質は0.5gに満たないため、非常に低い値です。しかし、炭水化物は100gあたり4g近くあります。このうち2.6グラムは果糖、ショ糖、ブドウ糖などの単糖類です。

そのため、腸での吸収が早く、チェリートマトはエネルギー源として優れています。残りの糖質は食物繊維、チェリートマト100gあたり1.2gとなっています。

ビタミン類では、100グラムあたり26ミリグラムのビタミンCと、82マイクログラムのレチノールが含まれるビタミンAが目立ちます。これらの栄養素を最大限に摂取するためには、果実を丸ごと食べることが推奨されています。

ミネラルでは、カリウムが多く含まれています。100グラムで296ミリグラムを摂取することができます。

生理活性化合物

チェリートマトは、その果実に含まれる生物活性化合物のために、グルメ市場で人気が急上昇しています。トマトの皮の色が濃いほど、アントシアニン、フェノール化合物、その他の健康に役立つ抗酸化物質の含有量が多くなります。

これらの特性のほとんどは、フリーラジカルの攻撃に対応する能力が中心となっています。これらのプロオキシダント物質は、細胞内に多くの損傷を発生させるのです。

これらの化合物の中には、ナリンゲニン、クロロゲン酸、ケルセチン、ケンフェロールなどのポリフェノールが含まれます。また、カテキンやアントシアニンなどのフラボノイドは、赤や青、紫などの色調を与える物質です。

また、トマトに含まれるリコピンなどのカロテノイドには、抗酸化作用があります。これには免疫系を刺激し、抗腫瘍作用があります。

チェリートマトの効能

チェリートマトの効能は、生理活性物質の存在と、豊富な栄養素の濃縮に関連しています。最も優れたものを以下に挙げます。

視力回復を促進する

果肉に含まれるカロテノイドにはプロビタミンA活性があり、視力の向上や特定の視覚疾患の予防に役立ちます。例えば、夜盲症や眼球変性症のリスクを軽減します。

細胞の酸化を防ぐ

チェリートマトに含まれるフェノール化合物は、体内の活性酸素によって生じるフリーラジカルを中和する働きがあります。特に、フェノール類は以下のような性質を持ちます。

  • 抗炎症作用
  • 肝保護作用
  • 心臓保護作用
  • 血糖降下作用
  • 抗菌性

これらの特性から、チェリートマトの摂取は、変性疾患によるダメージの予防や軽減と良い関係があると言えます。

チェリートマトはダイエットにも効果的

チェリートマトは水分を多く含み、低脂肪であるため、ダイエット中の食材として好まれています。100gでほとんどカロリーがなく、様々な料理に使用できます。

老化防止に役立つ

酸化ストレスは、細胞膜にダメージを与え、老化を促進させます。リコピンは、その抗酸化作用により、これらのプロセスを停止させることができます。

また、紫外線によるダメージから肌を守る働きもあります。チェリートマトをつぶしてオリーブオイルと一緒に調理すると、リコピンを効果的に摂取することができます。

カリウムとビタミンCが豊富

チェリートマトに含まれるビタミンCは、生で食べるとその効果が最大限に発揮されます。この栄養素は、鉄分の吸収を促進し、免疫力を高め、コラーゲンの合成を促進するなどの働きがあります。

一方、カリウムの値が高いので、細胞内外のバランスを保つのに理想的な食材です。また、神経の伝達や糖質の代謝にも関与しています。

チェリートマトの使い道

チェリートマトは、サラダやサンドイッチ、スナックなど、そのままの形で食べるのが一般的です。しかし、ソースやシチューに加工することもできます。パスタやピザの具材として使われることも多いです。

また、この食材はその汎用性の高さにも驚かされるはず。おやつに、タルトに、ジャムに、ピューレに、スープにと、さまざまなレシピで楽しめます。温めても、冷やしても、生でも、加工しても美味しく食べられます。

チェリートマトのパスタ
チェリートマトは、その風味と多様性から、さまざまな調理法に取り入れることができます。

覚えておきたいこと

チェリートマトには、通常のトマトと同じくらい興味深い栄養素と効果があります。リコピン、ポリフェノール、アントシアニン、フラボノイドなど、さまざまな抗酸化物質の媒体となります。

ビタミンCを活かすには、生のまま食べるのが一番ですが、リコピンを活かすには、オリーブオイルを使った調理がおすすめです。このタイプのトマトは、料理の味付けや付け合わせにとても適しています。ほんのり甘い風味がたまりません。

こちらの記事もおすすめです。
自家製トマトソースを毎日でも食べるべき理由
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
自家製トマトソースを毎日でも食べるべき理由

自分で自家製トマトソースを作れば、トマトに含まれるリコピンの効果を最大限に得られます。それに、その他の健康的な栄養素も同時に摂取することができます。トマトは非常に一般的な野菜の1つですが、素晴らしい健康効果がある食べ物です。トマトに含まれるリコピンのおかげで特定の種類のがんを予防する効果がある...