知ってるようで知らない!ビタミンAの特徴と働き

ビタミンAは、魚、牛乳、オレンジ色の果物や野菜などの食品に含まれている栄養素の一つです。私たちの視力と免疫システムの強化と維持、そして肌の健康を促進する働きがあります。今回の記事では、ビタミンAの健康効果と、どの食品に含まれているかを詳しくご紹介します。
知ってるようで知らない!ビタミンAの特徴と働き

最後の更新: 14 4月, 2021

ビタミンAは、特定の食品に自然に存在する脂溶性ビタミンです。動物性食品にはレチノールとして、果物や野菜などの植物性食品には、プロビタミンAの形で存在しています。すべてのビタミンと同様に、私たち人間は健康を維持するために少量のビタミンAを必要とするため、毎日の食事からビタミンAを摂取する必要があります。

ビタミンAはどのような働きをするのでしょうか?

ビタミンAの機能と健康上の利点

ビタミンAは特定の身体機能の発達に必要であり、複数のシステムにさまざまな影響を及ぼします。

免疫システム機能

ビタミンAには、免疫系の正常な機能の鍵となる抗感染作用があります。感染症、特に呼吸器系の感染症を予防します。これには、喉の感染症、咽頭炎、副鼻腔炎、気管支炎などが含まれます。

知ってるようで知らない!ビタミンAの特徴と働き 免疫機能

ビタミンAは免疫系機能に関与しているため、いくつかの感染症の予防の鍵となります。

生殖と成長

ビタミンAは胚発生において重要な役割を果たしています。これは、科学が最初に発見した機能の1つです。妊娠中のビタミンAの不足は、尿路、横隔膜、および胚の腎臓の形成に問題を引き起こす可能性があります。また、科学的研究は、ビタミンAは男女の適切な生殖機能のために必須の栄養素であることを明らかにしています。

目の保護

ビタミンAは視力の健康に欠かせない栄養素です。ビタミンAを適量摂取することで、光を脳が解釈できる電気信号に変換することを可能にします。

また、視力を改善し、暗い場所で視力低下する夜盲症を予防する効果があります。また、抗酸化作用により、老眼、加齢黄斑変性、白内障、緑内障、遠視、近視、網膜剥離などの眼疾患のいくつかの予防に役立ちます。

こちらからさらに詳しく:ビタミン欠乏症について知ろう

抗酸化物質

ビタミンAは優れた抗酸化物質です。そのため、アルツハイマー病、冠状動脈性心臓病、慢性肺疾患などの特定の変性疾患の発症を防ぐのに役立つと考えられています。一部の科学者は、癌などの非感染性疾患の発症に対する保護効果を提供する可能性があると考えています。

皮膚と粘膜

ビタミンAは肌の健康維持を助けます。さらに、粘膜、特に消化管や気道の粘膜を保護するのに優れています。また、私たちの体は組織の再生のためにそれを必要とするため、潰瘍や憩室症などの消化管の傷を癒すための良い治療法です。

多くの化粧品会社は、製品の別の成分としてビタミンAを取り入れています。これは、にきびの治療に良い結果をもたらし、しわの出現を減らし、皮膚の老化を防ぎます。

鏡を見ている女性

現在、多くの化粧品には、早期老化から肌を保護するのに役立つ栄養素であるビタミンAが含まれています。

ビタミンAを含む食品

私たちの体が重要な機能を果たすためにビタミンAをどのように必要としているかをここまででご紹介しました。人間は体内でビタミンAを合成することができないため、食品からビタミンAを摂取する必要があります。

ビタミンAには2つの異なる形態があります。

1.形成されたビタミンA

このタイプのビタミンAは、動物性食品に含まれています。私たちの体はこのタイプのビタミンAを容易に吸収して体内に貯蔵し、加水分解してレチノールを形成します。このタイプのビタミンAを含む食品は次のとおりです。

  • 牛レバー
  • タラ肝油
  • 卵黄
  • バター
  • 全乳
  • 青魚:イワシ、ニシン、サバ、マグロ、鮭など

2.プロビタミンA(ビタミンA前駆体)

一部の植物カロテノイドはビタミンAの前駆体です。これは、腸内の酵素作用によってレチノールを変換したベータカロチンです。

カロテノイドは主に黄色とオレンジ色の野菜に含まれていますが、一部の葉野菜、特に濃い緑色の野菜にも含まれています。カロテノイドの黄色とオレンジ色の色素は、葉緑素の色の下に「隠れて」いるのです。

カロチンの供給してくれる主なものは次のとおりです。

  • 赤唐辛子
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • 人参
  • メロン
  • マンゴー
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • フダンソウ
  • ケール
  • 桃やネクタリンなどにも含まれているが少量

ビタミンAをより良く吸収するためには、野菜を調理して少量のオリーブオイルと混ぜる方法がお勧めです。

知ってるようで知らない!ビタミンAの特徴と働き 野菜と果物

一部の果物や野菜、特に黄色やオレンジ色のものは、ベータカロチンを豊富に含んでいます。

ビタミンAの不足による健康への影響

ビタミンA欠乏症は通常、長期にわたる栄養に乏しい食生活を続けることによって起こります。先進国では一般的ではありませんが、アフリカや東南アジアの一部の地域ではビタミンA欠乏症を発症する人がいますが、これは主に、ビタミンAが豊富な食品が不足しているためです。

また、腸への脂肪の吸収に影響を与える特定の障害が、ビタミンA欠乏症を発症するリスクを高める可能性があります。慢性の下痢、セリアック病、膵臓の健康問題のいくつか、または胆管閉塞などは、すべてビタミンA欠乏症に関与しています。

ビタミンA欠乏症の兆候のいくつかをご紹介します。

  • 過度に乾燥した肌、発疹、うろこ状の外観、しわ
  • 爪のもろさ
  • 視力低下、夜盲症、および潤滑不足による過度のドライアイ
  • 食欲と匂いの欠如
  • 感染症

医師は、症状の評価と血液検査の結果に基づいて診断を行います。サプリメントは、ビタミンA欠乏症の治療に良い方法ですが、自分の特定のケースに必要な量を医師が処方するため、常に医師の指示とアドバイスの下でサプリメントを服用してください。

過剰摂取に注意してください

ビタミンAの過剰摂取は有毒である可能性があります。実際、これは高ビタミンA血症として知られている状態です。1日の推奨摂取量の10倍を摂取するのは危険な可能性があると推定されています。

一般的に、食べ物からビタミンAを過剰に摂取するのは困難です。中毒症状は、主に大量のビタミンAサプリメントを摂取したときに起こるため、サプリメントを摂取する際は、常に医療専門家のアドバイスに従ってください。

プロビタミンAが豊富な野菜を大量に摂取しても、通常は毒性の問題は発生しません。私たちの体は必要なものを吸収し、余分なものを取り除きます。しかし、大量のベータカロチンを摂取すると、肌がオレンジ色になることがあります!

秋になると、緑、オレンジ、黄色の野菜を簡単に食事に取り入れることができます。これらの野菜に、牛乳、魚、卵を組み合わせることで、ビタミンA欠乏症の予防に役立つ必要な栄養素を補給することができます。

こちらの記事もおすすめです。
ビタミン欠乏が引き起こす可能性のある病気
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ビタミン欠乏が引き起こす可能性のある病気

毎日の食事から必要なビタミンを摂取していますか?ビタミンは私たちの身体が正常に機能するために必要な化合物であり、ビタミン欠乏症はさまざまな病気を引き起こす可能性があります。今回の記事では、ビタミン欠乏症が引き起こす可能性のある病気をいくつか詳しく説明します。



  • Bastos Maia S., Rolland Souza AS., Fatima Costa M., Lins da Silva S., et al., Vitamin A and pregnancy: a narrative review. Nutrients, 2019.
  • Saari JC., Vitamin A and visión. Subcell Biochem, 2016. 81: 231-259.