アルファルファ を食べることで得られる6つの効果

鉄分が豊富に含まれるアルファルファを食べることで、健康を改善する効果があります。特に鉄分欠乏症や貧血の人には理想的な食品です。
アルファルファ を食べることで得られる6つの効果

最後の更新: 22 1月, 2019

アルファルファ は、エンドウマメ科の植物です。 飼料に使われることの多い アルファルファ ですが、栄養価が高いため、自然療法として食生活に取り入れることをおすすめします:

  • アルファルファの花はお茶に
  • アルファルファの葉をジュースなどに
  • アルファルファの発芽(スプラウト)サラダに
  • アルファルファの根は中国の自然療法では解熱剤として
  • 種は虫刺さされの症状の緩和に

アルファルファの成分

完全な食品と言い換えることもできるアルファルファの成分をご紹介します:

  • ビタミンA:肺と心臓が正常に機能するのを助ける
  • ミネラル(マグネシウム、カルシウム、鉄、セレン):身体機能を正常に保つために不可欠
  • ビタミンC:抗酸化作用があるためコラーゲンの生成に必要

こちらも参考にして下さい:欠かせない必須ビタミン6種

いくつかの研究により、アルファルファには抗がん作用があると考えられています

  • ビタミンK:血液凝固のために不可欠

アルファルファを継続して摂取することのメリット

アルファルファを食生活に加えることにより、次のような健康効果が期待できます。

1. 免疫システムの強化

アルファルファ で免疫システムを強化

アルファルファは、ウイルスや細菌に対する免疫システムの反応を促進する働きがあります。また、アルファルファを食べることで、免疫システムが強化されるだけではなく、アルファルファに含まれるグルコシノレートが、ガンを予防する効果があると言われています。

2. 体内のデトックス

尿や消化器系の機能を正常に保つ成分が含まれるアルファルファは、体内の毒素を体外に排出するのに高い効果を発揮し、腎不全や胃潰瘍の症状を緩和するのにも役立ちます。

こちらの記事もお勧めです:毒素を排出する4つのシェイク

3. 貧血予防

アルファルファ で貧血の予防

栄養素が豊富に含まれるアルファルファには鉄分が豊富に含まれているため、鉄分の欠乏による貧血の症状を解消します。

4. 更年期障害の症状の緩和

アルファルファに含まれる植物性エストロゲンの働きで、体内のエストロゲン値が上昇します。 また、月経中の腹痛や辛い症状を予防・緩和する効果もあります。

5.心疾患のリスクを低下

アルファルファ で心疾患のリスクを低下

2008年に実施された研究によると、アルファルファを含む食事によって、動脈内の悪玉コレステロール値が低下することがわかりました。

6. 肌の健康を改善

抗酸化物質を豊富に含むアルファルファは、肌を美しく輝かせる効果だけではなく、セルライトを解消する効果もあります。

アルファルファの摂取方法

アルファルファ の摂取方法

アルファルファの葉は、ほうれん草やチャードなどの葉野菜と一緒に調理して食べることができます。また、他の食品と組み合わせてジュースとして飲む方法もあります。

材料

  • アルファルファの葉 ½ カップ  (75 g)
  • レモン果汁 ½ 個分
  • 水 4カップ (1リットル)
  • ハチミツ(お好みで)

道具

  • ミキサー

作り方

  • アルファルファの葉、レモン、そして水をミキサーに入れて混ぜます。
  • 3分間ミキサーで混ぜた後、お好みでハチミツを加えて再び混ぜます。
  • 出来上がりです!お楽しみください。

アルファルファスプラウト(発芽)は、サラダやサンドイッチの材料におすすめです。近所で手に入らないときは、自宅で栽培するといつでもアルファルファを食べることができます。

アルファルファを栽培する方法

必要なもの

  • 容器(幅 9 cm × 高さ15 cm以上)
  • 容器を覆う薄い布
  • 輪ゴム
  • 水1カップ (250 ml)
  • アルファルファの種 大さじ1  (10 g)

栽培方法

  • 種を容器の中に入れ、水に3時間浸します。
  • 布で容器を覆ったら輪ゴムで押さえます。
  • 水を捨てたら、容器を太陽の下におきます。
  • 食べる前にきれいに洗って殺菌してください。
  • 1週間続けてください。時々容器を動かして、芽が絡まないようにしてください。

アルファルファを食べるべきではないとき

アルファルファには豊富な健康効果がありますが、アルファルファを食べるべきではないときがあります。

  • 妊娠中と授乳中:植物性エストロゲンを含むため
  • 血液凝固薬の服用中
  • 自己免疫疾患を発症している場合
  • 痛風または尿酸値が高い場合:尿酸化合物の原質であるプリンを多く含むため

疾患を発症しているときや健康状態に何か問題が発生しているときに、アルファルファをはじめとする自然療法を毎日の食事に加えるときは、自己判断せず、必ず専門医に相談してください。

こちらの記事もおすすめです。
季節のアレルギーに対する自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
季節のアレルギーに対する自然療法

季節の変わり目に起こるアレルギーは免疫システムの過剰反応によるものです。これはアレルゲンのような異物が体内に入りこむ事で起こります。この異物はほとんどの人にはなんの影響も与えませんが、中には過敏に反応する人もいます。アレルギーの症状には数種類ありますが、最も一般的なものは鼻炎、結膜炎、喘息です...



  • Al-Dosari, Mohammed. (2012). In Vitro and in Vivo Antioxidant Activity of Alfalfa (Medicago sativa L.) on Carbon Tetrachloride Intoxicated Rats. The American journal of Chinese medicine. 40. 779-93. 10.1142/S0192415X12500589.
  • Amaro, Jony & Iparraguirre, María. (2018). Efecto del consumo de extracto de alfalfa (Medicago sativa L.) sobre el recuento de leucocitos, en ratones (Mus musculus). Revista Medica Herediana. 29. 97. 10.20453/rmh.v29i2.3349.
  • Seida, A., El-Hefnawy, H., Abou-Hussein, D., Mokhtar, F. A., & Abdel-Naim, A. (2015). Evaluation of Medicago sativa L. sprouts as antihyperlipidemic and antihyperglycemic agent. Pakistan Journal of Pharmaceutical Sciences28(6), 2061–2074.
  • DeLoughery, T. G. (2017, March 1). Iron Deficiency Anemia. Medical Clinics of North America. W.B. Saunders. https://doi.org/10.1016/j.mcna.2016.09.004
  • Seida, A., El-Hefnawy, H., Abou-Hussein, D., Mokhtar, F. A., & Abdel-Naim, A. (2015). Evaluation of Medicago sativa L. sprouts as antihyperlipidemic and antihyperglycemic agent. Pakistan Journal of Pharmaceutical Sciences28(6), 2061–2074.
  • De Leo, V., Lanzetta, D., Cazzavacca, R., & Morgante, G. (1998). [Treatment of neurovegetative menopausal symptoms with a phytotherapeutic agent]. Minerva Ginecologica50(5), 207–11. Retrieved from http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9677811
  • Asgary, S., Moshtaghian, J., Hosseini, M., & Siadat, H. (2008). Effects of alfalfa on lipoproteins and fatty streak formation in hypercholesterolemic rabbits. Pakistan Journal of Pharmaceutical Sciences21(4), 460–464.