月経異常の4つのサイン

3月 9, 2018
ストレスが原因による事も多い月経異常ですが、頻繁に月経異常が起こる場合には産婦人科の診察を受けましょう。

初めての生理を迎えたら、常に生理周期に気を配り、自分の生理についてメモを残しておくと色々と役に立ちます。
自分の体のリズムや生理の特徴をきちんと把握しておけば、通常と違うことが起こった時にすぐに気付くことが出来ます。

まだ若い時期に起こる主な月経異常は生理周期の変化です。
通常の生理周期は28日~30日とされていますが、中には32日周期の人もいます。

通常の生理は3日~7日間続きます。10日間以上続く生理は月経異常と見なされます。
また、通常の生理周期から5日間早いもしくは遅い場合も月経異常です。

月経異常の原因はホルモンの乱れや他の病気による影響など様々な理由が考えられます。
10代の時はホルモンバランスが変化している時期なので異常月経を起こしやすいとされています。
これは、更年期の場合にも同じことが言えます。

月経異常の主な特徴

お腹を抑えて横になる女性

月経異常に気付く為には、通常の状態を把握しておかなければなりません。
自分の生理周期、生理日数、出血量などをきちんと頭の中に入れておきましょう。
気分の変化にも気を付けておきましょう。
抜け毛や爪がもろくなったりするのはホルモンにトラブルが起こっているサインかもしれません。

ここでは月経異常の主な症状である4つをご紹介します。
いずれかに当てはまる場合は速やかに医師に相談しましょう。

こちらもお読みください:生理不順を引き起こす6つの原因とは?

 

1.生臭い匂い

膣の周りから生臭い匂いがしたら、それは雑菌が増殖している証拠。
感染によるものが多いので、すぐに医師の診察を受けましょう。

感染症は異常月経を引き起こす原因にもなる上、症状が複雑化してしまう可能性もあります。

 

2.早すぎる or 遅すぎる生理

カレンダーとタンポン

通常の生理周期は28日~32日です。
生理周期で異常を判断する場合は年齢によって日数が異なります。

・成人女性
24日以内に2度目の生理が起こった場合、2度目の生理が35日以上経過しても起こらない場合は月経異常と考えられます。

・青年女性
21日以内に2度めの生理が起こった場合、2度目の生理が45日以上経過しても起こらない場合は月経異常と考えられます。

 

3.長い生理

生理が何日間続くのかも重要なポイントです。
一般的に3~5日ほどで生理が終わる事が多いのですが、7日間生理が終わらないという人も。
もし7日以上生理が続くようであれば医師に相談しましょう。
体の中での異常を知らせるサインかもしれません。

 

4.重い生理

子宮のイラストと女性

重い、と一口に言ってもどんな生理が重たくてどんな生理が軽いのか判断するのは簡単ではありません。
こうゆう場合には、一般的な事を考えず、自分の体にとって重いか軽いかで判断しましょう。
この時、出血量は重さを見極める判断材料になるのできちんと意識しておきましょう。

・普段よりも頻繁にタンポンやナプキンを交換しなければいけない場合
・1日3~4回以上生理用品を交換している場合

 

生理中に起こる症状

多くの女性が生理中の腹痛や頭痛を経験したことがあると思います。
頭痛が鋭い片頭痛だった場合は、他の病気の可能性もあります。

強い筋肉痛や背中の痛み、激しい感情の波にも要注意です。

生理中に高熱や嘔吐を伴う生理痛があった場合はすぐに病院へ行きましょう。

 

生理期間以外の出血

自分の生理周期はハッキリと把握しておきましょう。
本来生理期間ではないのに出血があった場合にいち早く異常月経と判断する為です。
出血が多かった場合は、感染症の疑いがあります。
このような不測の出血は流産やガンの危険性もあります。

生理周期が狂ってしまう原因

婦人科の診察

・ホルモンバランスの乱れは大きな原因の1つと言えます。
もしくは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)や排卵に問題がある可能性もあります。

・不規則な食生活も生理周期に影響を与えます。
食欲不振や食べすぎなどで食事のバランスが崩れてしまうと生理が止まってしまう事もあります。

・慢性的なストレスや失望感など、精神が不安定なのも良くありません。

・避妊薬の服用や、妊娠なども生理周期を乱してしまう一因です。

あなたへおすすめ