荒れた唇にサヨナラする6つの方法

唇の荒れを防ぐためには、保湿を心がけながら唇を清潔に保つことが大切です。また健康的な食生活を維持することで免疫システムを強化するのも効果的です。

カサカサ唇にお悩みですか?

唇は異なる皮膚の層と粘膜に覆われた筋肉を指します。 外層は非常に薄いため、外部からの刺激などに弱い傾向があります。また唇には複雑な血管系があるため、唇を怪我するとすぐに血が出たり色が赤く変色しやすい場所でもあります。

唇の荒れとは?

唇が荒れる原因

 

「唇の荒れ」とは、唇に見られる亀裂で、唇と細い襞にできる小さな傷をさしますが、ここが荒れると非常に不快で辛い傾向があります。

一般的には温度の低下や乾燥により唇が荒れると言われていますが、それ以外にも様々な原因が考えられます。

  • 保湿剤の過剰な仕様
  • 唇を噛む癖
  • ビタミンやミネラルの欠如
  • 栄養失調または脱水症状
  • 免疫システムの弱さ
  • 神経皮膚炎
  • アレルギー

このように唇の荒れの原因はさまざまです。

今回の記事では、手軽に効率よく唇の荒れを解消する自然療法をご紹介します。

注意事項:唇の荒れが解消されない場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。真菌、細菌、またはウイルスが原因の口角炎や、なんらかの唇感染症を発症している可能性があります。

美しく潤った唇のためには?こちらの記事をご覧ください: 唇の乾燥に効く自然療法

荒れた唇を解消する自然療法

荒れた唇の治療には、まず乾燥の原因を突き止めることが大切です。

唇の荒れを予防する方法をご紹介します。

  • リップバームを使用する
  • 唇をこすりすぎない
  • 口を大きく開けない
  • 唇を舐める習慣をやめる

常に保湿を心がける

保湿

過剰な保湿も唇の荒れの原因となりますが、体内の保湿は唇の乾燥や荒れを予防するのに欠かせません。

体内をしっかりと保湿するためには、1日に10〜12杯の水を飲む必要があります。

こちらの記事もおすすめです:水を十分に飲んでいないという7つのサイン

健康的な食生活

ビタミンB複合体や鉄分の欠乏が唇の荒れの原因になります。

唇の荒れを予防するおすすめの食品をご紹介します:

  • 緑の葉野菜
  • 牛乳と乳製品
  • 穀類
  • 肉類

また、ビタミンAとEが豊富に含まれた食品は肌の健康や怪我の治癒に効果があるため、唇の荒れにも取り入れたい食品です。

おすすめの食品は次の通りです:

  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ
  • シード

食事からは十分な栄養素が摂取できないときは、サプリメントを摂取することをおすすめします。ただし、サプリメントを摂取するときは、必ず医師の指導のもとで食事に加えてください。

アロエベラ

アロエ

アロエベラには私たちの健康に有効な多くの効能を含んでいます。

  • アロエベラのゲルを荒れた唇に塗布します。
  • 15~20分間そのままにして浸透させた後、ぬるま湯で洗い流してください。

ただし、この自然療法を行った後、直射日光を浴びる予定がある場合は、必ず日焼け止めの入った保湿剤を塗布してください。

口内衛生

多くの場合、唇の荒れは乾燥が原因ですが何かの感染症を発症している可能性も考えられます。

唇が荒れているときは特に、汚れた手で唇を触らないように心がけ、傷ついた唇が自然に治癒するように心がけてください。

また唇を頻繁に舐める癖がある人は、荒れや感染の原因になります。その習慣をやめるように心がけてください。唇の汚れなどが気になる場合は、ナプキンや清潔なタオルで唇を拭いてください。

化粧

化粧

何らかの感染症を発症している場合は、化粧品にも感染源が付着している恐れがあります。化粧品を他人と共有することなく自分の化粧品、特に口紅を使ってください。

また帰宅したときや就寝前には必ず化粧を落とし、唇にはオイルを塗って保湿してください。

唇をさらに乾燥させると言われる長持ちタイプの口紅は、使用には注意が必要です。また歯や舌は常に清潔に保ってください。

リップバーム

ワセリン、ココナッツオイル、ココアバター、シアバター、そしてエッセンシャルオイルをベースにしたリップバームは、唇を保湿する効果のあるおすすめの製品です。

リップバームを塗布するときは、清潔な指を使ってください。

 

カテゴリ: 美容 タグ:
あなたへおすすめ