過敏性腸症候群に推奨される食品

過敏性腸症候群の症状に効果的な食品がいくつかありまので、この記事で詳しくご紹介します!
過敏性腸症候群に推奨される食品

最後の更新: 15 11月, 2021

過敏性腸症候群には特定の食品が推奨されることをご存知ですか?

特定の食品を摂ることによって、症状の軽減が期待できる可能性があります。

過敏性腸症候群は、体に様々な問題を引き起こす炎症性腸症候群です。具体的には、腹痛、下痢、吐き気などの症状を引き起こします。さらに、特定の食品が食べられなく可能性もあります。しかし、そもそも食べ物が症状に大きな影響を与える病理です。

したがって、食事療法を通じて、その症状を大幅に軽減し、悪化を改善することができます。

今回は、この病気の治療に役立つ可能性のある一連の食品を紹介します。ただし、医師の指示に従うことを忘れないでください。

過敏性腸症候群に推奨される食品:選択肢は?

Gastroenterology&Hepatologyに掲載された記事で述べられているように、食品によって、過敏性腸疾患の症状を悪化または改善する可能性があります。したがって、食事療法はこの病気の治療の重要な部分と見なされます。

それでは、お勧めの食べ物は何でしょうか?

こちらもお読みください: 過敏性腸症候群に効く簡単な自然療法

過敏性腸症候群を改善するためのプロバイオティクス

科学文献にによると、この症候群の治療におけるプロバイオティクスの有効性のエビデンスが認められています。ご存知かもしれませんが、これらは腸管にコロニーを形成するバクテリアであり、様々な健康上の利点をもたらします。

毎日のように、この病気の治療と予防における微生物の応用についての研究がされています。 慣習的に抗生物質の使用に起因する下痢の症状を改善するために使用されてもいます。

しかし、最近、プロバイオティクスが過敏性腸症候群の痛みと症状を大幅に軽減するのに役立つことが発見されました。プロバイオティクスは、発酵乳、ヨーグルト、ケフィアに含まれています。しかし、この病気の主な特徴の1つは、どのタイプが合うかどうかを見極める必要性です。

つまり、患者の中には、乳製品誘導体や乳糖含有食品が合わない人もいます。このような場合、特定のプロバイオティクスの食品は避けなければなりません。

過敏性腸症候群を改善するためのプロバイオティクス 腸内細菌叢
プロバイオティクスには、腸内細菌叢の調節に役立つ細菌の生きた培養物が含まれています。したがって、過敏性腸症候群に対するアジュバント(補助剤)として機能するのです。

食物繊維は過敏性腸疾患の症状を改善する

専門家は、食物繊維を細菌のミクロフローラの選択的成長と関連付けました。専門誌AlimentaryPharmacology&Therapeuticsに掲載された記事は、この物質の摂取がこの病気の問題を軽減することを示唆しています。

このため、リンゴやナシなどのペクチンが豊富な食品の摂取をお勧めします。さらに、食事にオーツ麦を含めることに対する体の反応も評価することができます。オート麦に含まれるベータグルカンの摂取は、微生物叢の組成の改善に大きく貢献します。

同時に、このタイプの症候群におけるグルテン消費の発生率が研究されていますが、エビデンスはまだ確立されていません。ただし、専門家は、腸の通過に不均衡を生じさせないように、全粒穀物の摂取はあまりおすすめしないと主張しています。

こちらもお読みください: 腸内細菌叢を回復させる5つの食品

水分補給は不可欠

過敏性腸症候群に苦しんでいる場合は、水分補給が重要です。過敏性腸症候群の病状で頻繁に見られる下痢は、体内の水分量の不均衡を引き起こす可能性があります。特に高齢者では、脱水症状は致命的となる可能性があります。

このため、 1日あたり少なくとも2リットルの水を摂取することをお勧めします。また、フルクトースの消費を制限することも重要です。フルクトースの消化は重く、時には消化不良を引き起こします。これを念頭に置いて、ソフトドリンクは避けましょう。

アルコールも避けるべき要素です。アルコールは、体にとって有毒であるだけでなく、水と電解質のバランスに不均衡をもたらし、健康を損なう可能性があります。同様に、コーヒー、お茶、および消化を妨げる辛い食べ物や刺激性の食品の消費も注意が必要です。

水分補給は不可欠 脱水症
下痢のエピソードのために、脱水症のリスクがあります。したがって、水の最適な摂取を確保することが重要です。

過敏性腸症候群に推奨される食品:まとめ

過敏性腸症候群、患者によって症状や注意が必要な食品が変わります。つまり、ある患者にとって良い食品でも別の患者にとっては悪いことがあるのです。いつもの食事に含める前に、自分の体に合っているかテストする必要があります。

ただし、基本的な食事療法の戦略があるので、基本を抑えることで病気の症状を大幅に改善することができます。その基本とは、腸の細菌増殖を積極的に調節することです。

これは、発酵乳製品と水溶性繊維の消費量を増やすことで実現できます。リンゴやナシからペクチンを摂取すると、腸内で発酵が起こり、特定の腸内細菌の選択的増殖が引き起こされます。

病気の治療におけるグルテンフリー食事法の効果も現在研究が進められています。さらに、便移植などの革新的な治療法も実施され始めており、中期的に有望な結果が得られています。

こちらの記事もおすすめです。
健康的に見えて実は体に悪いスナック5選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
健康的に見えて実は体に悪いスナック5選

最近はいろんなお店でたくさんのダイエット商品を見ます。しかし、「健康的」と謳うスナックの多くは、実際には超加工食品です。この記事で詳細をご覧ください!超加工されている食品は、ファーストフードやレトルト食品だけではありません。「健康的」と謳うスナックの中には。



  • Didari T., Mozaffari S., Nikfar S., Abdollahi M., Effectiveness of probiotics in irritable bowel syndrome: updated systematic review with meta analysis. World J Gastroenterol, 2015. 21 (10): 3072-84.
  • Rao SS., Yu S., Fedewa A., Systematic review: dietary fiber and FODMAP restricted diet in the management of constipation and irritable bowel syndrome. Aliment Pharmacol Ther, 2015. 41 (12): 1256-70.
  • Werlang ME, Palmer WC, Lacy BE. Irritable Bowel Syndrome and Dietary Interventions. Gastroenterol Hepatol (N Y). 2019;15(1):16–26.