胃炎に効くナチュラルドリンク5選

この記事でご紹介するドリンクはどれも胃炎に効果的ですが、どれが一番自分に合っているかを知ることが重要です。
胃炎に効くナチュラルドリンク5選

最後の更新: 12 1月, 2022

胃炎に最適な、自然派ドリンクをご存知ですか? この記事ではそんなドリンクについて、そして作り方もお話しします!

これらのドリンクの目的は、栄養と水分補給であり、胃炎自体を直接治療することではありません。このため、治療としてではなく、あくまで健康の補完として考えましょう。

胃炎について

胃炎は消化器系の一般的な病気であり、いくつかの原因が考えられます。一般的に、怪我、ストレス、特定の薬物の使用、アルコール依存症、喫煙、 ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)感染、および免疫系障害によって引き起こされることが多いです。もちろん、治療方法は原因によって異なりますが、胃酸を減らすための薬がよく使われるのは事実です。

必ずしも誰もが同じ症状を経験するとは限りませんが、通常、腹痛や不快感、吐き気、嘔吐が引き起こされます。だからこそ、きちんとした治療が欠かせません。

胃炎に効くナチュラルドリンク5つ

胃炎に苦しむ人は、医師が許可する限り、これらの飲み物の摂取を検討することができます。試すなら、ドリンクは作りたての状態で、適量を、ゆっくりと一口ずつ楽しんで、そしてできれば食事の合間に、スナックの一部として飲みましょう。

  • 食事療法と栄養学の専門家によると、一般的に、生の食品(この場合は果物)を食べても大丈夫か確認する必要があります。
  • 胃炎の治療中は、よく熟した、または煮込んだりピューレにしたり、ローストしたフルーツを食べるのは良い選択肢です。
  • 専門家は、一般的に酸味が強かったり、熟していない柑橘系の果物を避けることをお勧めしています。
  • 甘い食べ物やジュースは不快感を引き起こす可能性があるため、ドリンクに砂糖を加えないことをお勧めします。
  • ドリンクの温度に注意する必要があります。刺激を悪化させるので、冷たすぎたり熱すぎたりしてはいけません。
  • 乳製品を使った飲み物は、胃に不快感を与える可能性があるのでお勧めできません。
  • 果物は、ビタミン、抗酸化物質、食物繊維が含まれるため、胃痛に効果的です。

1.パパイヤスムージー

パパイヤスムージー 胃炎

材料

  • 小さめのパパイヤ 1個
  • コップ1杯の水(250ml)
  • お好みで、バナナ1本、すりおろしたココナッツ

作り方

  • パパイヤの皮をむき、細かく切ってブレンドしやすくする。
  • 滑らかになるまでブレンダーにかける。
  • 必要に応じて水を足し、調整する。
  • 作りたてをいただく。
  • お好みで、すりおろしたココナッツを少しふりかけて風味アップができます。

2.梨とバナナのジュース

梨とバナナのジュースは、消化しやすく、美味しい2つの果物を組み合わせていることで、胃炎に最適なナチュラルドリンクの1つです。

材料

  • 梨 1個
  • 熟したバナナ 1本
  • コップ1/2杯の水(125ml)

作り方

  • 梨を洗ってスライスする。種子と茎だけを捨てる。
  • バナナの皮をむき、スライスする。
  • すべての材料を一緒に入れて、滑らかになるまでブレンダーにかける。
  • 作りたてをいただく。
  • サラッとした仕上がりにしたい場合は水を多めにして、そうでない場合はバナナを追加すればドロっとした口当たりになります。

3.にんじんジュース

にんじんジュースもおすすめのドリンクです。にんじんは水分含有量が高いため、非常に栄養があり、さわやかな風味です。少し青リンゴ を加えて、さらに美味しくすることもできます。

材料

  • にんじん 3〜4本
  • コップ1杯の水(250ml)
  • お好みで、青リンゴ1個

作り方

  • にんじんは皮をむいてスライスする。
  • コップ一杯の水と一緒にブレンダーにかける。
  • 作りたてをいただく。

4.アップルジュース

アップルジュース 胃炎

胃炎に最適なもう1つのナチュラルドリンクは、天然のリンゴジュース(砂糖を加えていないもの)です。自宅で簡単に作れるし、甘みがあるのでお腹が空いたり、さっぱりしたいときにもってこいです。

自宅で作ることの大きな利点は、ジュースを好きなだけ水で希釈できることです。

胃炎に効くヒント:消化によく、胃の不快感を引き起こさないピューレまたはアップルソースを使うこともできます。

5.ココナッツウォーター

ココナッツウォーターは、胃炎の治療中に消費できるもう1つのドリンクです。消化しやすく、ビタミン(B1、B2、 B3、B5、B6、B7、B9) 、ミネラル(カリウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、カルシウム、鉄)、抗酸化物質、必須アミノ酸が含まれています。

常に医師の指示に従いましょう

医師が処方した治療に従うことに加えて、良い生活習慣に従い、健康に害を及ぼす可能性のあるものを避けることが重要です。食事療法に関しては、この記事やブログでご紹介する推奨事項を是非お試しください。そして、自分で変更を加える前に、常に主治医に相談することを忘れないでください

メインの食事をフルーツドリンクに置き換えることはお勧めできません。フルーツドリンクだけを食事として使用すると、体が弱くなり、さまざまな健康上の問題に対してより脆弱になる可能性があります。これらのドリンクは、食事の合間に適度に楽しむことができる食事の補足にすぎないことを忘れないでください。

こちらの記事もおすすめです。
胃炎の方が取り入れたいヘルシーな食生活
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
胃炎の方が取り入れたいヘルシーな食生活

胃炎とは、不快感や胸焼け、時には吐き気や嘔吐を引き起こす胃壁の炎症です。慢性胃炎の方は、普段の生活において特定のものを食べることを避けているでしょう。今日は、胃炎の方が取り入れたいヘルシーな食生活をご紹介しましょう。是非、参考にしてみてください!



  • Soriano Izquierdo, A., Sans Cuffí, M., Elizalde Frez, J. I., & Bessa Caserras, X. (2000). Gastritis y gastropatías. Medicine – Programa de Formación Médica Continuada Acreditado. http://doi.org/10.1016/S0304-5412(00)70013-8
  • Varbanova, M., Frauenschläger, K., & Malfertheiner, P. (2014). Chronic gastritis – An update. Best Practice and Research: Clinical Gastroenterology. http://doi.org/10.1016/j.bpg.2014.10.005
  • Fox, J. G., Otto, G., Taylor, N. S., Rosenblad, W., & Murphy, J. C. (1991). Helicobacter mustelae-induced gastritis and elevated gastric pH in the ferret (Mustela putorius furo). Infection and Immunity.
  • Freedman SB, Willan AR, Boutis K, Schuh S. Effect of Dilute Apple Juice and Preferred Fluids vs Electrolyte Maintenance Solution on Treatment Failure Among Children With Mild Gastroenteritis: A Randomized Clinical Trial. JAMA. 2016;315(18):1966-74.
  • Kusyati, E., Fauzi’ah, N. (2018). Aloe vera efektif sebagai terapi pendamping nyeri gastritis. Jurnal SMART Keperawatan Sekolah Tinggi Ilmu Kesehatan (STIKes), 5(1): 11-19.
  • Haniadka, R., Saldanha, E.,  Sunita V., et al. (2013). A review of the gastroprotective effects of ginger (Zingiber officinale Roscoe). Food and Function. 6: https://doi.org/10.1039/C3FO30337C
  • Boyanova, L., Ilieva, J., Gergova, G. et al (2015). Honey and green/black tea consumption may reduce the risk of Helicobacter pylori infection.  Diagnostic Microbiology and Infectious Disease, 82(1), 85-86.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。