支配欲が強い人を認識する方法

どんな些細な変更も計画を崩す可能性があり、つまり完全な計画にとって潜在的に危険であるため、支配欲が強い人は常に脅威を感じる傾向があります。
支配欲が強い人を認識する方法

最後の更新: 23 12月, 2021

支配欲が強い人は、常にすべてを整頓し、支配・管理することを目指しています。一見、これには何の問題もないと言う人もいます。結局のところ、適切な計画を立てることで多くの問題を防ぐことができるでしょう。しかし、もう少し分析すると、この完璧主義の背後には、多くの努力、緊張、張り詰めた神経が見えてきます。

予期せぬ出来事で完璧な計画を破る恐れがあるので、支配欲が強い人の静けさは不安定なバランスによって維持され、まるで細い糸でぶら下がっているようです。この糸がプツンと切れることこそ、支配欲が強い人が最も恐れていることです。

それでは、支配欲が強い人を特定する方法と対処方法を見てみましょう。

支配欲が強い人はどのように見えるのか

支配欲が強い人は、何がどのように行われるかを自分で指示することを特徴としています。つまり、状況のすべての側面を定義および管理し、安心感を覚えます。しかし、深いところでは、実は不安定な部分を内に秘めています。したがって、支配する欲が強くなるのです。

即興で対処することも、変更を容認することもできないので、通常、細部に非常に注意を払っています。そのような人との関係を持つことの問題は、彼らがすべてをコントロールしようとすることです。したがって、時間の経過とともに、関係は息の詰まるものになります。

実際、それはさまざまな結果につながる可能性があります。たとえば、職場に支配欲の強い上司がいる場合、従業員は、革新を求めたり、創造性を発揮したり、改善を導入したりするのではなく、指示に応答することにだけに仕事を制限されます。このように、一見美徳のように見える特徴は、実際には致命的なものになるのです。

支配欲が強い人はどのように見えるのか
支配欲が強い人は細部まで正確で、周りのものを操作しようとします。

支配欲が強い人の特徴

多くの兆候で、支配欲が強い人を特定することができます。最も一般的なものは次のとおりです。

  • あたかも他の人々を保護しているかのように振る舞います。このようにして、関心があるように見せかけて、自分の欲求を偽装します。
  • 深く掘り下げてみると、このタイプの人は永続的な不安感と「脅威」を感じています。このため、自分が興味を持っている状況に非常に注意を払い、絶え間ないストレスにつながります。
  • 変化や予期せぬ出来事に適応するのが難しいと感じる柔軟性のない人です。一般的に、独自のルールを確立しようとします。このため、思いつきで行動することは滅多にありません。
  • 本当は自信がなく、自尊心が低いですが、ぱっと見は成功者のように見えるかもしれません。コントロールを失って露出されることを恐れているか、周りが本当の自分を理解することを恐れているので、常に主導権を握ろうとします。
  • 場合によっては、非常に図々しく、周りのプライバシーを尊重せず、スマホやパソコンのパスワードを要求することさえあります。

こちらもお読みください:多くの恋愛が終わってしまうのはなぜ?

支配欲が強い人との付き合い方

支配欲が強い人に対処する方法を学ぶことは、不快なやりとりを防ぐのに役立ちます。この性格に対処するためのいくつかの推奨事項は次のとおりです。

自分を強くしっかりと保つ

まず、自分の人生をコントロールしたり、自分が望んでいる以上の役割をさせるような余地を相手に与えないことが重要です。つまり、その相手というのがパートナー、友人、または親であるかどうかにかかわらず、例えばどこで、いつ、誰と、自分が何をしているのかについていちいち教えたりすることは避けてください。

疲れてしまうので、対立を避けるために逐一説明をしないでください。説明が多ければ多いほど、より多くのことを要求してくるはずです。そのため、そのような状況が続く場合、ある時点で必ず対立が起こります。

境界線を引く

境界線を引くことを恐れないでください。自分のプライバシーと権利を主張する必要があります。

自分の生活や過去のことについて、いつ、どのように共有するかは、それはあなた次第です。その際、自己主張ははっきりとしつつ、暴力は避けてください。自分のニーズと欲望を軽んじてはいけません。

批判を真に受けない

多くの場合、人をコントロールすることは他人を非難するということでもあります。謂れのない批判は受けないでください。必要以上に自己弁護はしなくて大丈夫です。

罪悪感を感じそうになっても、それは相手が望むものを得るためにしばしば感情的な操作を試みているからです。このように、支配欲の強い人は、他の人に罪悪感と同情を起こさせて言う通りに操作しようとします。

ですから、必要に応じて「いいえ」と言うことを学びましょう。

自尊心を持つ

最後に、自分を大切にし、尊敬されるように自尊心に取り組むことも非常に重要です。時には、「別に大したことない」と思って、衝突を避けるために諦めてしまうことがあります。そうすれば、支配欲は増すばかりです。

支配欲が強い人の先には、境界線をうまく引いていない人がいます。したがって、よくない環境から「離れる」こともできることが重要です。

自尊心を持つ 支配欲
強い自尊心は、支配欲が強い人との間に境界を設定することを可能にします。

こちらもお読みください: 不安障害の身体的兆候10選

極端な支配欲は有毒

これまで見てきたようにに、人生をある程度コントロールすることは、自分が安全に行動できる範囲を知り、路頭に迷ったように感じない助けにもなるので、悪いことではありません。ただし、これを他の人の生活を管理することと混同しないでください。誰もが自分の自律性と自分の決定を下す自由を持っている必要があります。

圧迫感や軋轢を生み、支配欲はしばしば対立につながり、人間関係にとって有毒です。もちろん、いつも白黒はっきりした状況ばかりではないことを理解することは重要です。多くの場合、特定の行動の背後には複雑な理由があり、それをよりよく理解することも大切です。

たとえば、場合によっては、権威主義的または厳格な子育てなど、育った環境から支配欲が生じることもあります。この意味で、支配欲が強い本人であろうと、その相手であろうと、周りの人の精神的健康を損なうことを避けるために助けを求めることが重要です。

最後に、支配欲を手放すには、自分の欲を認識する必要があります。結局のところ、この行動は不安、ストレス、うつ病、そして永続的な緊張のエピソードにつながるので対処した方が良いのです

こちらの記事もおすすめです。
カップルの最大の敵:マイクロアグレッションとは?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
カップルの最大の敵:マイクロアグレッションとは?

マイクロアグレッションと呼ばれる「他者への些細な攻撃」は、たとえそれが、甘い言葉と一緒に恋人に向けてささやいた言葉であったとしても、相手の自尊心や自身を喪失させる危険な行動で、目に見えない形で行われる心理的虐待です。本記事で詳しく見ていきましょう。



  • Naranjo Pereira, M. L. (2007). Autoestima: un factor relevante en la vida de la persona y tema esencial del proceso educativo. Actualidades investigativas en Educación7(3), 1-27.
  • Rosales Álamo, Manuel; Jiménez Betancort, Heriberto; Serio Hernández, Angelo; Castro Sánchez, José Juan. CARACTERÍSTICAS PSICOLÓGICAS ASOCIADAS A LA MANIPULACIÓN INTERPERSONAL EN ADOLESCENTES JÓVENES International Journal of Developmental and Educational Psychology, vol. 1, núm. 1, 2005, pp. 481-492 Asociación Nacional de Psicología Evolutiva y Educativa de la Infancia, Adolescencia y Mayores Badajoz, España