子供の先天性心疾患

子供の先天性心疾患は深刻な状態です。子供の生涯にわたって家族全員に影響を及ぼします。詳細については、この記事をご覧ください。
子供の先天性心疾患

最後の更新: 24 10月, 2021

子供の先天性心疾患は、妊娠によって子供の心臓に変化が生じたときに発生します。つまり、異常のある器官を持って生まれます。医師により、子宮内に赤ちゃんがいる間にこの問題に前もって気付くことができます。

専門家によると、子供の最大1%が先天性心疾患をもって生まれると推定されており、その頻度は比較的高いと言えます。頻度が高いことを考えると、この病気は小児科で非常に重要な問題です。

家族が先天性心疾患の診断を下されるとき、その衝撃は病気自体よりも大きく感じるものです。親は、子供が手術を受けなければならず、適応に長く時間がかかると知らされます。

これらの疾患についての出生前診断は大幅に精度が高くなりました。最近では、さまざまな病気を検出して解決することができます。また、場合によっては、妊娠中に手術を行う必要があります。これにより、子供の生存の可能性が劇的に向上します。

子供の先天性心疾患の原因

子供の先天性心疾患は、特定の要因が組み合わさった時に起こります。さまざまな原因がありますが、それらのいくつかを次に示します。

  • 遺伝:家族に先天性心疾患があった場合、リスクが高くなります。遺伝は、心臓の欠陥を持って生まれるリスクを2倍にします。 さらに、ダウン症やターナー症候群など、心臓の特定の障害に関連する染色体異常があります。
  • 栄養:母親が妊娠中または妊娠前に栄養不足な場合、胎児に影響がある可能性があります。母親のヨウ素不足、先天性心疾患や未治療の糖尿病にも関連しています。高血糖値が影響するからです。
  • 毒素:母親が意図せずに有毒物質にさらされていることがあります。たとえば、特定の薬や放射線は奇形を引き起こす可能性があります。また、アルコールやタバコのようないくつかの習慣も原因になりえます。
  • 感染症:風疹は、胎児の形成に影響を与える可能性のある母体感染症の典型的な例です。

こちらもお読みください: 気をつけて!妊娠中の高糖質食のリスク

出生前診断

医学の進歩により、先天性心疾患の早期発見が改善されました。医師は妊娠中にますます強力な超音波検査を行えるようになりましたし、設備も充実しています。

一般に、専門家が世界中で行う3つの超音波検査があります。 合併症と妊娠の進捗を評価するためにそれらを使用します。各検査では、奇形を検出して適切に治療することができます。しかし、発症自体を防ぐことはできません。

妊娠初期の超音波検査では、主にダウン症などの染色体異常の疑いを評価できます。染色体異常は心臓の奇形を示唆しています。

さらに、超音波装置は心臓構造の動きとそれらの対決をリアルタイムで観察することができます。たとえば、心臓の弁の未発達を早期に検出することが可能です。

子供に先天性心疾患がある親

子供に先天性心疾患がある親 子育て

子供の先天性心疾患の診断に関しては、親のサポートが重要であることに注意する必要があります。ただし、心理的なサポートだけでなく、周囲の人からのサポートも必ず求めてください。

医師がケアプランを説明するときは、疑問や質問がないことを確認してください。どんな手術が行われるのか、行われないのか全てはわからないかもしれませんが、何が必要なのか知っておきましょう。

そして、残念ながら、生まれて最初の月に全て終わるようなプロセスではないのです。多くの場合、多くの手術を受ける必要があり、併存疾患のリスクも怖いでしょう。たとえば、子供が風邪やインフルエンザにかかった場合、家族全員の日常生活に支障をきたす可能性があります。

さらに、子供における先天性心疾患の経済的影響も考える必要があります。外科的アプローチは安くはありません。また、 薬が必要な場合は、長期的な治療に使用します。時には、医師の指示がない限り服用をやめられない3〜4種類の薬を服用する必要があります。

まとめ

他の病気についてはいつも耳にするセリフかもしれませんが、先天性心疾患も30年前と比べかなり治療が改善されました。目覚ましい進歩があり、この状態の子供たちの平均余命は改善されました。

親にとっては、知識のある医師がいて、子供が受けているケアに満足していることが重要です。子供の先天性心疾患の診断の鍵は常にそこにあります。

こちらの記事もおすすめです。
子供のクマの原因は?心配した方がいいの?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
子供のクマの原因は?心配した方がいいの?

あまり問題に挙げられることはないですが、なぜ 子供 に目の下の クマ ができるのかを知っておきましょう。まず知っておかなければならないのは、目の下の皮膚や目の輪郭全体の色が変わってしまうことでクマが生じるということです。メラニンが過剰に生成されたり、血管が拡張したりすることで、このような変化が...



  • Mendoza, DY Copado, AJ Martínez García, and S. Acevedo Gallegos. “Importancia del diagnóstico prenatal de las cardiopatías congénitas.” Perinatología y Reproducción Humana 32.3 (2018): 127-130.
  • Ruz-Montes, Miguel A., et al. “Cardiopatías congénitas más frecuentes en niños con síndrome de Down.” Revista Colombiana de Cardiología 24.1 (2017): 66-70.
  • Cárdenas, Susan Pumacayo, Antonio Skrabonja Crespo, and Edgar Quea Pinto. “Hipertensión pulmonar en niños.” Revista Colombiana de Cardiología 26.4 (2019): 228-235.