気をつけて!妊娠中の高糖質食のリスク

栄養に関する正しい情報の学習とカウンセリングは、妊婦の食生活改善のために行われる一般的な方法です。今回の記事では、高糖質食のリスクについて説明します。
気をつけて!妊娠中の高糖質食のリスク

最後の更新: 16 2月, 2021

栄養に関する正しい情報の学習とカウンセリングは、妊婦の食生活改善のためによく行われることです。今回の記事では、高糖質食のリスクについて説明します。

誰にとっても健康上の問題を引き起こす可能性のある高糖質の食事ですが、特に妊娠中は注意が必要です。妊娠中の合併症は高糖質食によってリスクがはるかに高くなる可能性があるだけでなく、将来的に病気を発症するリスクが高まります。

妊娠中には、体内で新しい生命を創り出す準備がなされているため、体内では多くの変化が経験される状態です。そして、これには全身の変化も含まれます。

妊娠中に起こること

妊娠中には、重要なさまざまな段階を経験します。妊娠という過程には、成長、代謝適応、子宮外での生活の準備など、さまざまなプロセスがあります。

そしてまた、母体ではブドウ糖と血漿脂質の濃度、そしてインスリンなどのホルモンに変化が起こります。これは、常にインスリンに対して私たちには一定の抵抗性があるのと同じです。

実際、これはブドウ糖が母親の脳と胎児に確実に届くようにするために起こる変化であり、ブドウ糖を乳腺に導き、他の臓器による使用を減らしています。

気をつけて!妊娠中の高糖質食のリスク 診察を受ける妊婦

妊娠と糖代謝

一部の女性の中には、妊娠中に炭水化物代謝が変化する人がいます。この変化により、空腹時の血糖値が通常値を超えて高くなります。

空腹時の血糖値とインスリン値が正常であるか、炭水化物を消費した後も値が低い場合、血糖値は正常値を上回ります。これらの変化は、妊娠後期に顕著になります。

前述したように、妊娠中の体は、インスリン対抗性を持つため、体は時折、食物中の糖を代謝するためにより多くのインスリンを必要とします。しかしインスリンが不足しているか全く存在しない場合、ブドウ糖が血液中に蓄積されます。

妊娠中に体内でブドウ糖を適切に調節しないと、多くの場合、胎児の発育に深刻な影響を与える変化が起こる可能性があります。また、成人期に糖尿病になりやすくなります。

妊娠中および糖尿病中の高糖質食

ここまでにご説明したことに加えて、妊婦が妊娠中にこの状況をより悪化させるような高糖質食を行ってしまうかもしれません。その結果、妊娠糖尿病が発生する可能性があります。これは、妊娠中に初めて糖尿病と診断されることです。

通常、これは、妊娠中の女性が十分なインスリンを生成できていないか、インスリンに対抗性を示し、血糖値が上昇する一過性の状態です。

気をつけて!妊娠中の高糖質食のリスク 砂糖

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病を発症した妊婦は、次のような病気や状態を経験するリスクが高くなります。

  • 妊娠中の高血圧障害
  • 糖尿病に関連する病気
  • 帝王切開による出産

また、いくつかの研究では、妊娠糖尿病の患者の50%が、産後10年間で2型糖尿病を発症するリスクが高いことが示されています。

妊娠中に食べるべき食品

何よりもまず、食生活が妊娠糖尿病を予防する鍵となるということを、しっかり心に留めておくことが大切です。世界保健機関によると、妊娠中の健康的な食生活には十分なエネルギー源、タンパク質、ビタミン、ミネラルを加える必要があります。

健康的な食生活の実践には、次にご紹介する食品が十分に摂取できているかを確認する必要があります。

  • 野菜と果物
  • 赤身肉
  • マメ科植物
  • ナッツ
  • 全粒穀物
サラダ

また、糖尿病の場合、治療には毎日の血糖値の管理、健康的な食事、運動が欠かせないことを忘れないでください。血糖値が高すぎる場合、医師は必要な薬を処方します。

妊娠中の高糖質食は推奨されていません

栄養に関する正しい情報の学習とカウンセリングは、妊婦の食生活を改善するために行われる一般的な方法であり、将来的に合併症を防ぐのに役立ちます。

この方法は主に次の要素に焦点を当てています。

  • 食品の消費量を考慮して、母親の食事の質を改善する
  • バランスの取れた適量の食事を通じて、適切な体重増加を促進する
  • 医師や栄養士のアドバイスを受けて、糖質が少ない健康的な食事に従う
  • 毎日の身体活動を欠かさない
こちらの記事もおすすめです。
妊娠中でもできる4つのお勧めエクササイズ
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
妊娠中でもできる4つのお勧めエクササイズ

妊娠すると生活や身体が変化していくと共に、ライフスタイルもまた変化していきます。中には、妊娠中に運動はできるのか?と疑問に思っている方もいるでしょう。幸いなことに、その質問の答えは「はい」です。しかし、すべての運動が推奨されているわけではありません。



  • Medina-Pérez EA, Sánchez-Reyes A, Hernández-Peredo AR, Martínez-López MA, Jiménez-Flores CN, Serrano-Ortiz I . Diabetes gestacional. Diagnóstico y tratamiento en el primer nivel de atención. Med. interna Méx. 2017; 33(1):91-98.
  • Efecto de una dieta personalizada en mujeres embarazadas con sobrepeso u obesidad. Rev Chil Nutr 2016;(3):230-238.
  • Vigil-De Gracia P, Olmedo J. Diabetes gestacional: conceptos actuales. Ginecol. obstet. Méx. 2017;85(6):380-390.
  • Who.[Internet] Asesoramiento nutricional durante el embarazo. Actualizado el 5 de abril de 2019.Disponible en: https://www.who.int/elena/titles/nutrition_counselling_pregnancy/es/