ギラン・バレー症候群の治療

1月 31, 2019
ギラン・バレー症候群、聞いたことがありますか。

ギラン・バレー症候群は、世界で最も一般的な末梢神経障害です。

ギラン・バレー症候群は、筋力の衰弱を引き起こす多発性神経障害の一種です。これは、ランドリー上行性麻痺としても知られています。この病気は、時間が経つにつれて悪化していきますが、治療をしなくても治ってしまうこともあります。

ミエリン鞘(または脱髄)の痛みは、自己免疫の問題であることが多いです。症状は、脚が弱ってくることから始まります。その後、衰弱が胴体まで進行します。

炎症により引き起こされるこの多発性神経障害と呼ばれる疾患は、筋肉衰弱が起こることが特徴です。この症状は、感染してから、手術またはワクチンを摂取した後も一定期間続くことがあります。

ギラン・バレー症候群について

ソファに座っている女性 ギラン・バレー

この病気の原因として最も可能性が高いのは、身体の免疫システムがその神経に対して起こす反応であるそうです。何れにしてもすぐに医師の診察を受けることが重要です。症状は、急速に悪化する可能性があります。主な症状は以下の通りです。

・全体的に身体が弱くなる

・感覚が弱まる(場合がある)

症状が現れてから約8週間後には、回復したように感じるかもしれません。しかし、この病気に持つ人の約30%が数年後に再発します。そのため、一刻も早くよくなるためにはやはり治療を受ける必要があるということに注意してください。

この病気を発病した人の死亡率は、約2%です

こちらもお読みください:免疫力を高める食品10選

診断

医者の診察を受ける人 ギラン・バレー

この病気の診断は、症状を確認することから始まります。医師は身体検査と診察を行い、病歴を確認します。

その後、医師は患者の健康状態をさらに調べるために全体的な検査を行います。この際、神経系の検査がとても有効で、反射能力が弱っているかどうかチェックすることができます。

これら一連の検査は長い時間がかかるように思われるかもしれませんが、実際にはとても迅速に行われます。これによって、患者の健康状態を診断し、必要な治療をすぐに行うことができます。

こちらもお読みください:ストレスが及ぼす負の影響

ギラン・バレー症候群の治療

医師の道具 ギラン・バレー

患者は、まず入院をしなければなりません。これは、症状が急速に進んだ場合、呼吸器の筋肉に影響を与え、最悪の場合死に至る可能性があるためです。

このため、ギラン・バレー症候群の治療には、人工呼吸器と生命維持装置を使用します。また、潰瘍ができるのを防ぐために、理学療法を用いて、筋肉を動かし、維持するよう努めます。

治療は、感染症の予防と以下のことに注意して行われます。

呼吸

・心臓の活動(不整脈、または他の合併症がないか検査する)

・動脈(高血圧または低血圧ではないか確認する)

また、ギラン・バレー症候群の治療は免疫グロブリン静注療法や血液浄化療法(血液を別々の成分にろ過する)などが行われます。これらの治療の安全性は信頼できるものです。これらの治療を行うことで、入院期間が短縮され回復が早まります。

薬理学的治療が行われる限り、コルチコステロイドの使用はギラン・バレー症候群の治療としては推奨されておらず、症状が悪化するということまで指摘されています。