【新生児の胃壁破裂?】危険な先天性疾患について

24 8月, 2020
胃壁破裂は命に関わる病気です。赤ちゃんの臓器が適切に発達するように、生まれてからできるだけ早く治療する必要があります。

新生児の胃壁破裂は割と頻繁に発生する先天性疾患の1つですが、このことについてあまり知らない人は多くいます。胃壁破裂は、妊娠初期に赤ちゃんの腹壁の筋肉が適切に形成されない場合に発生します。

その結果起こる新生児の胃壁破裂というのはつまり、腹壁に穴が開いていて、そこから赤ちゃんの腸や他の臓器が出てくることを意味します。この穴は通常、おへその右側に空いています。腸は羊水に浸かっているため、炎症を起こすことがあり、そのため腸が短くなったり、腫れたり、ねじれたりすることがあります。

こちらもお読みください:新生児感染症を防ぐ方法

出生後すぐに、赤ちゃんの臓器を腹腔内に入れる手術や、腹壁を修復する手術が必要になります。手術したにもかかわらず、摂食、消化、栄養吸収に問題が残る場合があります。

新生児の胃壁破裂の原因と危険因子

新生児の胃壁破裂の症例の中には、遺伝子の突然変異が原因なものもあります。一方で、遺伝的要因と母親の妊娠環境が組み合わさって発症することもあります。以下は、胃壁破裂のリスクを高める要因です。

  • 早い年齢で出産した場合:10代の母親は、それより高齢の母親に比べ、赤ちゃんに胃壁破裂が起こる可能性が高くなります。
  • タバコとアルコールの使用:タバコを吸ったりやお酒を飲む女性は、赤ちゃんに対し様々な深刻な病気のリスクを高めますが、胃壁破裂もその1つです。

診断と治療

新生児 胃壁破裂 
新生児の胃壁破裂の診断は、出生前に行われることがあります。診断をするには、妊娠中の女性に先天性疾患スクリーニングを行う必要があります。

診断は、出産前に行われることもあれば、赤ちゃんが生まれてすぐに行われることもあります。医師は、妊娠中に先天性疾患検査を行うことができ、その特別な検査のおかげで、妊娠中に新生児の胃壁破裂を発見することができます。また、超音波検査でも診断することができます。

治療に関しては、胃壁破裂は生命を脅かす状態なので、臓器が正常に体内で発達するように、生まれてからできるだけ早く治療を受ける必要があります。

胃壁破裂が軽度の場合は、外科医により一度の手術で治療できる場合があります。しかし、臓器の大部分がお腹の外に出ているような重篤な場合は、繰り返しの手術が必要になることがあります。手術後、赤ちゃんは新生児集中治療室に運ばれます。

こちらもお読みください:手術が必要となる新生児の病気

手術のリスク

麻酔や一般的な手術のリスクとしては、以下のようなものがあります。

  • 薬物に対するアレルギー反応
  • 呼吸器系の問題
  • 感染症や出血

さらに、下記は胃壁破裂の修復に関連したリスクです。

  • 呼吸器系の問題:赤ちゃんのお腹のサイズが通常よりも小さい場合に現れることがあります。手術後数日〜数週間は呼吸チューブと人工呼吸器が必要になることがあります。
  • 腹壁周辺の組織の炎症
  • 臓器損傷
  • 小腸の一時的な麻痺
  • 腹壁のヘルニア

新生児の胃壁破裂に対する追加治療

新生児 胃壁破裂 
胃壁破裂の修復手術に加え、経鼻栄養補給、点滴、その他の薬剤が必要です。

手術に加えて、胃壁破裂の赤ちゃんには他の治療が必要になることがよくあります。

  • 胃を空に保つための経鼻胃管を介した栄養補給
  • 点滴
  • 酸素
  • 感染症を防ぐ抗生物質
  • 鎮痛剤

経鼻胃管を介しての授乳は、手術後に赤ちゃんの腸の機能が再開するとすぐに始まります。しかし、経口栄養への移行は非常に遅くなります。退院は通常、15〜25日かかります。

胃壁破裂の予防

新生児の胃壁破裂を予防するためには、妊娠中の適切なケアと健康的な生活習慣が非常に重要です。さらに、合併症を予防するためには、医師の診察を受けることも重要です。医師が診断を下した後は、専門的なケアと適切なフォローアップが必要になります。

このような場合には、超音波検査が重要な役割を果たします。妊娠30週目から毎週超音波検査を受けましょう。

一般的に、胃壁破裂の新生児は出生時の体重が低く、10~20%が腸の奇形を持っています。赤ちゃんの予後は、腸の疾患の適度によって大きく左右されます。

胃壁破裂の状態で生まれる赤ちゃんの生存率は、近年大幅に改善されています。この進歩は、早期発見と出生前のモニタリング、そして適切な集中治療のおかげであることは言うまでもありません。