【カンナビノイド過敏症症候群】症状と治療

慢性的な大麻の使用によって引き起こされる障害にはさまざまなものがあります。残念ながら、カンナビノイド過敏症に関する医学的知識はまだ十分とは言えず、過小診断される傾向があります。
【カンナビノイド過敏症症候群】症状と治療

最後の更新: 13 1月, 2022

マリファナ(大麻)の過度の使用は、全身にさまざまな影響を引き起こします。残念ながら、カンナビノイド過敏症症候群など、あまり知られていない影響がいくつかあり、非常に不快な症状を引き起こすものです。

カンナビノイド過敏症は、慢性的なマリファナ使用者に見られる症候群です一部の専門家によると、嘔吐、吐き気、温めることで軽減する腹痛として定義されています。さらに、症状は、マリファナの使用が止まると消えることを特徴としています。

カンナビノイド過敏症の段階

専門家によると、この症候群は3つの主要な段階に分かれており、それらの間には非常に具体的な違いがあります。これらは、前駆期、嘔吐期、および回復期です。

1.前駆期

これは状態の初期段階です。臨床症状は軽度であり、日常の活動を制限するものではありません。前駆期はつわりと腹痛が特徴です。

患者は、正確な診断なしに何ヶ月または何年もこの段階にとどまる可能性があります。遅れは、人々がマリファナの使用を認めておらず、症状が他の病状に関連しているという事実によるものです。

一方、 マリファナの最もよく知られている医療用途の1つは、吐き気と嘔吐の軽減、および慢性的な痛みの緩和です。この事実により、人々は症状を改善するために大麻の使用を増やし、それが障害の進行を加速させます。

2.嘔吐期

この段階は、明らかな臨床症状の存在を特徴としています。嘔吐と腹痛が突然悪化し、無気力になることさえあります。症状は周期的で、24時間から48時間続きます。

お湯に浸かると症候群は改善することから、常にシャワーを浴びたい欲求を強く感じます。

カンナビノイド過敏症の段階 シャワー
シャワーで症状が改善するので、常にシャワーを浴びたがる傾向があります。

3.回復期

この段階の主な特徴は、症状の消失です。毎日のシャワーの頻度は減って、通常のルーチンに戻ります。また、嘔吐や腹部の不快感が完全になくなります。

このフェーズの期間は、数か月から数年の範囲で非常に変動します。ただし、大麻を再び使い始めると再発する可能性があることに注意してください。

カンナビノイド過敏症症候群の症状

カンナビノイド過敏症症候群の主な症状は、嘔吐と腹部不快感です。兆候の強さは、病気の段階によって異なります。

下記のような症状を経験する可能性があります。

これらの症状のほとんどは、嘔吐期の段階と同じ期間、つまり1〜2日続きます。ただし、マリファナを継続的に使用し続けると、期間が長くなる可能性があります。

起こりうる合併症

カンナビノイド過敏症症候群の主な合併症は脱水症です。絶え間ない嘔吐は、水分と電解質の大幅な喪失を引き起こし、さまざまな全身症状を引き起こします。

水と電解質が失われると、体の本来のバランスが崩れるので、下記の合併症が発生する可能性があります。

カンナビノイド過敏症症候群の原因

残念ながら、カンナビノイド過敏症症候群の正確な原因はまだ確立されていません。2004年にやっと発見された症候群であるため、さらなる研究が必要であることに注意することが重要です。

いくつかの研究は、状態が発生する理由を説明しうる理論を確立しました。これらの理論はすべて、テトラヒドロカンナビノール(THC)およびその他の有効成分と胃腸系の受容体との相互作用についてです。

最も広く受け入れられている理論の1つは、THCがCB1受容体と相互作用するという説です。絶え間ない相互作用は消化管の変化を引き起こし、症候群の発症を引き起こします。ただし、すべてのユーザーが病気を発症するわけではないため、遺伝学が重要な役割を果たすことも否めません。

診断

カンナビノイド過敏症症候群の診断は、専門家にとって真の課題です。患者はしばしばマリファナを繰り返し使用しているという事実を隠すので、正確でタイムリーなアプローチが難しくなってしまうのです。

臨床検査は状態を特定するのにあまり役立たないので、医師はしばしば臨床歴と消費歴に頼らなければなりません。今日では、変化の検出を容易にする基準が確立されており、その中で次のものが際立っています。

  • 1年以上の頻繁なマリファナの使用
  • 使用後の周期的な吐き気と嘔吐
  • 嘔吐を和らげるため強迫的にお風呂に入りたがる
  • 大麻を使用しない場合の症状の消失

50歳未満の若い男性がこの状態の影響を最も受けやすいため、年齢も考慮する必要があります。カンナビノイド過敏症症候群は、 周期性嘔吐症候群や他の同様の障害と混同される可能性があります。したがって、マリファナの使用履歴を使用して鑑別診断を行うことができます。

カンナビノイド過敏症症候群の原因
大麻の使用の有無を知ることは、疑わしいときに診断を導くことができる手がかりです。

カンナビノイド過敏症症候群の治療と予防

嘔吐期のカンナビノイド過敏症症候群の治療は、症状の緩和と脱水症状の回避で構成されます。合併症を避けるために、個人は水分をたくさん摂取する必要があります。さらに、制吐剤の使用は強度を減らすことができます。

最も重症の場合や合併症が多い場合は入院が必要になりますが、決定的な治療法は、マリファナの使用をやめることです。使用をやめた後、1日か2日で症状は消えます。

本当の問題は、マリファナが依存を生み出すという事実にあり、中毒状態にあると使用をやめるのが困難になります。その結果、再びマリファナを使用する傾向があるので、症状はすぐに戻ります。

カンナビノイド過敏症の予防は、根治的治療と同様のものです。再発を避けるためにマリファナの使用をやめるべきです。再び使用すると症状が突然再発する可能性があるからです。

最近明らかになった病気

カンナビノイド過敏症症候群は、慢性マリファナ使用者に特徴的な病理です。大麻の成分は消化管の機能を変化させ、嘔吐と激しい腹痛の出現を引き起こします。

残念ながら、あまり知られていない症候群であり、症状も他の病気で一般的に見られるため、他の状態と混同される可能性があります。したがって、ほとんどの場合、病気は過小診断されています。理想的なのは、特徴的な症状があるときに医師の診察を受け、医療従事者に情報を隠さないことです。

こちらの記事もおすすめです。
薬物中毒について知っておきたいこと
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
薬物中毒について知っておきたいこと

薬物中毒の症状や結果は、それぞれの薬剤によって違いますが、何であっても命に関わる危険があることは確かです。どの薬剤を大量摂取したのか、どのくらいの量を摂取したのか、そして摂取した人の身体の特徴によっても深刻度は変わってくるでしょう。では、薬物中毒の種類と、大量摂取してしまったときの対応について...



  • Torres F, Laveglia V, Molera C, Bonet M. Síndrome de hiperemesis cannabinoide. Anales de Pediatría. 2018;89(5):311-312.
  • Moreno V, Ojeda F, Moreno-Osset E. Hiperemesis cannabinoide. Gastroenterología y Hepatología. 2006;29(7):434-435.
  • Sorensen CJ, DeSanto K, Borgelt L, Phillips KT et al. Cannabinoid Hyperemesis Syndrome: Diagnosis, Pathophysiology, and Treatment-a Systematic Review. J Med Toxicol. 2017 Mar;13(1):71-87.
  • Galli JA, Sawaya RA, Friedenberg FK. Cannabinoid hyperemesis syndrome. Curr Drug Abuse Rev. 2011 Dec;4(4):241-9.
  • Knowlton MC. Cannabinoid hyperemesis syndrome. Nursing. 2019 Oct;49(10):42-45.
  • Richards JR. Cannabinoid Hyperemesis Syndrome: Pathophysiology and Treatment in the Emergency Department. J Emerg Med. 2018 Mar;54(3):354-363.