食品につく最も一般的な寄生虫とその予防法

寄生虫は食中毒の原因としてよく知られています。どのようなものが多いのでしょうか? この記事では、寄生虫の種類について詳しくお伝えするとともに、回避するための方法もご紹介します。
食品につく最も一般的な寄生虫とその予防法

最後の更新: 31 5月, 2021

食品の寄生虫は、人間の健康に害を及ぼす可能性のある微生物です。

食物を介して摂取され、腸管の一部でコロニー化したり、有害な毒素を生成したりする能力を持っています。どのような微生物が最も一般的なのか、そしてそれらの摂取を避けるために必要な対策を知っておくことが重要です。

救急外来を受診する頻度の高い原因の一つは食中毒です。これは通常、不適切な衛生管理の結果であり、消化器系の問題を引き起こす病原体を摂取することで起こります。

しかし、中にはアレルギー症状を引き起こしたり、肝臓などの他の重要な器官に影響を与えるものもあります。他にどのような危険があるのでしょうか?

今回の記事では、それらについて詳しくご紹介します。

食品の寄生虫の危険性

寄生虫はサイズが小さいため、気づかずに摂取してしまうことが多々あります。また、食品の中に病原体の卵だけが含まれていて、それが腸管内で孵化して短期的な被害をもたらす可能性もあります。

これは、寄生虫が対象物の内部に定着し、常に健康問題を引き起こすため、おそらく最も複雑なケースの一つです。注意すべき点は、この一連の生物は非常に多様な食品で発生する可能性があるということです。生鮮食品だけでなく、缶詰に発生することもあります。

こちらもお読みください:キッチンタオルの除菌をする4つの方法

生鮮食品だけでなく、缶詰にも発生しますし、適切に処理されていない肉や魚にも発生することがあります。体内で発生すると、特に手指の衛生状態が悪い場合には、接触によって広がる可能性があります。

食品 寄生虫 危険性
食品に見られる寄生虫は、食中毒の主な原因の1つです。

主な食品に見られる寄生虫

Advances in Food and Nutrition Research誌に掲載された論文によると、食品由来の寄生虫は、最も注目されていない病原体のグループの1つだそうです。その理由は、その複雑さと、疎外された人々の間での高い有病率にあるのですが、近年、こういった病原体は他の集団にも広がり、予想外の症状を引き起こしています。

食物寄生虫の代表的なものはどういったものでしょうか? また、どのようにして汚染のリスクを減らすことができるのでしょうか? これらの質問に答えることは非常に重要ですので、以下に詳細を説明します。

テニアソリウム

テニアは「豚のサナダムシ」とも呼ばれます。これは、主に屠殺場で適切な処理や除菌が行われなかった豚肉に見られる微生物です。

汚染された食品を摂取した結果、腸内でサナダムシが発生することがあります。サナダムシはミミズのような外見をしており、私たちが食事で摂取した栄養素を摂取する能力を持っています。

Parasite Immunology誌に掲載された研究によると、これは体重減少を引き起こす可能性があります。もちろん、栄養失調の状態にもなります。

エキノコックス

通常、犬の腸内に生息する寄生虫です。しかし、豚肉など他の動物の肉を食べることで、人間にも感染することが研究で明らかになっています。

大きさは小さいですが、サナダムシのような形をした生物です。タンパク質の消費を引き起こし、アミノ酸の生物学的利用能を低下させます。その結果、健康に重大なダメージを与えます。

トキソプラズマ・ゴンディ

トキソプラズマ症の原因となる原虫です。主に猫に生息する微生物ですが、妊娠中の女性が感染すると胎児に悪影響を及ぼします。

トキソプラズマ症の治療には、葉酸の合成に作用する一連の薬剤が必要です。この治療は、寄生虫の生活と繁殖サイクルに悪影響を及ぼします。

トキソプラズマ症の臨床像は、発熱などのインフルエンザに似た症状が目立ちます。免疫力が低下している場合には、致命的な病気になることもあります。

また、この寄生虫に感染すると、中期的には統合失調症の発症リスクが高まるという研究結果もあります。

リスクを減らすために

食品由来の寄生虫感染症の発症リスクを低減するための最も効果的なメカニズムの1つは、食品衛生対策を徹底することです。この意味で、肉製品を除く生鮮食品の正しい洗浄を行うことが重要です。

また、調理の際には、食品の内部温度を高くすることが重要です。これは、食品の内部に存在する病原菌を駆除するのに有効なメカニズムだからです。

生の食品と調理済みの食品を同じ道具で扱うことは避けましょう。また、食品を扱う前に手を洗うだけでなく、カトラリーを最適に消毒することも重要です。

食品を冷凍保存する場合は、必ず冷蔵庫で解凍し、常温で放置しないようにしてください。食品の中や表面にある卵の孵化を促進してしまう可能性があるからです。

リスクを減らすために 寄生虫
寄生虫による食中毒を防ぐには、適切な調理方法が決め手となります。

食品に潜む寄生虫に注意

寄生虫による感染症は比較的頻度が高く、健康を著しく損なう問題です。栄養素の代謝や栄養素の利用に影響を与えるだけでなく、肝臓障害や、命に関わる過敏症反応を引き起こすこともあります。

さらに、妊娠中の女性の場合、毒物は胎児の命を危険にさらすことになるので、非常に危険です。このような意味で、私たちは、衛生管理に合格していて適切な認証を受けた、ベストな品質の食品を入手することをお勧めします。

同時に、食品を完全に調理して、内部に存在する病原体を確実に破壊する必要があります。保存する場合は、寄生虫の繁殖を防ぐために、安全で食品を良好な状態に保つ方法を用いましょう。

こちらの記事もおすすめ
胃腸炎の症状について学ぼう
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
胃腸炎の症状について学ぼう

胃腸炎の症状は、消化管の炎症に特徴付けられます。下痢、嘔吐、腹痛、筋肉の痙攣などが一般的に見られる症状です。総合医学雑誌のThe New England Journal of Medicineに掲載された論文によると、胃腸炎の最も一般的な原因(成人のケースにおける90%)は。



  • Gonzales I., Rivera JT., Garcia HH., et al., Pathogenesis of taenia solium taeniasis and cysticercosis. Parasite immunol, 2016. 38 (3): 136-46.
  • Robertson, L. J. (2018). Parasites in Food: From a Neglected Position to an Emerging Issue. In Biological Emerging Risks in Foods (pp. 71–113). Elsevier. https://doi.org/10.1016/bs.afnr.2018.04.003
  • Almulhim AM., John S., Echinococcus granulosus. StatPerals, 2020.
  • Xiao J., Prandovszky E., Kannan G., Pletnikov MV., et al., Toxoplasma gondii: biological parameters of the connection to schizophrenia. Schizophr Bull, 2018. 44 (5): 983-992.