喘息の治療に使われる吸入器とその機能

5月 1, 2019
喘息の治療に主に使われる吸入器ですが、喘息の治療にはいくつかの異なるタイプの薬が使われます。本記事で詳しくご紹介しましょう。

喘息とは慢性の呼吸器系疾患で、気管支が炎症を起こして収縮した状態を指します。

喘息を発症すると、呼吸を行なっても空気が肺に届きにくくなるなどの症状が現れるため、吸入器を使用する必要が生じます。

また、ある種の刺激物質に対するアレルギー反応として浮腫などが起こるかもしれません。

気管支が冷たい気候や空気にさらされたとき、運動をしたとき、または喫煙をしたときなどの様々な外部からの要因に対して過剰に敏感になっているときや活発になりすぎているときに起こり、これらの要因により気管支が閉じて、通常の呼吸が困難になると考えられています。

喘息発作の引き金は解明されていますが、喘息を引き起こす原因そのものは正確には明らかになっていません。

家族の中に喘息を発症している人がいる場合は、より喘息を発症しやすくなる遺伝性の病気であるとも考えられています。

患者の中には、常に喘息の発作を起こすのではなく、季節の変わり目などだけ喘息の発作を起こし、それ以外の時にはほとんど症状が現れずに日常生活を送ることができる人も少なくありません。

喘息の一般的な症状は、咳、喘鳴、呼吸音、安静時の呼吸困難などの他にも、粘液やくしゃみなどが現れます。

専門医が喘息だと診断をしたら、その後は専門の医療チームが最善の治療計画を立てます。

一般的な治療法は2つあります。

  • ライフスタイルの改善:喘息発作や主な症状を防ぐための簡単なガイドラインに従って生活習慣やライフスタイルを改善します。提案される方法には個人差がありますが、呼吸が困難になるような環境を避けるように指導されます。
  • 吸入器の使用:症状を軽減するために吸入器を使うように指導されます。

吸入器とは何ですか?

一般的に喘息の治療に使う吸入器は、喘息発作の緩和と予防に使われます。

また患者の症状に応じて、異なる吸入器が処方されます。

吸入器の使用には副作用が伴うため、いくつかの吸入器を使用してその効果を調べることもあります。

吸入器の使用

吸入器のタイプと機能

最も一般的な吸入器をご紹介します:

抗炎症剤の吸入器

この吸入器は、気管支粘膜の炎症を軽減するために働きます。

一般的には、フルチカゾン、ブデソニド、またはベクロメタゾンのようなコルチコステロイドを使用しますが、クロモグリク酸ナトリウムまたはネドロクロミルナトリウムが推奨されることもあります。

吸入以外の方法では、薬を内服する方法もあります。

喘息の症状を抑えて無症状を保つ効果が期待できます。

こちらもご参考に:喘息とその症状をコントロールできる?

吸入器

気管支拡張薬の吸入器

この吸入器には2種類あります。

  • β-2アドレナリン作動薬:通常、医療チームが推奨する最も一般的な気管支拡張薬で、気管支周辺の筋肉に作用します。気道が素早く弛緩し、正常に機能するために、アセチルコリンと呼ばれる化合物をブロックします。
  • メチルキサンチン:気管支を弛緩させ、拡大するのに役立ちます。血液の流れや心臓の機能を改善することで呼吸が楽になるでしょう。
子供の喘息

抗ヒスタミン剤の吸入器

抗ヒスタミン剤は、アレルゲンに対する感受性を低下させるため、風邪やタバコの煙などへの反応も停止することで、喘息の症状を制御します。

何よりも、くしゃみ、かゆみ、涙目、その他の鼻の問題を防ぎます。

免疫療法

喘息の症状を引き起こす引き金の中にアレルギーがある患者向けの方法です。

一般的には、医師がアレルゲンそのものを少量患者に投与します。患者の体はアレルゲンに徐々に慣れて喘息の発作が緩和されるという仕組みです。

最も一般的な物質はの一つがオマリズマブです。

こちらもご参照を:季節のアレルギーに対する自然療法

ロイコトリエン

ロイコトリエンは、気道内の抗炎症薬として作用し、発症する可能性のある喘息の症状をコントロールします。

気管支サーモプラスティ術

これは、専門医が試験的に導入している新しい治療法です。

気道の慢性炎症を抑えるために高周波電流により、気管支の壁に熱を与えることで、肥厚した気道平滑筋を減少させ、重篤な喘息患者の発作を緩和すると言われています。

喘息と診断されると、専門医がどのような治療計画が患者にとって最適であるのかを決定して、治療を開始します。

不安なことは医師に質問し、満足のいく治療を行なってくださいね。

  • Inhibitory effects of an anti-IgE antibody E25 on allergen-induced early asthmatic response. Boulet LP, Chapman KR, Cote J, et al. Am J Respir Crit Care Med 1997;155:1835-1840.
  • The effect of an anti-IgE monoclonal antibody on the early and late-phase responses to allergen inhalation in asthmatics subjects. Fahy JV, Fleming E, Wong H, et al. Am J Respir Crit Care Med 1997;155:1828-1834.
  • Sano, Y.; Ogawa, T.; Houjo, T.; Tou, T.; Otom, M. Anti-inflamatory effect of Suplatast on mild asthma. Am J Respir Crit Care Med 1997;155: A203.
  • Skoner DP. Balacing safety and efficacy in pediatric asthma management. Pediatrics, 109 (2002), pp. 381-92