夕食メニューに加えたいデトックス作用のある食品TOP5

· 1月 18, 2017
この記事でご紹介する浄化作用のある食品を夕食に取り入れることで、寝ている間に身体を内側からきれいにすることができます。

晩ごはんのメニューにデトックス作用のある食品を加えることで、私たちの健康にダイレクトに良いの影響があります。身体には休息が必要です。ストレスが溜まっていたり、脂肪分の多い食事を摂りすぎたりした日にはなおさらです。

だれでも体験したことがあるかもしれません。長かった一日を終え、クタクタになって帰宅する。お腹がペコペコで冷蔵庫をのぞくと、目につくのはヘルシーな食品ばかり。野菜、くだものも、どれもピンとこない。こんな「ヘルシーな」食品じゃ物足りない。疲れているんだから、もっと食べ応えのあるものを食べなくちゃ……

これほど真実からかけ離れたこともありません。野菜やくだものといったデットクス作用のある食品を食べることで、身体には計り知れない程の良い影響があります。また、胃腸を休めるのにも最適です。

野菜や果物は栄養豊富で、中には肝臓をきれいにする作用を持つ栄養素も含まれています。つまり、体内にたまった毒素を排出する手助けをしてくれるのです。

この記事で紹介する食品を1日の終わりに食べることで、その効果はさらにアップするでしょう。夜の間に身体の自浄作用が働く手助けをしてくれます。、翌朝目覚めたときには、よりエネルギッシュな自分を感じることができるはずです。

体内の老廃物や毒素を排出することで、疲労回復を助けるだけでなく、頭痛や吐き気なども防ぐことができます。

 

夕食メニューに加えたいデトックス作用のある5つの食品とは?

まず、デトックス効果のある酵素が豊富な食品を見つけなければなりません。その食品を取り入れることでおいしく、そしてヘルシーな食事を楽しむことができるでしょう。

また、できるだけ有機栽培の食品を探すことも大切です。オーガニック食品は、デトックス効果をさらに高めてくれます。

今回は、デトックス作用がある食品が、具体的にどういった食品か、また、どうやってメニューに取り入れればよいかについてお話します!

デトックス-腹部

1. 肝臓を助けるアーティチョーク

デトックス効果のある食品と言うときに、その代表格とされているのがアーティチョークです。おいしいだけでなく、たくさんの効能があります。肝臓を癒すのに最適の食材の1つです。特に脂肪と毒素を取り除く、すぐれた働きを持っています

  • アーティチョークの葉は繊維質が多く、シナリンという成分が豊富です。
  • アーティチョークに含まれているシナリンはフェノール化合物。胆汁の生成をうながし、胆のうを助ける働きがあります。また、肝機能の回復にも役立ちます。
  • 同時に、アーティチョークには強力な抗酸化作用があり、肝細胞を有害物質からさらに守ってくれます。加えて抗炎症作用・利尿作用・デトックス作用もあります。

夕食メニューにアーティチョークを取り入れる方法

  • レモン・ニンニク・パセリといっしょに調理する。
  • セロリといっしょにスープの材料として使う。

2. 健康の源、ビーツ

ビーツは最も浄化作用の高い食品の一つです。数多くの重要な成分を含んでいます。これらの化合物のおかげで、ビーツはヘルシーでバランスのとれた食事に欠かせません。ビーツに含まれている重要な成分をいくつか挙げると:

  • ベタイン・ベタレイン・食物繊維・鉄・葉酸・ベタニン
  • これらの栄養素は非常に大切です。私たちの健康を守り、満腹感を与えてくれます。
  • ビーツはペクチンが豊富。この食物繊維が、肝臓から毒素を排出する手助けをしてくれます。

デトックス-ビーツジュース

夕食メニューにビーツを取り入れる方法

栄養士さんたちは、ビーツを生のまま食べることを勧めています。そうすることで、ビーツに含まれているビタミン・ミネラルを損なうことなく利用できます。

  • ビーツジュースをニンジンまたはリンゴジュースとブレンドする。
  • 生のビーツを刻んでサラダに混ぜる。

3. すぐれた利尿作用のあるセロリ

セロリには、身体によい抗酸化物質と酵素とをたっぷり含んでいます。また、ビタミンK・ ビタミンC ・ビタミンB6・ビタミンB9などのビタミン類も豊富です。さらに、カリウムなどのミネラルも含んでいます。

自然療法では必ずと言っていいほどセロリを利用します。セロリは心臓のための天然のサプリ。また、身体が生成する尿の量を増やすのにも役立ちます。セロリが「どんな病」にも効く、というのはこのためです。

もちろんセロリがどんな病気をもいやすわけではありません。でも、気分をよくする手助けはしてくれます。体内のバランスを維持するために、セロリは次のような効能を提供します:

  • 抗炎症作用があり、抗酸化物資を提供します。
  • 血圧およびコレステロール値を調節します。
  • 食物繊維を提供し、消化と減量とを助けます。
  • フラバノイドとポリフェノールも提供してくれるので、肝臓の健康を守るのに役立ちます。
デトックス-セロリ

夕食メニューにセロリを取り入れる方法

  • 生のまま刻んでサラダに入れる。
  • アーティチョークまたはカボチャといっしょに、さっぱりしたスープにする。

4. キウイフルーツは夕食にぴったり!!

キウイは1日を通して食べたいくだものです。特に夕食時におすすめします。専門家によると、キウイにはたんぱく質の消化促進作用があり、お腹の張りや、高たんぱくな食事をとったあとの胃の不快感を軽減する効果も期待できるそうです。

  • キウイはビタミンとミネラルが豊富です。また、神経系を調整し、夜ぐっすり眠るのを助け、夕食の食材としてぴったりです。
  • キウイはビタミンCの宝庫。ビタミンCは身体を浄化し、免疫系を強化し、肝臓を守ります。
  • キウイは食物繊維が豊富ですから、大腸の働きを高めて便秘を防ぎます
  • さらに、キウイはアルファリノレン酸の含有量が高いため、コレステロール値を下げるのに役立ちます。
デトックス-キウイフルーツ

夕食メニューにキウイを取り入れる方法

  • キウイをスライスして、ほうれん草・ナッツ・鮭・チェリートマトと混ぜてミックスサラダに。ドレッシングにはレモン果汁がオススメ。

5. 食後のフェネル茶

フェネルは、スターアニスに似た香りのあるハーブ。健康食品店で販売しています。フェネル茶は夕食後や夜寝る前におすすめの飲み物です。

その理由は?

  • フェネル茶には抗炎症作用があります。このため、腹部の張りを軽減し、消化を助けます。
  • 浄化作用と利尿作用があります。
  • 肝臓の働きと代謝を助けます。
  • カルシウム・鉄・マンガン・マグネシウム・カリウム・ビタミンC・ビタミンB3が豊富です。
  • 不安感を抑え、睡眠の質を高めるのにも役立ちます。

健康で幸せな毎日を過ごすためにも、紹介したデットクス効果のある食品を毎日の夕食に取り入るように心がけましょう!

駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科教授 西山一郎
キウイフルーツの消化促進効果に関する研究動向:─アクチニジンの役割─
Research Trends on the Effect of Kiwifruit in Promoting Digestion and the Role of Actinidin
https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi/72/6/72_292/_pdf/-char/ja