たった3日のデトックスレシピ

· 11月 15, 2018
デトックスのみを目的とした食事法ですので、3日以上に渡って続けないでください。

適切な食事をしない理由として、「時間がない」というのが最もよく挙げられます。食生活の中で、ジャンクフードが大部分を占めているかもしれません。それこそが、ご紹介する3日間プランなどを使って、時に身体をデトックスする必要がある理由です。

忙しい日々の中で、理想とする生活スタイルに焦点を当てるのが難しいかもしれません。健康のことについて考えるのは、普段の生活の一部ではないとすら考えているかもしれません。でも、そうした生活の果てには疲労感と病気が待ち受けています。

私たちの体は、もっと栄養があるヘルシーな食事を必要としています。そのためにはある程度の計画が必要です。体は嘘をつきません、耳を傾けてあげてください。さあ、体をデトックスして臓器を健康状態に戻してあげましょう。

デトックス食事法

ヨーグルト デトックス

ご紹介するアイディアは、3日で体のデトックスと回復を図るものですが、その後もバランスの取れた食事をすることが必須です。

体をデトックスするというのは、有害な毒物、つまり肌の見た目を損ない臓器機能を低下させる毒物を排除することです。鍵となるのは、つまり体を内側から変えること。

デトックス食事は初めのステップになります。たった3日間ですので、制限の多い食事に設定しています。食事内容としては、フルーツ・野菜・スープや出汁・水分補給用のお茶・少々のたんぱく質と炭水化物です。

間食しても大丈夫。アルゼンチン統合栄養美学協会(SAENI)の理事長であり栄養士であるアンドレア・ミランダ氏は、1日2回の間食で十分だと語っています。低脂肪ヨーグルトや、低カロリーのゼリー、グレープやナッツが推奨されます。

水分補給の水をもっと飲む

ミランダ博士によると、これらの浄化プランにおいて、水は非常に重要な役目を果たします。十分な水分補給のために、1日に2〜3ℓの水分補給がすすめられると博士は語ります。

水が体を浄化し、毒物排除に欠かせない腎臓などの臓器を綺麗にしてくれます。しかも、ご紹介する3日間プランでは、液状の食事から初めてデトックスを早める方法をおすすめしています。こうすることにより、新しい細胞の生成や、臓器機能の改善を促進するのです。

こちらもお読みください:水を充分に飲んでいないという7つのサイン

デトックス食事法のコツ

3日間でデトックスするためには、栄養とミネラルをしっかり摂ることが欠かせません。食事をあまりしないのがデトックスなのですが、それでもバランスの取れた食事をするのが求められます。健康をリスクに晒してはいけませんからね。

料理をする女性 デトックス

下記がいくつかのコツです:

  • 1日2〜3ℓの水を飲む。
  • 炭水化物は摂ること。ただし、小麦粉と精糖は避ける。
  • 炭水化物は、フルーツ・野菜・芋類から摂る。これらは免疫系の保全に役立つ。
  • フルーツは糖類補給にピッタリで、栄養もたっぷり。パイナップルのような利尿作用のあるものを選び、固形で食べること。
  • 間食にはナッツを忘れずに。
  • 夜は炭水化物を摂らない。
  • たんぱく質は、新鮮な肉や魚から摂取する。調味料は使わずに調理し、少量食べる。
  • むくみを避け、利尿を促進するために、塩分摂取量を抑える。
  • 揚げ物は厳禁。油が必要なら、オリーブオイルかココナッツオイルを。

食事法

デトックス食事法で食べても大丈夫な食事の一例です。

朝食

昼食

  • 野菜スープ。生野菜または加熱野菜のサラダ。低カロリーのゼリーと水をたっぷり。
  • または、ぶどう10粒とお茶を1杯。

夕食

  • 鶏ガラや肉から取った出汁に、加熱した野菜。鶏肉やその他の肉、または魚(生でも、焼き魚でも、蒸したものでも)。フルーツと水。

ご存知でしたか?

空腹感なしで減量を達成するためのシンプルな生活習慣3選

お茶

ミントティー デトックス

3日間の間、お茶を飲むことが非常に役立ちます。むくみを解消し、デトックス効果を高めてくれます。お茶は体に良く、冬でも夏でも1年を通して飲むことができます。

抗酸化物質を多く含む緑茶がおすすめですが、不安感やストレスを感じている場合は白茶もおすすめです。アミノ酸を含むのでリラックスに繋がります。

デトックスは何かの罰ではないということをお忘れなく。制限が多く大変な3日間にはなりますが、心身の健康の改善のためなのです。

3日間が終わった後も、食事は適切に選びましょう。ヘルシーでバランスの取れた食事をし、定期的に運動をした後に素晴らしい結果が目に見えてくるでしょう。