空腹感なしで減量を達成するためのシンプルな生活習慣3選

効果的に減量を行うためには、正しい食べ物の組み合わせを知ることが大切ですが、最も大切なのはリバウンドをしない生活習慣を身につけることです。

空腹を感じずに健康的に減量しようと考えるとき、どのような方法が良いのでしょうか?

現代では様々なダイエット方法が考案されていますが、全ての人に効果があるダイエット方法というのは多くありません。ただし、減量に効果のあるアドバイスを活用して、減量を促進することは可能です。

本記事では、空腹を感じず健康的に減量するためのシンプルな生活習慣を3つご紹介します。

空腹を感じずに減量できる

減量法の中には間違った考えが多くあります。

一般的な減量のガイドラインとしては「脂質とカロリーの摂取量を減らして、少量の食事を心がけながら運動量を減らす」という方法が推奨されていますが、これ以外にも多くの要素が減量に影響を与えます。

減量を達成してそれを長期にわたって維持するためには、ゆっくりと体重を減らしながら健康的な生活習慣を身につけることが重要です。減量を達成するまでに時間がかかっても、それだけリバウンドを避けて理想体重を維持することができます。

空腹を感じるダイエットは絶対に避けてください。

私たちの体は私たちが思うよりも賢いため、空腹を感じるダイエットを行うと、体が「次に空腹を感じる時」に備えて脂肪を蓄積し始めます。

減量するための3つのシンプルな習慣

減量に効果のある多くの要因の中から、今回は3つのシンプルな習慣をご紹介します。減量に驚くべき効果を発揮する方法ですのでぜひお試しください。

1. 水と酢

水と酢

水とアップルサイダービネガーのシンプルな組み合わせが減量を促進するドリンクになります。

このドリンクは、代謝とエネルギーを向上させながらカロリーの消費を高めます。

水と酢を組み合わせることで血糖値が低下し、病気の予防に加えて甘いものを食べたくなる衝動と空腹感を抑えながら消化を促進します。

またアップルサイダービネガーには体内の毒素や脂質を体外に排出する効果があります。

材料

  • アップルサイダービネガー 大さじ1 (15 ml)
  • 水 グラス1 杯(200 ml)

摂取方法

  • 材料を混ぜたものを、毎食前1日3回飲んでください。

2. 食品の組み合わせ

赤身肉

食事の量を極端に減らすことなく減量を成功させるためには、食べ物の正しい組み合わせについて学ぶことが重要です。

ある特定の食べ物を組み合わせることで、減量効果を促進することができます。

さらに食べ物の組み合わせに注意を払うことで、消化機能を促進しながら体液貯留やむくみを軽減する効果があります。

食べ物を組み合わせる際の注意事項:

  • 一食の中に異なったタイプのタンパク質を組み合わせない:肉類、魚類、卵、豆類など、一食には一種類のタンパク質が理想的です。また植物性タンパク質と動物性タンパク質を交互に摂取することも大切です。
  • 乳製品を他の食品と組み合わせない:乳製品は単品で摂取し、他の食品と組み合わせないように心がけてください。
  • デザート:果物や甘いものを食事と一緒に食べると、消化機能を妨害して体重増加の原因となります。
  • タンパク質は野菜と一緒に摂取する:ハンバーガーとフライドポテトなどの組み合わせは、私たちの体に大切な栄養価が含まれていないだけではなく、タンパク質と炭水化物の間違った組み合わせです。肉類を摂取するときは、十分な量の野菜と一緒に食べてください。

3. 賢く夕食のメニューを選択する

夕食

朝食と昼食は非常に大切な食事ですが、減量を目指す時に注意を払う必要があるのは夕食です。夕食に食べるものは夜間脂肪へと変換されやすい傾向があります。

夕食に関する2つの大切なこと:

  • 早めの夕食:就寝前2時間以内の夕食はおすすめできません。午後8時までに夕食を終えるのが理想的でしょう。空腹を避けるためには、朝食と夕食をしっかり食べることが大切です。
  • 軽めの夕食:夕方には、エネルギー源となる炭水化物(パン、ピザ、パスタ、ジャガイモなど)の摂取を減らしてください。その代わりに夕食にはたんぱく質と野菜を積極的に食べてください。

またキヌア、オーツ麦、キビなどのタンパク質を豊富に含む穀物を少量加えるのも良いでしょう。パンケーキやその他の菓子類を作るときには、小麦粉の代替えとしてひよこ豆から作る粉を使うのをおすすめします。

あなたへおすすめ