浴室やトイレを消毒するベストな方法

いつも綺麗に掃除をしていても、正しく消毒出来ていないことがあります。今回はしっかり消毒出来るようにその方法を紹介したいと思います。

浴室やトイレは家の中で最も使用される場所で、最も汚い所でもあります。それを解決するための消毒術をたくさん用意したので一緒に見ていきましょう。

主に浴室やトイレに存在しているのは湿気による細菌とカビです。ですので、浴室は常に換気されて乾燥していないといけません。

もう一つの一般的な原因は便器内の尿や排泄物です。しっかり流れているか確認を心がけましょう。

そして、石鹸やシャンプーはカビなどの真菌を引き付けます。これは歯磨き粉でも同じ事が言えるので注意してください。また、これはシンクなどの厄介な汚れに繋がります。

このように、浴室やトイレは少なくとも週に1回はしっかり消毒すべき場所で、日常的に正しく掃除をしなければいけません。今回紹介する方法を実践すると、これが原因で引き起こる感染リスクを軽減させることが出来るのです。

どこから消毒すればいいのか?

どこから消毒すればいいのか

浴室やトイレを消毒するには、まず細菌と直接接触するのを避ける為にしっかりグローブを付けてください。また、グローブは研磨剤でもある洗浄用品から手を保護してくれます。

もう一つ覚えておいてほしいのは、それぞれの場所に特定の製品を使うことの重要さです。汚れを落とす製品や消毒剤、そして漂白剤は洗浄する際の最も基本的なものです。

また、ブラシやタオルなどのクリーニング用品も共有せずに、浴室やトイレごとに用意してください。

そして、便器や浴槽、シャワーの部分は細菌が蓄積する場所です。また、壁や床にも気をつけてください。そして、排水口も石鹸やシャンプー、そして髪の毛が蓄積するので菌が多いです。

シャワーや浴槽を掃除する前は、そういったゴミなどを全て取り除いてください。そして、壁からカビを除去する時は、漂白剤や汚れを落とす薬品を湿ったスポンジに付けて掃除してみましょう。

便器を漂白剤で洗浄することは最大の消毒効果を生み出します。便器には多くの汚れが蓄積しているので隅々まで綺麗にすることが大切です。また、便座は消毒剤や漂白剤を使って布で拭いてください。

シンクを掃除する時も、まず歯磨き粉や髪の毛などのゴミを取り除いて綺麗にしましょう。漂白剤とスポンジを使うことで全体を消毒することが出来ます。綺麗になったら水でしっかり洗い流してください。

また、壁や床などもしっかり消毒するようにしてください。お湯と石鹸、そして漂白剤を染み込ませたタオルを使うと効果的に消毒することが出来ます。そして、タオルなどの清掃用品を使った後はゴミなどが無いようしっかり確認しましょう。

消毒する時のミス

消毒をする時のミス

1.換気がほとんどない、または全くない。窓やドアが閉まっていて換気扇も無い状態で消毒することに慣れている人もいますが、しっかり湿気を飛ばさないとカビの成長を止めることは出来ません。

2.シャワーカーテンの消毒を忘れる。シャワーカーテンは水との接触が多いのでカビが蓄積しやすいです。カーテンを消毒する時は塩水を含ませたタオルで掃除しましょう。水で薄めた漂白剤でも構いません。

3.タオルを交換しない。湿気があるタオルに細菌が蓄積します。理想的なのは週に1回手を拭くタオルや足ふきマットを交換してください。

4.その他の用品を掃除しない。歯ブラシを入れたカップなどには多くのカビが存在します。この菌はあなたの歯ブラシの毛に付着することがあるので洗浄剤を使ってこのような物も全部綺麗にしましょう。

5.鏡を忘れる。鏡を洗浄するには酢と水が効果的です。また専用のミラークリーナーでも構いません。

消毒を簡単にするヒント

消毒を簡単にするヒント

  • 酢と水を混ぜたものはシャワーなどによる汚れを落とすのに効果的です。もし錆びなどがあればお湯と塩とレモンを混ぜたものを使ってください。
  • 排水口の汚れを取り除くには、ベーキングソーダと水を使ってください。お湯だとより良い効果が出ます。
  • 汚れが非常に厄介な場合、アルコールが最も効果的です。水とアルコールを6:1で混ぜて、それを使用したい場所に塗って数分間置いてください。時間が経ったら水で洗い流しましょう。

 

あなたへおすすめ