寝室を消毒するナチュラルな方法

夜間、のどに不快感があったり目がかゆいなどの症状がある場合、または単によく眠れないという場合は、寝室を消毒する必要があるかもしれません。ここで、自然な方法で消毒する方法をいくつかご紹介します。
寝室を消毒するナチュラルな方法

最後の更新: 17 12月, 2020

寝室をナチュラルな方法で消毒することは、100%健康的な環境を作って心地よい夜を過ごすための第一条件です。しっかり掃除をしていれば十分だと考えがちですが、そういうわけではありません。

夜は何時間も寝室で過ごしますから、私たちの健康に害を及ぼす微生物が繁殖するためにも理想的な空間となっています。ご存知のように、ある種の細菌や真菌、ダニなどは、毎日しっかりと掃除をしていても強く生き延び繁殖します。

ですから除去するためには消毒する必要があるのです。「International Journal of Immunopathology and Pharmacology」という学術雑誌の記事に、こういったばい菌が人口の10%以上のアレルギーの原因となっていることが詳しく報告されています。さらに、喘息のある人はこれらの菌にさらに敏感です。

特に家庭に小さい子供やペットがいる場合には、市販の製品に含まれている化学成分に影響を受けやすいこともあり、自然のものを使った消毒法がおすすめです。

寝室を自然な方法で消毒する5つのステップ

寝室をしっかりと消毒するためには、室内にある物すべてを考慮に入れましょう。つまりベッドや布団だけをきれいにするのではなく、部屋の隅々に注意をはらうということです。

モノトーンの寝室

一見きれいなように見えても、睡眠に悪影響を与えたり、身体に不快感を引き起こすホコリやダニ、その他のアレルゲンは日々たまっていくため、時間を十分かけて寝室を掃除・消毒することが重要です。

こちらもどうぞ:枕の洗濯と消毒方法

1. 寝具

まず第一に、ミルトン・ハーシー・メディカルセンターが推奨しているように、毎日ベッドを整え、または布団をたたみ、シーツは少なくとも1週間に1回は洗います。

頻度は少なくて構いませんが、毛布、掛布団やベッドカバーも洗う必要があります。これらにも健康に害のあるホコリや汚れ、ダニがたまるからです。

消毒のためのポイントをいくつか見てみましょう。

  • 寝具は中性洗剤で洗う。
  • 毛布や掛布団はよく払う。
  • 少なくとも5分は部屋を換気する。
  • 上記のポイントを完了するためにも、毎日ベッドを整頓する。
  • ホコリや小さな汚れを除去するために定期的に掃除機をかける。この点に関して、ミシガン大学の専門家は湿式の掃除機を勧めています。乾式では取り込まれずに舞ってしまった汚れに人がさらされる可能性があるからです。

2. マットレス

マットレスは夜間にかく汗をたくさん吸収し、また多くのホコリもたまります。しかし消毒するには、自家製のシンプルな材料を使うことができます。

ここに紹介する方法の材料には、自然の有効成分が色々と含まれています。まず、重曹には表面をきれいにしてカビのような汚れを取り除く効果があります。これは「Mycopathologia」という学術雑誌に掲載された研究で確認されている効果です。

一方、ユーカリオイルはエッセンシャルオイルの中でも特に防虫効果が高く、自然療法のスターといってもよいでしょう。これは「Journal of Zhejiang University Science」という学術雑誌に2006年に発表された研究で明らかにされています。

材料

  • 重曹 125g
  • ユーカリエッセンシャルオイル 10滴
マットレスのカバーをつける人

準備

  • ボウルに重曹125gを入れます。
  • ユーカリエッセンシャルオイルを10滴加えます。
  • よく混ぜて5分間置きます。

使い方

  • まずカバーを外したマットレスの全体に、混ぜた材料をふりかけます。
  • そのまま1時間作用させます。
  • 時間が経ったら掃除機で重曹を吸い取ります。
  • 最後にカバーをかけ直します。

3. カーテンと窓

カーテンは窓を覆って日光を遮る助けとなるだけでなく、部屋のインテリアとして重要なものです。また部屋の開口部に近いわけですから、内部へ入るホコリを遮り吸収するという役割もあります。

ですからカーテンには取り除くべき大量の土埃やダニがたまっています。1か月に1度は洗い、新たに取り付ける前に窓の掃除もしましょう

4. フローリングなどの床

ばい菌やバクテリアに加えて、全ての汚れは最終的には床に落ちていきます。そのため、清潔で健康的な環境を得るには床の消毒が基本です

そのためには、きっとあなたの家にもある2つの材料を使ったシンプルな方法を試してください。「Infection Control and Hospital Epidemiology」に掲載された研究カビやバクテリアの除去に効果があると証明されている酢に加えて、心地よい香りのレモン果汁を使います。

材料

  • バケツに入れたぬるま湯 3リットル
  • リンゴ酢 10ml
  • レモン果汁 5ml

必要な道具

  • 雑巾またはモップ
  • 掃除機または箒
レモンとその果汁

準備

  • バケツにぬるま湯と酢を入れます。
  • レモン果汁も加えてよく混ぜます。
  • 雑巾またはモップを浸して搾ります。

方法

  • まず床を箒ではくか、掃除機をかけます。
  • 次に雑巾がけ、またはモップがけをします。
  • その後乾燥させます。

5. 植物で空気をきれいに

部屋に置かれた植物は、ハーモニー、平穏、ウェルネスの感覚を生み出します。そしてそれだけでなく植物には空気清浄作用もあります。寝室に小さな鉢植えを置くと良いでしょう。空気をきれいにしてぐっすり眠るためにおススメの植物には以下のものがあります。

  • ジャスミン
  • ラベンダー
  • クチナシ
  • サボテン
  • セイヨウカノコソウ(ヴァレリアン)

最後にこちらもご覧ください:家の空気の質を改善する為に出来る6つのこと

自然に消毒することで生活を改善

定期的に寝室を消毒するのは見た目に良いだけではなく、私たち自身の健康を守ることにもつながる習慣です。

要するに、毎日換気され清潔で整った寝室は、病気にかかりにくくしてくれ、眠っている間も私たちの健康を守ることにつながるのです。

こちらの記事もおすすめです。
寝室に置くべきでない6つの物
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
寝室に置くべきでない6つの物

寝室には置かないほうが良いものが存在します。これらは夜の休息に影響するだけでなく、気分の悪さと関係していることすらあります。しかし、対策をするのに遅すぎるということはありません。心地よく感じられる寝室、特にしっかり休息できる寝室を手に入れるためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。