窓をピカピカに掃除する6つのコツ

· 6月 9, 2018
今回は簡単に効果的に窓を掃除するコツをご紹介します。大変な思いをする必要がないことがお分かりいただけます。

窓は屋外に面しているので簡単に汚れてしまい、一定のメンテナンスを必要とします。窓の掃除は楽しいものでも気持ちのいい作業でもありませんが、何事にも解決法はあります。そこで今回は窓をきれいにするための6つのコツをご紹介します。

窓を掃除したものの、期待していたようにきれいになっていないと気づくことがよくあります。そんなフラストレーションがやる気をそぎ、だんだんと窓そうじの間隔が空いていっているかもしれません。すると少しずつ家はあるべき清潔感を失っていきます。特に訪問客への印象が変わります。

床や家具などがきれいにしてあっても、窓にホコリや油分、その他の汚れがたまっていると、その空間は清潔に見えず気持ちのよいものではありません。こうなってしまったら汚れたガラスにサヨナラをするために、今回ご紹介するコツを早速実行してみましょう。

窓をきれいにするための簡単で効果的な6つのコツ

1. 決して裏切らない味方、酢

確かに同様の効果が得られる窓用の洗剤はたくさんありますが、酢の作用は本当に効果的で、ニオイもそれほど気になりません。きついニオイによってアレルギー反応を起こすこともある化学洗剤とは違います。

ホワイトビネガー

酢は汚れが簡単に落ちるように作用するので、窓をごしごしこすらなくても、布や新聞紙でガラスをサッと拭くだけで大丈夫です。さらに、酢を使うとツヤと透明感のある仕上がりになります。

簡単にシンプルな方法で窓を掃除するためには、ホワイトビネガーを3倍のお湯で薄めるのがおすすめです。酢のニオイを抑えるためにレモン果汁を少々混ぜることもできます。酢のニオイが嫌いな方は、溶液を酢の3倍の水ではなく5倍の水で作るのも良いでしょう。

まだ市販の化学洗剤を使用している方は、ぜひこの方法に変えてみてください。より経済的で長持ちします。水500mlの中にホワイトビネガー大さじ3を混ぜ、小さじ½の液体洗剤を加えます。汚れがどんどん落ちる洗剤の出来上がりです。

 

2. 窓そうじ用の布

そうじ用の布も、さまざまな市販品がありますが、安く上げたい場合には他にも選択肢があります。一番手近にあってふさわしいのは、新聞紙です。毛羽立ちなどが残らずきれいにツヤのある仕上がりになります。

それだけでなく、ガラスに傷をつけることなくこすることができるのも利点です。新聞紙を使うとガラスの表面にとても薄い見えない膜を残すので、簡単に汚れなくなります。
スポンジが家にあれば、洗剤の跡を取り除くのに効果的です、これらがない場合は、コーヒーメーカーに使うフィルターが大変実用的です。新聞紙と同様に優秀で、ガラスを傷つけずに汚れを取り、輝きのある窓に仕上がります。

 

3. 曇りの日に窓そうじを

住んでいる地方の気候に関わらず、曇りの日があると思いますが、その日が窓を掃除するのに最適な日です。晴れた日に掃除をすると、洗剤の泡が日光で乾いて窓に跡が付いてしまいます。また晴れた日は日光にさらされながら掃除をすることになり、作業がより大変になります。

4. 汚れがひどい窓をそうじする

何か月も窓を掃除していない場合は、きっと汚れがひどいはずです。その場合は目の粗いスポンジを使い、上から下へ掃除するのが良いでしょう。これは洗剤液が垂れるのを防ぐためです。洗剤が乾いた後に、マイクロファイバークロスでガラスを磨き上げましょう。クロスの毛羽がガラスに残らないようにだけ注意しましょう。

窓を開ける女性

5. 縦方向と横方向に

内側からも外側からも窓を掃除してガラスをきれいにした後に、まだ磨き足りないと思うことがあります。まだ拭き跡が残っている時、内側から力を入れて拭いても落ちないので外側から探してみたり、その逆もしかり。これには閉口しますが、解決法があります。

窓を両側から掃除する時は、内側は横方向に、外側は縦方向に拭きましょう。こうすると拭き跡がどちら側に残っているかすぐに分かります。

 

6. シャッター

シャッターも屋外に面しているので掃除が必要ですが、難しくはありません。消毒剤をスプレーし、布で拭きます。その時毛羽が残らない布を使うようにします。