レモンダイエットのすぐれた効果を発見

· 8月 4, 2018
今日ご紹介するレモンダイエットは速効性があります。ですが、その特徴を踏まえると、取り入れる前にはまず専門医に相談することが大切です。

理想の体重にどうにか到達したいと願うなら、是非レモンダイエットを試してみてください。レモンダイエットはとても効果的なダイエット法です。また、健康にも良いですよ。

レモンは古くから世界各地で様々な料理に使われてきました。私たちが普段何気なく使っているレモンですが、実は驚くべき効能を秘めているのです。

レモンには抗菌作用、抗ウイルス効果があります。また、ビタミン、ミネラルが豊富ですので消化の過程を助けてくれるでしょう。

もっと知りたい方は、是非、今日の記事を読んでくださいね。

レモンダイエット

レモン汁

レモンダイエットとはデトックスダイエットです。とても速効性のあるダイエットです。

レモンダイエットとは、決められた期間中毎朝新鮮なレモネードを飲むことででできます。

ですが、聞くほどに簡単なことではありません。レモネードと言っても、市販されているような甘いジュースではありません。ここでいうレモネードとは、ぬるま湯にレモン汁を入れたレモンウォーターのことです。

また、この方法に加えて食生活の改善やエクササイズなどを取り入れるとさらに効果的でしょう。

デトックスしたい方は是非必読です!

こちらも参照『レモンの効能と自然療法レシピ』

レモンダイエットの効能

免疫系を活性化する

レモンにはビタミンCが含まれているため、免疫系を強化する働きがあります。

体の防御力が改善され、病気に苦しむことが少なくなるでしょう。

消化が改善される

レモンウォーターは食べ物の分解プロセスを正常化する働きをします。つまり、消化を改善してくれるのです。

一方、消化管のトラブルも解消してくれるでしょう。

体のデトックスを行う

お腹のデトックス

デトックス効果のあるダイエットだと上述しましたが、レモンウォーターには体から毒素や老廃物を全て取り除くクレンジング作用があるのです。

これはレモンに含まれる利尿作用のおかげですので、全て自然にデトックスが行われるでしょう。

膨満感が解消される

レモンにはフラボノイドが含まれています。これは炎症や痛みの軽減を助ける化学元素です。

さらに、慢性的な膨満の可能性も減らしてくれるでしょう。

リンパの流れが活発化する

リンパ系は体を病気から守るために免疫系とリンクしています。

レモンウォーターにはクレンジング作用があるため、毒素が体から取り除かれ、腺、血管、リンパ組織が効果的に機能するでしょう。

こちらも参照『毒素排出に役立つ生ジュースとスムージー6選』

コレステロールを下げる

レモンの効果

レモンに含まれる繊維、フラボノイド、ポリフェノールは悪玉コレステロールの値(LDL)を下げます。これにより心臓のトラブルにかかる可能性が下げられるでしょう。

エネルギーが湧き、ダラダラした生活にさよならできる

レモンウォーターを食習慣に取り入れるのは良いアイデアです。体がデトックスし、砂糖や脂肪などの残りを体内から全て取り除いてくれるのです。

砂糖や脂肪を取り除いた分、必要とする栄養を供給することができ、よりエネルギーを感じるでしょう。

体重が減り、人生が豊かになる

朝レモンウォーターを飲むと、1日を通して満腹感を得やすいでしょう。食欲が減るというだけでなく、何か特定のものに対する食べたいという欲求が少なくなるでしょう。

体は脂肪の吸収をブロックします。つまり、体重が増えにくくなるのです。

レモンダイエットのやり方

他のダイエットにも言えることですが、成功させるには地道に一つづつステップを踏んでいきましょう。レモン汁を入れたお白湯を飲むのなら、以下のことに気をつけましょう。

  • このレモンダイエットは5日間行います。自己判断で期間を延ばしたり短くしないようにしましょう。とても厳しいダイエットプランです。体が必要とするカロリーや他の食べ物からの栄養は置いておきましょう。
  • 毎日、毎食時に飲みましょう。
  • 1日を通して積極的に水を飲みましょう体が必要とする水分を補給することが大切です。水を飲むことで体液貯留を予防することができます。体には約1.8〜2ℓの水が必要です。
  • レモンダイエットを行う5日間は、食事から脂肪を除去しましょう。脂肪には揚げ物、加工食品、ドレッシングなども含まれます。健康的な食事をすることでデトックスが機能します。
  • 1日目は部分的ファスティングです。一番辛い日となるかもしれません。体がカロリーを修正するサインです。新しい代謝活動が生まれ、より効果が見られるでしょう。

レモンダイエットは速効性のある方法です。ですが、その特質を考えると、取り入れる前にはまず専門医に相談することが大切です。