空腹時に水を飲む事で得られる/10の効果

5月 11, 2016
毎日、起きたての空腹時にコップ一杯の水を飲む事はとても良い習慣と言えます。 それほど、重要な事とは思えないかもしれませんね。 しかし、他のタイミングで飲むよりも、起床してすぐにコップ一杯の水を飲む方が、 得られる効果が大きいのです。

人が寝ている時、身体はダメージを受けた細胞の修復、解毒による細胞内の掃除、排泄の準備など重要な働きをしています。就寝中に行われているこれら一連の作用を助ける為、起きたての空腹時にコップ一杯の水を飲む事がとても重要なのです。

多くの人は、起床時に水以外の飲み物を飲む傾向にあります。しかし、身体にとっては水を飲む事が大切です。以下に空腹時に水を飲む事で得られる10の効果を挙げます。

空腹時に水を飲むのは肌に良い

healthy-skin

空腹時に水を飲む事は肌の健康と美しさにとって大切です。肌の細胞を強くし、お肌の弾力性を保ち、シワのない若さある状態に保ちます。

利尿作用

体内のデトックスを促進するには、沢山水を飲む事で、腎機能を刺激する事が大切です。

空腹時に水を飲む事は蓄積した老廃物を腎臓に送り、尿を生成するのを助けます。

リンパ系への作用

空腹時に水を飲む事は、ストレスホルモンであるコルチゾールを生成する副腎機能の疲労を防ぎます。

※コルチゾールは、糖やタンパク質、脂質の代謝や免疫に関わるホルモンです。

 

消化機能の改善

better-digestion

空腹時に水を飲む事は消化の準備をするのに有効です。

消化器系を刺激し、胃から腸へ食物を送るの助けます。

 

代謝を高める

水を飲む事は、脂肪を燃焼させるデトックス機能を高める為に大切です。

体内の水分量が十分でないと、代謝率の低下につながります。

 

パフォーマンスの向上

水を飲む事は筋肉の働きを円滑にします。

水を飲む事は筋肉の働きをスムーズにし、エネルギーを作り出します。

あらゆるスポーツ、エクササイズをするとき、失われた水分を補給する為、

水の摂取量を増やしましょう。

 

泌尿器系の感染症を防ぐ

urinary-infection

空腹時に水を飲む事は、膀胱炎などの予防につながります。

脱水状態にあり、腎臓に十分な水分が無い時、あらゆるタイプの泌尿器系の感染症にかかるリスクが高まります。

 

むくみの軽減

むくみはナトリウムの過剰摂取や食生活の乱れによるものです。

空腹時に水を飲む事は、むくみを改善し、炎症や病気の予防につながります。

 

痛みの軽減

空腹時に水を飲む事は、以下のような痛みや症状の軽減につながります。

関節炎、頻脈などの心疾患、喘息、気管支炎、腎機能障害、便秘、月経前症候群、片頭痛

 

体温を調整する

空腹時に水を飲む事は、

酸素や栄養が細胞へ運ばれるのをスムーズにし、体温調節に役立ちます。

 

覚えておきましょう!

・水を飲む事の効果は優れたものです、1日に少なくとも2リットルの水を飲みましょう。

摂取のしすぎも、腎臓に負担をかけてしまうので、注意が必要です

・正しい水分摂取量は、以下の式であらわす事が出来ます。

体重(単位がポンドの場合)÷66=摂取するべき水の量

※1ポンドはおよそ0.45キロなので、体重60キロの人はおよそ133ポンド

133÷66=約2 つまり、体重60キロの人は2リットルの水を摂取する事が望ましいという事になります。

あなたへおすすめ