気になる薄毛に効果的な3つの家庭療法をご紹介!

8月 5, 2019
抜け毛に気が付いたら、毛包の働きが完全に失われてしまう前に、脱毛の対策をすることが重要です。

脱毛症は、過剰な抜け毛を引き起こす一種の病気です。それは、頭、眉、生殖器、そして脇の下など毛が生える全ての箇所に影響を与えます。抜け毛に効果的な対策を知りたい方は多いと思います。

抜け毛は、ストレス、血行不良、遺伝、皮膚の疾患、または健康的ではない食事などが原因となる可能性があります。脱毛には、アンドロゲン性脱毛症、円形脱毛症、外傷性脱毛症また、びまん性脱毛症など様々な種類があります。

アンドロゲン脱毛症

アンドロゲン脱毛症は、脱毛症の中でも90%を占める主要な原因です。主に遺伝が原因となり、テストステロンの産出が損なわれ、遺伝組成にも影響を与えるために起こる可能性が高いです。

結果として、毛包にダメージを与え、通常の働きが妨げられるために毛髪が消滅するまで徐々に脱毛が進みます。

対策薄毛

この頭皮の状態には様々な治療法があります。いくつかご紹介します。

・FUEメソッド:これは毛髪のマイクロインプラント技法であり、遺伝子組成があまり影響を受けない部分、例えば頭部(首の側部、頭部の側面)から卵胞を抽出します。抽出したものを髪が抜けた部分に移植します。

・ストリップメソッド:これもまたマイクロインプラント技法の一つで、首の後ろから非常に小さなストリップを抽出する豊富です。ストライプの長さは、移植される卵胞の量によって異なります。外科医が穿孔を行う間にチームが首の後ろから取ったストリップから毛包を抽出します。

・ミノキシジル:これは、ジヒドロテストロンの生成を防ぐために頭皮に直接投与され、毛包が正常に成長することを促す血管拡張薬です。

・フィナステリド:ホルモンの作用を抑制して、性ホルモン(テストステロン)の生物学的な作用を防止する薬剤です。

抜け毛を防ぐための自然療法

毛包の機能が完全に失われてしまったら、それを回復することは出来ないということを覚えておいてください。しかし、毛包の萎縮や機能不全を予防するためのいくつかの自然療法があります。

この記事では、あなたの髪を強化するのに役立ついくつかの自然療法をご紹介します。

この記事もお読みください:

脱毛対策:4つの効果的な対処法

1、アロエベラ

アロエベラ 薄毛 効果的 家庭療法

アロエベラのジェルは昔からヘアトリートメントとしてオススメされてきました。アロエベラにはヒーリング効果があり、毛包の萎縮を防ぐのに効果があります。

使い方

・アロエベラの葉からジェルを抽出します。

・乳棒と乳鉢を使って、液体を均一になるようにすり合わせます。

・それを頭皮に塗り、10分間マッサージをしてください。

・キャップで頭を覆い、1時間そのまま置いておきます。

応用

髪が特に乾燥している方は、夜にこれを乾いた髪に塗り、寝る前に冷たい水で洗い流します。これは髪を強化し、艶を出すのに役立ちます。

2、ハチミツと卵黄

ハチミツ 薄毛 効果的 家庭療法

卵には毛髪を強化するのに役立つ化合物が含まれており、髪にツヤを与え、毛包が健康的に成長するのを助けます。

材料

・卵黄 1個

・ハチミツ 50g

やり方

・卵黄とハチミツをボウルに入れて、均一になるまでよく混ぜ合わせます。

・髪に塗って10分間マッサージします。

・シャワーキャップをつけて30分間置いておきます。

冷たい水で洗い流してください。

応用

・髪を洗う前に塗ってください。これを週に4回まで行うことが出来ます。

この記事もお読みください:

脱毛を防ぐ5つの方法

3、グアズマ

髪が綺麗な女性 薄毛 効果的 家庭療法

グアズマの木は、毛包の萎縮を防ぐための最長の治療法の一つです。また、髪を強くして、艶を出してくれます。

材料

・水 500ml

・グアズマの樹皮 30mg

やり方

・水にグアズマを入れて加熱します。

・沸騰したらグアズマを取り除いてください。

・グアズマの樹皮があなたの髪に良いエキスを生成します。手袋をつけて、髪に塗ってください。

頭を円を描きながら10分間マッサージしてください

週に4回この治療法を行ってください。なるべくグアズマのエキスが温かいうちに頭に塗るように注意をしてください。

脱毛を防ぐためにぜひこれらの方法を試してみてください!

  • Chajchir, A., & Benzaquen, I. (1977). ALOPECIA SEDICIENTE SEBORREICA (CALVICIE) SU TRATAMIENTO QUIRURGICO. Cirugia Plastica Ibero-Latinoamericana.
  • Segers, A. M. (1973). INJERTOS DE CABELLO PARA EL TRATAMIENTO DE LA CALVICIE. 10 ANOS DE EXPERIENCIA (1962-1972). Prensa Medica Argentina.
  • POSIBILIDADES TERAPÉUTICAS EN LA CALVICIE SEBORREICA. (1973). MEDICAMENTA.
  • BARMAN, J. M., PECORARO, V., & ASTORE, I. (1963). LA MORFOLOG’IA DEL PELO Y EL ESTADO DE SU CICLO EN LA VALORACI’ON Y PRON’OSTICO DE LA CALVICIE. El Día Médico. https://doi.org/10.1007/BF00550622