運転中の眠気を覚ます9つのアドバイス

· 9月 15, 2018
車内の温度が高くなると眠気を引き起こす可能性が高くなるため、運転している間は換気をよくして快適な温度を保つことが大切です。

運転中に眠くなったことはありませんか?

運転中に襲う眠気が命を危険にさらすことがあります。

長距離運転は飛行機代や電車代の節約になるかもしれませんが、運転する人はひどく疲れて眠気におそわれることがあります。

本記事では運転中の眠気を覚ます方法を9つご紹介します。できる限りの準備を整え、万全の状態で運転することをお勧めします。

1.運転する前にはしっかりと休息をとる

十分な睡眠

長距離運転を予定している日の前夜は、出発前に少なくとも7時間以上の睡眠をとることをお勧めします。

質の良い睡眠をたっぷりととることで、運転中の眠気を予防することができます。また、前夜にしっかりと睡眠をとった人の運転中の集中力は3倍程度高くなることも証明されています。

疲れた状態で運転を始めると、運転中の反応や判断力に悪影響を及ぼすため注意が必要です。

2.軽めの食事をとる

長距離を運転するときに、重い食事を食べるとどれだけ運転に慣れている人でも眠気におそわれることがあります。

特に消化に悪い赤身肉や炭水化物を大量に摂取すると、消化により多くのエネルギーを必要とするため疲れをもたらし、眠気を誘発します。

そのため、運転中はバランスのとれた軽めの食事をとるように心がけることで、居眠り運転による不慮の事故などを防ぐことができます。

ご存知ですか?:低脂肪でヘルシーな食事を作るための6つのコツ

3.バランスのとれた朝食を食べる

運転する日の最初の食事である朝食は、運転や旅行中の心理的そして身体的エネルギーを補給するバランスのとれた食事をとるべきです。

タンパク質、炭水化物、およびミネラルを豊富に含む朝食を食べることで、少なくとも1日の半分の時間は集中力を持続させることができます。

4.換気

暑い季節の高温の車内や空調の悪い中で運転すると、体内への酸素の供給が制限されて眠気を感じることがあります。

一方涼しい風や適温に保たれた車内は、集中力を持続する効果があります。そのため、疲労の原因となる温度などの外的要因はすべて排除して快適な車内空間を作り出すことが大切です。

高温や熱にさらされることで次のような症状を発症します:

  • 緊張感の増加
  • めまい
  • 吐き気

これらの症状はすべて、運転中にコントロールを失うリスクを高めます。

こちらの記事もご参考に:体温は何度を超えたら深刻?

5.休憩を大切に

視線を長時間正面に向ける運転は、かなりのエネルギーを消費するため疲労感が発生します。

そのため、こまめに休憩を取り新鮮な空気を吸い込むことで、運転によるストレスや疲れを軽減させることが大切です。

定期的な休憩は注意力と脳の活動を高めることはよく知られているため、2時間運転するごとに10~15分間の休憩を挟むことで、緊張から解放されて、その後の運転での集中力や反射力が高まり、何か迅速に対応する必要に迫られた時も、適切な判断が可能になります。

6.適度なスピードで運転する

高速で運転し続けると、両サイドの車両や車線移動に必要以上に警戒する必要が生じます。

これは感覚を鋭くすると同時に、疲労がより早く訪れるため、集中力が低下する恐れがあります。

適度なスピードで運転して、エネルギーを長時間保持する方が安全です。

7.午後2時~5時の運転を避ける

私たち人間は2時から5時の間に眠気を感じる傾向があります。この時間帯はリラクゼーション向きの時間であり、REM睡眠が起こる時間だと考えられています。

そのため、この時間に運転すると神経系が必要以上にリラックスするため眠気を感じるリスクが高まります。

8.アルコールは絶対に避ける

飲酒運転は危険で絶対にしてはいけないことは誰もが知っている事実です。

アルコールには鎮静作用と抑制作用を私たちにもたらすため、ビールをはじめとするアルコール飲料は、不安状態を調節する神経伝達物質に影響を与えて、運転中の「警戒」する注意力がなくなります。

またアルコール飲料だけではなく、睡眠薬や抗アレルギー薬にも同様の影響があるため、運転するとわかっている日には服用を避けるか、医師に相談してください。

9.もう一人運転手を連れて行く

気楽な旅の仲間であり、運転手となる友達を連れていけば、運転中に眠気を感じることはありません。

また眠気を感じたら運転を交代することで、お互い休憩しながら長距離を運転することができます。これは夜間の運転にも役立ちます。

助手席に運転する人が座っていることで、目の前の危険な状況などをお互いが事前に察知することができます。

ここで大切なのは、助手席の人が寝てしまわないことです。隣で誰かが寝ている状態で運転すると、強い眠気を感じるため非常に危険です。