運動後の食べ過ぎを防ぐ方法

運動後の食べ過ぎを防ぐには、タンパク質と炭水化物を多く含む健康的な食事が必要です。詳しくはこの記事で解説します!
運動後の食べ過ぎを防ぐ方法

最後の更新: 29 8月, 2022

体を動かした後は、冷蔵庫にあるものを全部食べたくなることがありますよね。これは、エネルギーを大量に消費したのですから、当然のことです。運動後の食べ過ぎを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

一日の活動が終わると、体は回復する必要があります。代謝プロセスの分解部分である異化作用が起きると、体は食べ物を受け入れやすくなります。

タンパク質と炭水化物は、筋肉の修復とグリコーゲンの補充に重要であるため、食事は回復の鍵となります。しかし、どの程度の摂取が健康的なのでしょうか?

運動後の食べ過ぎを防ぐガイドライン

運動後の過食を止めるには、いくつかの要素を考慮する必要があります。しかし、多くの人が信じていることとは逆に、答えは決して「食べるのを止める」ではありません。それどころか、1日に何度も食事をすることで、問題を解決することができるのです。その秘訣は、その時々に適した食品を選ぶことです。

ここでは、食べ過ぎを防ぎ、最も健康的な選択をするためのヒントをいくつかご紹介します。

運動後の過食を防ぐには、食べる前に運動する

一日の始まりにエネルギーを補給するために、朝に運動するのがよいというのは、ほとんどの人が同意するところでしょう。しかし、朝食を食べるべきかどうか、その場合何を食べるべきかという問題も生じます。

ある研究では、断食が正常体重、過体重、肥満の人の体重、総コレステロール、トリグリセリドを減らすのに有効であることが検証されました。ですから、朝食抜きで1時間弱の運動をすれば、これらの効果を得ることが可能です。

そんなに早くできない場合は、食事の前に運動するスケジュールを組むとよいでしょう。そうすることで、余分な間食に頼らずに済みます。

断食と運動 食べ過ぎ
断食を実践している人は、朝は1時間までの運動を選ぶとよいでしょう。

その日の全体の食事を意識する

昼食と夕食をきちんと摂ることで、トレーニング後の食欲をうまくコントロールすることができます。赤身の肉、魚、豆類、乳製品、ナッツ類など、タンパク質を多く含む食品は、満腹感を得たり、適切に回復するために重要です。

そのため、規則正しい食生活を心がけることが大切です。そうすれば、肉体的な疲労にうまく対処でき、帰宅後の過食の誘惑を避けることができます。断食をしていない限り、朝食、間食、昼食、午後のおやつを標準化しましょう。

運動後の過食を防ぐには、水をたくさん飲む

水分の摂取は食欲を抑える効果もあります。しかし、食べ物を摂取しないために水を飲むだけでなく、失われた水分を補うことも必要です。もし、水を飲んでもまだ空腹を感じるようなら、健康的なおやつを選ぶべきでしょう。

習慣や退屈で食べない

規則正しい食生活をしていないと、食べるために食べるということがよくあります。不安やストレス、そして退屈から食器棚や冷蔵庫を覗いて何か食べたくなることもあります。

時間帯や運動量、日課に応じて食事をすることを学ばなければなりません。トレーニングの種類ごとに異なる種類の食事をするのも良い方法です。そうすれば、いつも同じものを味わうことで体が飽きることはありません。また、食事と食事の間の空腹感を調整するために、1日のうちに何度か健康的な間食を食べることも効果的です。

運動後に食べてもいい食べ物

運動後、食事をすることはとても大切です。ただし、最初に見つけたものを食べないようにすることがポイントです。

運動を行うスケジュールや活動の種類に応じて、計画的に食事を摂る必要があります。栄養価の高いものを選び、運動した後に1時間半以上食事をとらないようにすることが必要です。いずれにせよ、栄養士に相談するのがベストであることを心に留めておいてください。

全体として、運動後の食べ過ぎを防ぐためにおすすめの食品を紹介します。

  • 食物繊維は消化に重要な役割を果たします。食物繊維は果物、野菜、豆類に多く含まれています。例えば、運動後の梨やリンゴは良い選択です。ニンジンやアーティチョークもそうです。
  • 炭水化物はより良い回復を可能にします。この場合、バナナ、ブドウ、ナシ、プラムなどの果物を選択できます。スナックを好む場合は、エナジーバーまたはドライフルーツとナッツが、運動後の食べ過ぎを防ぐのに役立ちます。
  • 筋肉の回復には、赤身のタンパク質が欠かせません。魚や鶏肉にはこのタイプのタンパク質が含まれており、低カロリーの食品です。実際、国際スポーツ栄養学会の声明では、食事中のタンパク質を増やすと体組成が改善される可能性があると主張しています.
  • スムージーは、トレーニング後すぐにタンパク質を摂取できるため、強くお勧めします。理想的なのは、適切な材料が含まれ、低糖質であることを確認するために自分で調理することです。
  • 牛乳や低脂肪乳製品にも、回復に必要なタンパク質が含まれています。
Carne de pollo para recuperar proteínas.

こちらもお読みください:成功するダイエットに共通していること

運動後の食べ過ぎを防ぐために、たくさん食べるのではなく、しっかり食べる

運動後の食事は、より良い回復を実現するために必要です。食事をすることでエネルギーを取り戻し、疲れを感じにくくなります。大切なのは、食事を上手に選ぶことです。これはトレーニング後だけでなく、生活習慣としても同様です。

とにかく、栄養士を頼って、目的に応じて具体的な食事プランを設計してもらうのがベストな選択であることを忘れてはならない。体重を減らしたいのか、増やしたいのか、筋肉をつけたいのかによって、必要な食事のタイプは異なります。

こちらの記事もおすすめです。

筋肉を作るのに役立つ7つの食べ物
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
筋肉を作るのに役立つ7つの食べ物

筋肉を作りたいから、とエクササイズに励んでいるのに上手くいかない?それなら、食生活を見直すべきかもしれませんね。脂肪分の摂取を控え、小麦粉は食べないようにしている…以前より健康的な食事をしている…次は、筋肉を作るために取り入れたい食べ物を知り、普段の食生活に加えましょう。



  • Aragon AA, Schoenfeld BJ, Wildman R, Kleiner S, VanDusseldorp T, Taylor L, Earnest CP, Arciero PJ, Wilborn C, Kalman DS, Stout JR, Willoughby DS, Campbell B, Arent SM, Bannock L, Smith-Ryan AE, Antonio J. International society of sports nutrition position stand: diets and body composition. J Int Soc Sports Nutr. 2017 Jun 14;14:16. doi: 10.1186/s12970-017-0174-y. PMID: 28630601; PMCID: PMC5470183. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28630601/
  • Tinsley GM, La Bounty PM. Effects of intermittent fasting on body composition and clinical health markers in humans. Nutr Rev. 2015 Oct;73(10):661-74. doi: 10.1093/nutrit/nuv041. Epub 2015 Sep 15. PMID: 26374764. Disponible en: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26374764/