つらい乾癬の症状を抑える5つの方法

29 12月, 2019
乾癬の症状を抑えるには、乾癬の引き金と共に症状を緩和させる習慣について知っていることが重要です。本日は、皮膚疾患の治療をより効果的にするためできることをご紹介します。

まずは、乾癬は伝染病ではないことを知っておきましょう。人から人に伝染することはありません。起こり得る最悪な事態は、身体の他の部分に広がる可能性があることです。そのため、気になる点は発症をどうやって防ぐことができるのかということでしょう。

この皮膚疾患は非常に一般的な自己免疫疾患ですが、正確な原因は不明です。

乾癬は、皮膚細胞の過剰な生産と蓄積を伴います。そのため、ひじ、ひざ、頭皮、さらには目の中など特定の部分に赤く、乾いた、厚く、カサカサした斑点が現れます。

乾癬の症状はその種類や治療方法によって異なり、軽度の場合もあれば重度な場合もあります。そのため、症状を抑えるためには、発症の引き金となる可能性があるものとライフスタイルの改善方法について知っておく必要があります。

乾癬が発症する原因

乾癬の症状

乾癬は、人によって現れ方が異なります。乾癬の種類と患わった人の免疫反応によって異なるのです。尋常性乾癬が最も一般的な種類であり、通常かさかさした肌に厚く光沢のある斑点が現れ、乾燥、赤み、かゆみ、時には痛みさえも伴います。

国立乾癬財団によれば、軽度の場合には身体の3%まで斑点が現れるとしています。反対に最も深刻な場合には、肌の最大10%まで影響を及ぼすとしています。

その正確な原因は不明ですが、ほとんどの場合、重要な2つの共通要因があります。遺伝と免疫システムです。また、乾癬の発症および症状を悪化させる特定の環境やライフスタイルの要因があります。避けるのが難しいものもありますが、リスクを下げるためにできることもあります。

最も一般的な要因は次の通りです。

  • 身体のあらゆる部分の感染症
  • タバコを吸う
  • 切傷や火傷
  • 継続的にストレスを感じている
  • 天候からまたは暖房による部屋の乾燥した空気
  • アルコールの過剰摂取
  • 特定の薬の服用(リチウムや高血圧用の薬など)
  • ビタミンDの欠乏
  • 過体重または肥満

こちらもご参考に:皮膚の真菌感染に効く15の自然療法

乾癬の症状を抑えるには?

乾癬の症状を抑え、特に身体の他の部分に広がるのを防ぐためには、ライフスタイルを改善することです。これにより、発症の可能性を減らし、治療をより効果的にすることができます。

1.健康的な食生活を送る

乾癬の症状

健康的な食生活を維持することは、乾癬の発症や悪化を防ぐためにできる重要な習慣の1つです。乾癬に悩んでいる人にとって、食生活を正すことは不可欠です。

アルコールは大きな引き金になるので、全く摂取しないまたは最小限の摂取に抑える必要があります。また、グルテンや刺激を引き起こす可能性のある食材の摂取も減らしましょう。

代わりに、オメガ3、ビタミンD、および抗酸化物質が豊富な食材の摂取を増やします。例えば、野菜、フルーツ、魚油はこれらの代表です。

しかし、人によって必要な栄養素が異なるので、医師に相談して一緒に計画を立てるのが最善です。

2.タバコをやめる

乾癬患者にとって、タバコはアルコールと同じくらい有害です。実際タバコを吸うことが、乾癬の発症の主な原因の1つであると考えられています。

そのため、タバコを吸っていて乾癬の症状を抑えたい場合には、禁煙するかまたは最小限まで減らしましょう。禁煙の手助けはたくさんあります。

3.肌を守る

乾癬の症状

スキンケアは、乾癬の発症の予防にとても重要な役割を果たしています。この病気は直接健康に影響を与えるので、環境要因から肌を守るために習慣を強化しましょう。

日焼け、汚染、切傷は症状を悪化させます。そのため、次のことを覚えておくといいでしょう。

  • 毎日日焼け止めを塗ります。アレルギーを引き起こさない低刺激性のものを使用しましょう。
  • 敏感肌用のクリームを使用して、肌の潤いを保ちます。さらに、日中にたくさんの水分を摂取し、身体の中からも潤わせるようにしましょう。
  • また、切傷やかすり傷にも注意し、早い回復のために適切な治療を施します。100%純粋の蜂蜜の使用がお勧めです。
  • 可能であれば、家やオフィス、または多くの時間を費やす場所に加湿器を設置します。これで乾燥を最小限に抑えることができます。
  • 香水や他の刺激の強い化学物質の使用を避けます。
  • 熱いシャワーを避けます。

こちらもご参考に:肌の健康に役立つ生姜を使った6つの自然療法

4.ストレスを管理する

ストレスを感じているときに、乾癬が悪化するのは珍しいことではありません。さらに、乾癬の症状が悪化したり、改善されていない場合にストレスを感じるのは普通です。しかし、ストレスはこの症状に悪影響となるので、ストレスを管理することが重要です。

ストレスを軽減するために、次のことを試してみましょう。

  • 柔軟な時間帯で働けるようにします。
  • 楽しいアクティビティに時間を割きます。
  • 家族や友達と過ごしましょう。
  • 食生活や運動を通して、健康な身体を保ちます。
  • 呼吸法などリラックスできる習慣を取り入れます。ヨガや瞑想もお勧めです。しかし、他にもたくさんのリラックス法があります。

5.よく眠る

乾癬の症状

中断することなく、最低でも7~8時間寝ましょう。睡眠は乾癬の発症の予防に驚くべき効果があります。

適切な睡眠スケジュールを取り入れることで、免疫システムを強化し、ストレスを軽減し、理想的な体重を維持することができます。乾癬の症状を抑えるために、これらすべてが一緒になって良い影響を与えてくれるでしょう。

しかし、乾癬の症状が睡眠の妨げとなることもまた事実です。そのため、夜に快適なパジャマを着るなど簡単な戦略を取り入れましょう。そして、部屋を快適な環境にして、パソコン、携帯など気を散らすものの使用を避けます。

これらの方法を使って、乾癬の症状を抑えましょう。さらに、症状の状態を検査するために定期的な健康診断をして、他の治療方法についても聞いてみましょう。

  • Afifi, L., Danesh, M. J., Lee, K. M., Beroukhim, K., Farahnik, B., Ahn, R. S., … Liao, W. (2017). Dietary Behaviors in Psoriasis: Patient-Reported Outcomes from a U.S. National Survey. Dermatology and Therapy. https://doi.org/10.1007/s13555-017-0183-4
  • Armstrong, A. W., Harskamp, C. T., Dhillon, J. S., & Armstrong, E. J. (2014). Psoriasis and smoking: A systematic review and meta-analysis. British Journal of Dermatology. https://doi.org/10.1111/bjd.12670
  • Chapman, A., & El Miedany, Y. (2017). Psoriasis. In Comorbidity in Rheumatic Diseases. https://doi.org/10.1007/978-3-319-59963-2_4
  • Menter, A., Gottlieb, A., Feldman, S. R., Van Voorhees, A. S., Leonardi, C. L., Gordon, K. B., … Bhushan, R. (2008). Guidelines of care for the management of psoriasis and psoriatic arthritis. Section 1. Overview of psoriasis and guidelines of care for the treatment of psoriasis with biologics. Journal of the American Academy of Dermatology. https://doi.org/10.1016/j.jaad.2008.02.039
  • Basavaraj, K. H., Navya, M. A., & Rashmi, R. (2011). Stress and quality of life in psoriasis: An update. International Journal of Dermatology. https://doi.org/10.1111/j.1365-4632.2010.04844.x
  • Gupta, M. A., Simpson, F. C., & Gupta, A. K. (2016). Psoriasis and sleep disorders: A systematic review. Sleep Medicine Reviews. https://doi.org/10.1016/j.smrv.2015.09.003