爪のささくれからくる炎症を抑える6つの自然療法

· 2月 11, 2019
いつの間にか爪のささくれができ、赤くなり、膨れて痛い…そんな経験はありませんか?

いつの間にか爪のささくれができ、赤くなり、膨れて痛い…そんな経験はありませんか? これは爪の周りの皮膚が感染を受けているのです。赤く痛みを伴い、敏感になり、時には膿を伴う場合もあります。

爪のささくれからくる炎症の大部分は深刻なものではなく、放っておいても自然に治ることが多いでしょう。ですが、痛みを軽減したい場合、深刻な状態になるのを予防するには何らかの処置をするべきでしょう。ラッキーなことに、市販の薬を使わずとも症状の軽減を助ける方法はあるのです。

今日は、爪のささくれからくる炎症を抑える6つの自然療法をご紹介します。

 

1. タイムの抽出液

爪の炎症を抑える6つの自然療法、タイム

タイムは炎症した爪のささくれの改善を促す抗炎症作用、抗菌作用のあるハーブです。燃えるような痛みを抑え、感染を予防する働きが期待できるでしょう。

材料

  • タイム 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を火にかけて沸騰させる。火を止めてタイムを加え、蓋をする。
  • 10分蒸らしたら液を漉す。

使い方

  • コットンボールを液に浸す。これを爪の炎症が気になる部分に塗布する。
  • 10分程そのままにしておく。1日2回行う。

こちらもお読みください:爪カビに効く自然療法

2. 玉ねぎ

玉ねぎには爪のささくれからくる感染の回復を促進する抗菌作用をもつ硫黄が含まれています。直接幹部に塗布することで、炎症を改善し、ダメージを受けた皮膚の再生を促してくれるでしょう。

材料

  • 玉ねぎ 1/2個
  • 水 1/4カップ(62ml)

作り方

  • 玉ねぎを適当な大きさに切る。水と一緒にブレンダーに入れ、撹拌する。

使い方

  • 玉ねぎをドロドロにしたものを、爪に塗布する。20〜30分そのままにしておく。
  • ぬるま湯で洗い流す。1日2回行う。

3. にんじん&蜂蜜

爪の炎症を抑える6つの自然療法、にんじん

にんじんの保湿、再生効果と蜂蜜の抗菌作用を組み合わせることで、爪のささくれからくる炎症に効果的なトリートメントを作ることができるでしょう。にんじんと蜂蜜に含まれる栄養が肌を修復し、痛みを取り除いてくれるでしょう。感染を引き起こす要素から爪を守る働きも期待できるでしょう。

材料

  • にんじん 1本
  • 蜂蜜 大さじ⒉(50g)

作り方

  • にんじんをブレンダーにかけてペーストにする。蜂蜜を入れて混ぜる。

使い方

  • 爪の炎症している部分に塗布する。30分程そのままにしておく。
  • ぬるま湯で洗い流し、丁寧に拭く。
  • 炎症が良くなるまで毎日行う。

4. にんにく&オリーブオイル

にんにくは、爪のささくれからくる感染によって皮膚に傷ができるのを予防する天然の薬として古くから使われてきました。にんにくだけでも効果はありますが、オリーブオイルと組み合わせることで、さらなる効果が期待できるでしょう。オリーブオイルには再生、保湿効果があるとされています。

材料

  • 生のにんにく 1片
  • オリーブオイル 大さじ1(16g)

作り方

  • 生のにんにくをフードプロセッサーなどでペーストにする。ペーストになったらオリーブオイルを入れて混ぜ合わせる。

使い方

  • 爪のささくれや炎症が気になる部分にペーストを塗布し、絆創膏を上に貼ってカバーする。
  • 一晩中そのままにしておく。爪の炎症が癒えるまで継続して行う。

こちらもお読みください:足の巻き爪 を正しく治す方法

5. エプソムソルト

爪の炎症を抑える6つの自然療法、塩

エプソムソルトは天然の防腐剤として働きます。爪のささくれから炎症を起こすのを予防してくれるかもしれません。エプソムソルトで作った塩水を使うことで肌が柔らかくなり、死んだ古い肌細胞を取り除き、肌の再生を促す働きが期待できるでしょう。

材料

  • エプソムソルト 大さじ3(45g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 熱湯にエプソムソルトを入れて溶かす。

使い方

  • エプソムソルトを溶かした水で炎症が気になる部分を洗う。または20分程つけておく。
  • 炎症に改善が見られるまで毎日行いましょう。

6. ターメリック&マスタードオイル

ターメリックとマスタードオイルを混ぜたものからは、抗炎症効果、鎮痛効果が期待できるでしょう。炎症を起こした爪からくる皮膚の痛みや過敏さを和らげてくれるかもしれません。抗酸化物質が含まれていますので、ダメージを受けた組織の再生を促し、真菌や細菌をブロックする保護層を作り出すのを助けてくれます。

材料

  • ターメリック 小さじ1(5g)
  • マスタードオイル 大さじ1(15g)

作り方

  • ターメリックとマスタードオイルを混ぜ合わせてペーストを作る。

使い方

  • 爪の炎症が気になる部分にペーストを擦り付ける。30〜40分そのままにしておく。
  • ぬるま湯で洗い流す。1日2回行いましょう。

爪の周りが赤くなっていたり、ささくれが見られるときには、今日ご紹介したような方法を行うと治りが早くなるかもしれません。また、爪の炎症を繰り返すのを防ぐには、皮膚の保湿を忘れないことです。爪の周りもお忘れなく!

Pazyar, N., Yaghoobi, R., Rafiee, E., Mehrabian, A., & Feily, A. (2014). Skin wound healing and phytomedicine: A review. Skin Pharmacology and Physiology. https://doi.org/10.1159/000357477

Anand, P., Thomas, S. G., Kunnumakkara, A. B., Sundaram, C., Harikumar, K. B., Sung, B., … Aggarwal, B. B. (2008). Biological activities of curcumin and its analogues (Congeners) made by man and Mother Nature. Biochemical Pharmacology. https://doi.org/10.1016/j.bcp.2008.08.008

Akbik, D., Ghadiri, M., Chrzanowski, W., & Rohanizadeh, R. (2014). Curcumin as a wound healing agent. Life Sciences. https://doi.org/10.1016/j.lfs.2014.08.016

Yang, J. Y., Yang, S. Y., & Chen, W. F. (2012). Onion flap: A novel technique for reconstruction of burn nail deformities. Journal of Trauma and Acute Care Surgery. https://doi.org/10.1097/TA.0b013e3182478c5e

Burak, T. (2014). Epsom Salt.