潰したニンニクで足の巻き爪を治す方法

8月 14, 2018
ニンニクには抗菌作用がありますので、巻き爪の痛みや炎症を緩和し、素早い回復を促してくれるでしょう。

潰したニンニクで足の巻き爪を緩和することができるって知っていましたか?

今日は、足の巻き爪からくる炎症や感染を抑え、症状を和らげる効果的な自然療法をご紹介します。

美容の問題以上に、足の巻き爪は痛みを伴う嫌なものです。

足の巻き爪に悩む人は実際のところ多く、足の専門医を訪れる患者の主な理由の一つが巻き爪だというくらいです。

巻き爪ができる理由

巻き爪となってしまう一番の原因は爪を正しく切っていないことです。

足の爪はスクエア型に切りましょう。爪の端は丸くしてはいけません。丸くすると爪は内側に成長しようとし、巻き爪となりやすくなります。

足のサイズに合っていないきつい靴を履いている、というのもまた、巻き爪となる原因の一つです。

また、変形性関節症の人も過剰に皮膚が成長するため、巻き爪となるリスクが高いようです。

足のトラブルは放っておかず、気になる点があればすぐに専門医を受診するようにしましょう。

巻き爪

巻き爪の種類

巻き爪を治したり爪を切る際には、巻き爪には2種類あるということを常に頭に置いておきましょう。どちらの種類も炎症、痛み、感染、足の指の皮膚のはがれを引き起こします。

  • 爪の角が足の指の側面に貫通するもの
  • 爪が足の指の上部に曲がりこむもの

巻き爪になる人は何度もなる傾向にあるようです。そのため、自然療法で治療をするのに加え、再発防止のためにも足専門の医師のアドバイスを受けると良いでしょう。

ニンニクって効果あるの?

ニンニクは食べるのはもちろん、外用として使ってもヒーリング効果が得られるスーパーフードです。食事の風味付けとして使えるだけでなく、抗酸化作用と抗菌作用が豊富なことで知られています。

ニンニクの効能はたくさんありますが、主なものを以下に挙げましょう。

  • 殺菌剤、抗ウイルス剤、抗菌剤として働く
  • 肌にとって重要な栄養素である
  • 免疫系を強化する
  • 循環を改善し、心臓の病気を予防する
  • 風邪やインフルエンザからの回復を促す
  • 体から重金属を取り除き浄化する
  • とても優れた抗酸化物質である

こちらもお読みください:巻き爪を防ぐ方法

巻き爪を治療する方法

水と塩の療法

まずは、巻き爪の痛みを緩和しなくてはいけませんね。

巻き爪の痛みを緩和するには、塩水を温めたものを用意し、数分間足を浸しましょう。温かい塩水に足を浸すことで足の爪が柔らかくなり、処置しやすくなります。小さなハサミか爪切りで慎重に爪をカットしましょう。

ただし、巻き爪が深い場合は専門医に任せましょう。巻き爪が深すぎると手術で切らないといけない場合もあります。麻酔が必要となるでしょう。

巻き爪のある方はどうか無視せず対処しましょう。

女性の足

潰したニンニク療法

巻き爪対策として、古代から使われてきた方法の一つにニンニク療法があります。ニンニクには天然の抗菌作用があるからです。同時に、痛みや炎症を緩和してくれるでしょう。

材料

  • ニンニク 1片
  • アロエベラジェル 大さじ1
  • 絆創膏 1枚

作り方

  • ニンンクを潰してペースト状にします。
  • 直接皮膚に塗布しても良いですし、アロエベラジェルを塗ってからでも構いません。
  • ニンニクを半分に切り、それを巻き爪の部分に擦り込むようにしても良いでしょう。

こちらもお読みください:ヘルシーなアロエベラゼリーの作り方

使い方

  • ニンンクペーストを巻き爪の部分に塗布し、絆創膏を貼りましょう。
  • 30分おいたら終了です。これを8時間ごとに繰り返しましょう。寝る前に貼り、一晩おいても構いません。
  • 敏感肌の方はアロエベラジェルを先に塗ってからニンニクペーストを塗布しましょう。皮膚への刺激が軽減されるでしょう。
  • 巻き爪の改善が見られるまで、数日間繰り返しましょう。
あなたへおすすめ