ヘルシーなアロエベラゼリーの作り方

10月 11, 2016
この記事でご紹介するアロエベラゼリーは、保存料などの化学添加物を使わず、自然の材料のみを使って作るヘルシーなゼリーです。

アロエベラから取れるジェルは、さまざまな地域で重宝されています。たんぱく質の形成に欠かせない19種類の必須アミノ酸を含み、栄養豊富な上、傷の治療などにも利用できますし、天然の防腐作用があることもわかっています。

また抗炎症作用もあるため、関節炎、便秘、潰瘍などの症状の治療にも役立ちます。

アロエベラジェルは肌に塗ったり、化粧品の材料に使ったりするだけでなく、ジェル状のテクスチャーを生かしてナチュラルゼリーの材料として使うなど、さまざまなレシピの材料として毎日の食生活に取り入れることもできます。定期的に摂ることで、代謝の促進や、体内に蓄積された毒素の排出にも効果があります。

この記事では、家庭で簡単に作れるアロエベラゼリーのレシピをご紹介します。

アロエベラゼリーの特徴

natural-aloe-vera-jelly

この記事でご紹介するゼリーは、カロリーで、さまざまな健康効果があり、100%自然の材料のみを使います。

フルーツで作る市販のジャムやゼリーとは異なり、白砂糖や食品添加物は使いません。アロエベラジェルと、オーガニックの砂糖、りんごの皮や芯の部分に含まれている食物繊維であるペクチンなどを使って作ります。

ペクチンは液体をゼリー状にするために使います。家庭で簡単に抽出することができ、ナチュラルなゼリーには必須の材料です。

自家製ペクチンの作り方

how-to-make-homemade-pectin

ペクチンを抽出するには、オーガニックのりんごを選ぶことと、網目の細かい袋・漉し器でしっかり漉すことが大切です。

材料

  • りんごの皮と芯 900グラム
  • 水 1.7リットル

作り方

  • まず、大きい鍋にりんごの皮と芯を入れ、水を加えてください。柔らかいピューレ状になるまで、中火で煮込みましょう。
  • ピューレができたら、火を止めて数分間冷ましてから漉してください。
  • ゼリーを作り始めるまで、ボウルに入れて置いておきましょう。

アロエベラゼリーの作り方

jelly-recipe

このゼリーに欠かせないもう一つの材料はレモンです。レモンは栄養豊富なだけでなく、天然の保存料として作用し、ゼリーの保存可能期間を伸ばしてくれます

アロエベラジェルは、加熱しすぎると栄養分が減少してしまうため気を付けてください。シロップに、アロエベラジェルやレモンの果汁よりも先にペクチンを加えるのがコツです。

用意するもの

  • アロエベラジェル 2カップ(500グラム)
  • オーガニックの砂糖 1と1/2カップ(350グラム)
  • 水 350ミリリットル
  • ペクチン 1テーブルスプーン(20グラム)
  • レモンの果汁 1テーブルスプーン(20ミリリットル)
  • ガラスの瓶

作り方

  • まず、鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、シロップを作ります。
  • 砂糖が完全に溶けるまで、木のスプーンでかき混ぜましょう。
  • 長く火にかけすぎるとシロップではなくキャラメルになってしまうため、加熱時間に気を付けてください。
  • シロップができたら火を止めましょう。数分間冷ましてから、ペクチン、アロエベラジェル、レモンを加えてください。
  • 全体が均一になるまで、よく混ぜましょう。その後、弱火にかけてください。
  • 好みのかたさになったら、蓋つきのジャーなどに移してください。

食べ方

  • そのまま食べることはもちろん、フルーツなどと一緒に食べてもおいしいです。
  • 朝にテーブルスプーン1杯、午後にテーブルスプーン半分の量を摂りましょう
  • 胸やけや炎症などの症状がある場合は、もう1杯、食べる量を増やしてください。
  • 天然の緩下剤としての作用もあるため、摂りすぎないよう気を付けてください。

このレシピが気に入ったら、早速ご自宅で作り、食生活に取り入れてみてください

アロエベラゼリーを習慣的に摂ることで、消化が促進されますし、ダイエットや病気予防にも役立ちます。

あなたへおすすめ