爪水虫を予防する方法

10月 3, 2016

つま先にできる爪水虫は一般的な疾患ですが、爪水虫の原因となる真菌はゆっくりと時間をかけて広がっていくため、症状がひどくなるまで放置されてしまいがちです。

足の爪は、手の爪の3倍遅いスピードで伸びると言われています。そのため、爪の水虫に気づいた時にはかなり進行していることが多く、その時にはすぐに治療を始めなくてはいけません。

爪水虫はとても厄介な皮膚疾患です。まずは爪水虫を予防する方法を学びましょう。

つま先、特に爪にできる水虫の正式名称は爪真菌症です。爪水虫の完治には長い時間がかかるため、忍耐と時間が必要です。

爪水虫は自然療法や外用薬による治療が効果を発揮する疾患です。この記事では「爪水虫の予防方法」に焦点を当ててご説明します。

原因

水虫の原因の一つに足の「汗」があります。足が湿気や汗にさらされる夏に水虫や爪水虫が多く発生するのはこのためです。

プールや浴室を使用する機会が増えるに従って、感染症にかる可能性も増加します。ご存知の通り、水虫は湿気で簡単に増殖しますので、足をすぐに乾かすように注意して過ごしましょう。

症状

水虫の症状には爪の色の変色や、爪の厚さの変化があります。また強い臭いを伴う症状もあります。

水虫は爪だけではなく、足の指の間にもすぐに広がっていきますので、症状の悪化を防ぐためにもすぐに治療を始めてください。

また、爪水虫は非常にゆっくりと時間をかけて増殖していきますので、初期段階で見つかれば、すぐに治療して治すことができます。初期段階で運良く爪水虫を発見したらすぐに医師の診察を受け、専門医の治療を受けてください。

ただしほとんどの場合は、爪の色や厚さが変わってから気づくため、爪に水虫が広がり、治療が長期間に及ぶこともあります。

今後はつま先や足の変化に常に注意を払うように心がけてください。爪水虫の予防だけではなく、その他の炎症や疾患の予防や早期発見につながります。

爪水虫から足を守るには?

feet-11

  • 必ず靴を履き、靴と足を清潔に保ちましょう。爪水虫は暗く高温多湿の場所を好みます。足の通気をよくし、足が蒸れるのを避けましょう。
  • ジムのシャワールーム、プールなど、多くの人が裸足で歩く場所を裸足で歩くのはやめましょう。
  • シャワーをあびた後、足が濡れていたり汗をかいていたら必ず乾かしてください。
あなたへおすすめ