椎間板ヘルニアの兆候とは?

10月 13, 2015

多くの人が椎間板ヘルニアを患っています。この病気はたいへんな痛みを伴う深刻なものですから、その兆候について知っていたほうがよいでしょう。人間の背骨というのは多くの複雑な器官からなっています。骨、筋肉、靭帯などがあなたの体にいつ問題を引き起こしてもおかしくないのです。どうしてでしょうか。

1.椎間板ヘルニアとは

ヘルニア

背骨の中にあり、痛みや不快感の原因ともなる椎間板とは何でしょうか。あなたの背骨のそれぞれの骨の間には、内部は柔らかく、外側は硬い膜でおおわれている組織がはさまれています。それらは衝撃吸収材として機能していて、あなたがどんなふうに動いても、それに応じて自らの形を変え、その役割をはたしてくれています(この組織こそがヘルニアを起こす椎間板です)。時にこの椎間板が破れてその内部組織が外側へ飛び出すことがあり、その場合、衝撃吸収の機能が失われるだけでなく、神経を圧迫して痛みを引き起こすことになります。

 

2.どうして椎間板ヘルニアになるのか

腰痛

主な要因は加齢です。年をとるにつれて、背骨は柔軟性を失っていき、椎間板も硬くなっていきます。椎間板周囲の靭帯が切れてしまうこともあります。そして、椎間板は水分を失って変性し、さらに硬くなっていきます。もしあなたが痛みがあるけれどもその理由がよくわからないのならば、椎間板ヘルニアの兆候を知っておくのがよいでしょう。

 

3.椎間板ヘルニアの兆候

腰痛2

まずはじめに、どこに痛みを感じるか、ということが重要です。それによって、ヘルニアがどこで起きているかがわかります。

・もし、足が痛かったり、しびれがあったり、重く感じたりするのであれば、腰椎部でヘルニアが起きている可能性があります。背中に不快感があるなら、背部でヘルニアが起きているのでしょう。そして首や腕にコリや痛みがあるのなら、頸部のヘルニアである可能性があります。

頸部ヘルニアの兆候:首の痛みや、肩こり、首を振り向きづらい、首から肩、手にかけてのひきつりやけいれんなどがそれにあたります。吐き気を感じたり、失神することもあるかもしれません。これ以外によくあるのが夜間の手や腕のしびれです。それから、重量のあるものを運ぶのに困難を感じるかもしれません。急に力が入らなくなり物を落としてしまうのです。これはやっかいな症状であり、あなたを無力にしてしまいます。

腰椎ヘルニアの兆候:この場合、痛みのもとは腰部です。この痛みはいままでに経験したことのないような強いもので、背中をまっすぐにしたまま動けないほどでしょう。ひきつりや筋肉のこわばりは足のほうへもおよびます。放散痛や坐骨神経痛として知られているものです。痛みを感じたり、うずいたり、あるいは足に力が入らなかったり、失禁したりさえすることがある、とこの病気の患者の多くが言っています。これらは極端なケースかもしれませんが、起こりうることです。これらの症状がみられたら、直ちに医師の診察をうけましょう。

(※坐骨神経 腰から尻の後ろ側をへて足に広がっている神経のこと)

放散痛について:あなたが体のある部位に痛みを感じているがその原因は別のところにある場合、それを放散痛といいます。たとえば、ヘルニアは背中で起こっているのに、足に痛みを感じる場合などがそれにあたるでしょう。このとき、原因となるヘルニアは脊椎の椎間板で起こっているのです。臀部から足にかけて拡がる痛みというのはよくある症状です。このような症状があったら、神経根障害の疑いがあることを知っておきましょう。ただ、その診断を下すのはあなたではなくお医者さんです。

4.いつ診断を受ければいいのか

医者

椎間板ヘルニアの痛みは、あなたの普段通りの生活をおくることを困難にします。ふつうに歩いたり、働いたり、ものを持ったりということができなくなります。眠れなくなったり、イスに座ることができなくなることさえあります。これらの症状が2週間以上続いたら、医師の診察をうけましょう。

もし尿失禁や便失禁がある場合、医師は緊急手術が必要だと言うでしょう。この時、ヘルニアによってあなたの体が通常どおりに機能しなくなっています。深刻な状態で、すぐになんらかの手をうたなければいけません。

椎間板ヘルニアの治療は外科手術を必要とすることがよくあります。ただ心配はいりません。あなたは通常の生活にもどることができるでしょう。これまでみてきたように、ヘルニアの兆候や痛みに注意をはらってください。ささいなことでも、あなたが気づいたことを医師に告げるのをためらってはいけません。あなたの「生活の質」を保つためにはそうする必要があります。

あなたへおすすめ