健康と身体のための5つの食べ物

7月 18, 2015

食べ物の中には、私たちの健康に良くないとされるものもあります。しかし、ここ数年、数多くの研究の結果、これから紹介する食べ物は、実際にそんなに悪いことはなく、むしろその反対であることがわかりました。身体を治療する効果や様々な痛みを予防する効果を発揮することができるとわかったのです。

ここで言われるような食べ物の中には、チョコレートと緑茶も含まれていますが、これらはすでに、私たちの身体に膨大なメリットを与える食べ物と認識されてきています。しかし、同じぐらい身体に良い食べ物でも、多くが語られていない食べ物もあるのです。

最近の研究でわかったこと

アメリカ・ペンシルバニア州のスクラントン大学の研究者グループは、ポップコーンに含まれる水分量が少ないことから、抗酸化物質が濃縮されていることを発見しました。

ポップコーン

電子レンジ用に売られているポップコーンには、キャラメル、砂糖またはバター(これらは身体に良くありません)などが大量に含まれており、それによってカロリーが倍増します。より天然のものに近いものを選んでください。

紅茶

紅茶は、研究によって指摘された健康にとても良い食べ物のうちの1つです。1日3杯以上紅茶を飲む人は、冠動脈の病気にかかる可能性が最大70%も低くなります。1日最低2杯の紅茶を飲むことで、脳の機能や注意力が高まることも知られています。

コーヒー

コーヒー

コーヒーのおかげで、1日を通して元気でいることができます。2012年に行われたある研究では、コーヒーにがんを予防する効果があることが確認されましたが、飲みすぎると、神経を変性させる可能性があるため、注意が必要です。

この研究によれば、1日3杯以上コーヒーを飲む人は、口腔がんや咽頭がんにかかる可能性が50%近く低くなります。

 

卵にはコレステロールが多く含まれるため、常に良くない評判がつきまとっていました。しかし、葉酸、カルシウム、鉄分、セレンを多く含んでいることから、健康上のメリットが多く存在することに、多くの専門家が同意しています。卵は、栄養が豊富な食べ物であり、栄養豊富な食生活の一部となりうることに疑いの余地はありません。

卵は長時間満腹感を得るためにも役立ちます。また卵にはコリンという物質が含まれており、これは記憶や脳の機能、そして健康な肝臓のために、とても重要な成分なのです。

 

チーズ

チーズ

2011年にコペンハーゲン大学の研究者たちが、悪玉コレステロールの数値に対して、チーズを頻繁に摂取する食生活の効果を検証しました。この研究でわかったことは、より多くのチーズを食べる人は、悪玉コレステロールの数値が上昇しなかったということです。それどころか、バターを摂取するのをやめ、より多くのチーズを食べるように切り替えたところ、数値は下がっていきました。

研究者たちは、チーズにはカルシウムに関係のあるタンパク質がより多く含まれることで、身体が悪玉コレステロールをよりコントロールすることができるようになったのだと結論づけました。だからといって、あなたをチーズだけを食べる変わり者にしたいという訳ではありません。この食べ物には脂肪が豊富に含まれるため、過剰に摂取すべきではないことは、忘れないでいてください。

あなたへおすすめ