糖尿病患者が新型コロナウイルスから身を守る方法

5月 23, 2020
新型コロナウイルスの感染が蔓延しているため、他のリスクグループと同様、糖尿病患者は正しい予防策を講じる必要があります。この記事では、糖尿病を発症している人が、新型コロナウイルスから身を守るのに役立つ方法を紹介します。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界中でパンデミックとなっている中、糖尿病患者の多くとその介護者は、正しい予防策を講じる必要があります。

新型コロナウイルスのパンデミックはつい最近始まったことであり、現段階では、私たちがまだ知らないことがたくさんあります。

今回は、現在までにわかっている情報を元に、糖尿病患者が新型コロナウイルスから身を守るのに役立つ方法をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染経路や作用機序、病態生理などに関する正確な情報はありませんが、高齢者、免疫力が低下した人、糖尿病患者など、特定のリスクグループが明らかになっています。

新型コロナウイルス(COVID-19)は、通常の状態では致命的ではないと考えられていますが、前述のリスクグループはより深刻な合併症を引き起こし、危険な状態に陥る可能性があると報告されています。

今回の記事では、リスクグループの一つである糖尿病患者と予防に役立つ戦略についてお話します。

また、糖尿病患者のケアに役立つ食生活のヒントとの関連についても説明します。

糖尿病がある場合の新型コロナウイルス予防

糖尿病患者が新型コロナウイルスから身を守る方法 手洗いの大切さ

一般の予防措置と同じように、糖尿病患者は新型コロナウイルスの拡散を防ぐために手洗いが不可欠です。

専門家によると、新型コロナウイルスは一部の表面に長時間生息する可能性がありますが、石鹸、水、そしてアルコールに弱いとされています。

そのため、頻繁に手を洗うことが重要です。また、携帯電話をはじめとする電子機器を含めて、自分が触れるものや他の人が触れたものを消毒してください。

できる限り家を出ず、他人との接触を避けることが最善の方法です。

海外では「ソーシャルディスタンス」と呼ばれる社会的距離が推奨されています。

これは、話をする時などの唾液の飛沫感染を防ぐため、人からは1.8mから離れ、この距離を保つことです。

食べ物が新型コロナウイルスを広めることを示す研究はありませんが、起こり得るリスクを回避するために、全ての食べ物を完全に調理することが最善の策でしょう。

続きはこちらから:新型コロナウイルスの予防法

糖尿病がある場合の新型コロナウイルスへの対処法

深刻な症状がない限り、病院に行くのは良い考えではありません。

新型コロナウイルスへの対処方法は、できる限り効果的に予防措置を行うことが最善の方法だとされています。

ただし、病院の番号は常に手元に用意してください。

新型コロナウイルスには潜伏期間があるため、潜伏期間と感染が拡大している期間が終了するまで自宅で自主的に隔離措置を取ることが大切です。

そのためには、健康的な食生活を維持するための食品と、血糖値をコントロールするための処方薬が十分にあることを確認してください。

糖尿病患者が新型コロナウイルスに感染した場合やその疑いがある場合は、すぐに医師に連絡して、ブドウ糖をコントロールする頻度を知ることをお勧めします。また、医師の指示がない限り、薬の服用を中止しないでください。

鎮痛剤の服用が、新型コロナウイルスの進行を複雑にしていると考える専門家がいますが、これは証明されている研究結果ではありません。

大切なのは、自己判断で薬を飲まず、薬を飲む場合は、必ず医師の指示に従ってください。

炎症と新型コロナウイルスに対する食事療法

糖尿病患者が新型コロナウイルスから身を守る方法 食事の大切さ

糖尿病がある場合は、医師の指示による健康的でバランスの良い正しい食事療法を維持することで、新型コロナウイルスから身を守ることができます。

新型コロナウイルスは、人々の生活を危険にさらす可能性のある肺炎を引き起こしますが、健康的な食生活を維持することで、炎症を軽減するのに役立つと考えられています。

一部の研究によると、ニンニクや葉野菜などの特定の食品には、抗炎症作用があることがわかっています。

糖尿病患者は、新型コロナウイルスから身を守るためにこれらの食品が推奨されています。

新しい研究ではターメリックが肺の問題を予防して、改善するのを助けることができると示唆しています。ターメリックの持つ抗酸化作用と抗炎症作用の働きにより、様々な病気の治癒過程に役立つとも考えられています。

こちらからさらに詳しく:米国で新型コロナウイルスワクチンの臨床試験が開始

糖尿病患者が新型コロナウイルスを予防するのに役立つ最後のヒント

現段階では、新型コロナウイルスに関して多くが解明されているわけではないため、糖尿病やその他のリスクグループに属する人は、最新の注意を払うことが大切です。

できるだけ頻繁に手洗いや表面の消毒を行うことが大切ですが、最も大切なのは、本当に必要でない限りは外出しないことです。

前述のリスクグループに属する人々は重篤な症状に苦しむ可能性が高くなるため、症状が出た場合の対処法を知っておく必要があります。

医師からの食事療法のアドバイスに従うことは、糖尿病の症状を改善するのに役立ちますが、新型コロナウイルスは新しい感染症なので、糖尿病患者への具体的な研究はまだありません。

現在、新型コロナウイルスのパンデミックにより、医療制度の崩壊が危惧されています。

私たちにできるのは、どうしても必要な場合を除いては、病院に行くのを控えてできるだけ自宅で過ごすことです。

新型コロナウイルスの症状が現れたり、疑わしい症状が見られる場合は、すぐに病院か医師に連絡してください。

  • Lelli D., Sahebkar A., Johnston TP., Pedone C., Curcumin use in pulmonary diseases: state of the art and future perspectives. Pharmacol Res, 2017. 115: 133-148.
  • Xu C., Mathews AE., Rodrigues C., Eudy BJ., et al., Aged garlic extract supplementation modifies inflammation and immunity of adults with obesity: a randomized, doublé blind, pacebo controlled clinical trial. Clin Nutr ESPEN, 2018. 24: 148-155.
  • Wu Z., McGoogan JM., Characteristics of and important lessons from the coronavirus disease 2019 (COVID-19) outbreak in China: summary of a report of 72314 cases from the chinese center for disease control and prevention. JAMA, 2020.