とても簡単!毎月の節約法4選

5月 31, 2018
光熱費などの毎月の支払いやローンなどにより、なかなか節約できない人が多くいます。しかし「節約をする」と決意して、貯金する予定の金額を先に分けるなど、様々な節約法を駆使することで、一定額の貯金が可能になります。

節約は貯蓄への第一歩であり、貯蓄を行うことで、将来的な投資や人生の計画を行うときや経済的に困難な時期に直面したときに乗り切ることができます。

本記事では、毎月お金を節約する方法についてご説明します。ぜひ今後の人生に役立ててください。

貯蓄が推奨される理由

急なビジネスチャンスが飛び込んできた時、そして緊急の出費や追加費用が発生した場合には、すぐに対処できるお金を貯金として蓄えておくことが大切です。

毎日の生活の中で急に仕事を失った場合にも、1ヶ月程度は報酬を得なくても暮らして行けるようにする必要があります。

ただし、誰もが節約の習慣があるわけではありませんし、節約の利点について知らない人もいます。

いつ現金を使い、いつクレジットカードを使うべきかご存知ですか?

借金だらけなのに、クレジットカードの限度額を超えてしまったら?

節約と貯蓄は「将来の計画」と同義です。

「今を生きる」ことに重点を置く人は、現時点でうまくいっていても、明日になるとすべての状況が変化してしまうリスクに留意すべきであり、常に「備え」ておくことが大切です。

ただしこれは、楽しいことを我慢しろという意味ではありません。休暇、外食、週末に使うお金、衣料費などの付加的で不必要な費用をできる限り抑えることからはじめてください。

様々な店舗では多くの割引を提供しているため、ぜひ活用してください。また、光熱費の上昇など、外的要因による生活への圧迫を避けるため、節約を行いながら毎月少しずつ貯蓄してください。

節約するためのアドバイス

お金の出入りをしっかりと管理して体系化することで、節約がスムーズになります。

例えば収支を体系化することで衣服や靴、また夜のお出かけなどに使っていた「自分へのご褒美」や交際費などの中から無駄なものを見つけ、節約をより効率よく行うことができます。

ここからは節約に役立つアドバイスをご紹介します。

1. 出費を書き出す

出費を書き出す
お金を節約する最良の方法の1つは、支出を書き出してどのくらいのお金が出て行ったかをしっかりと認識することです。

買い物や支払いをした後、メモ帳やノート、またはExcelなど自分の一番楽な方法で書き留めます。

仕事中の昼食、美容院、タクシーなど、何にいくら使っているのかがわかるように、簡単な詳細を書き加えてください。どこで何にお金を使っているのかが特定できれば、不必要な費用を減らすことができます。

喫茶店やおしゃれなカフェに行く代わりに家でコーヒーを入れて飲むか、自宅で淹れたコーヒーを持って外出しましょう。またランチを外で食べるのではなく、前日にお弁当を作るのも節約の第一歩です。

2. 予算を立てる

予算
家庭における毎月の支払いや買い物などを任されている立場にある場合は、毎月どの程度の出費がありどのくらいの金額が必要になるかを知っておく必要があります。 固定経費や出費をすべて考慮し、その最大額を超過しないように注意しましょう。

例えば電気代などが上がった場合は、出費が上がるのを避けるため、電灯などの使用頻度を減らしたり洗濯の回数を減らすなど、消費電力を減らすなどして節約の工夫をしてください。

月の初めに予算を決めることで、使っていい金額とその上限を設定することができます。特に、主な家計の支出である食費や交通費、そして光熱費や通信費などを超過しないことが大切です。

3. 貯めるお金を先に取り出す節約

人々がお金を節約しようとするときの間違いの一つが「すべての支払いを済ませて残った分を貯金にまわそう」という考えです。この方法で貯金を行なっても、支出の削減つまり節約にはほとんど役立ちません。

最もおすすめの方法は、給料などの収入の約10%を、必要な場所(安全な預金口座、自宅のベットの下、投資した先)に先に入れておき、支払いが済んだら、通常の貯金を行なっている口座に入金することです。

また貯金を始めたら、どのような状況で「のみ」そのお金をおろすことができるのかをしっかりと決める必要があります。

せっかく貯金をしても、何かあるごとに使っていては貯まりません。貯金をしている口座のお金を使うときは、怪我や病気などの緊急の医療費や車などの故障をはじめとする緊急に大きな額のお金が必要な時にのみ行うと決めましょう。

4. 出費とローンの額を減らす

出費を減らす

財政の改善と将来の計画を立てるためには不可欠なステップの一つが出費とローンの額を減らすことです。 まずクレジットカードの分割払いをやめて、払える分は完済することをお勧めします。利息などに余分なお金を取られるのを避けるためです。

次はのステップは毎月の支出を減らすことです。

外食や週末の外出にいくら使いますか?

これまで毎週末出かけている人や外食している人は、1回に減らし、気が向いたときに洋服を買っている人は、特別な行事のときにのみ洋服を買うようにしてください。

収入に対して支出が多い人は、この方法によって、毎月の支出がやや「穏やか」になり、お金を節約することができます。

あなたへおすすめ