電気代を節約する方法7選

6月 14, 2018
消費電力を著しく減らすことで、電気代を減らすことができる方法があります。そのいくつかをこの記事にて説明しましょう。

予算的に問題がある、または地球を守りたい、あるいは両方の理由から、電気代を節約したいと思うことがあるでしょう。この記事では、電気代を節約できるアドバイスをいくつかご紹介したいと思います。この節約法は、日常習慣をいくつか変えるだけで、請求額を大きく下げることができる方法です。

電力を節約するコツ

電気代の請求書を見て、金額が先月よりも高かったのなら、次のような点に注意を払いましょう。節約するからといって、いつも暗くしたり、早く就寝する必要はありません。ある方法を実践したり、習慣を変えたりするだけで十分です。例えば、以下のようなものです。

1.電力関係に詳しい専門家を雇う

電気技術士

このアドバイスは、余分に費用を払わなければいけないので、場違いなアドバイスのように見えます。しかし、これは長期的な投資です。専門家は、屋内の空気が窓から外に漏れ出ているかどうかや、エアコンや電化製品が正常に機能しているかどうかを教えてくれます。あるいは、ある機器が通常以上の電力を使用していることを教えてくれたりもします。

2.省エネ家電を買う

電力技術士がキッチンの家電や洗濯機が異常に電力を使っていると教えてくれたとしたら、節電するためにより最新式の家電を買う時期かもしれません。

家電についてくる省エネルギーラベルに注目しましょう。こうした情報は、冷蔵庫、冷凍庫、食洗器、洗濯機、乾燥機、はたまた電球まで、ほぼ全ての家電に表示されています。

省エネ家電はかなり値が張ったりしますが、電気代を減らすのには大変役立ちます。

3.ドアや窓に断熱材を装備する

正面玄関と窓

断熱材は自分で装備することもできますが、誰かを雇うこともできます。ただ、大事なことは、室内の温気や冷気を逃さないためにドアや窓に断熱材が正しく装備されていることです。家を断熱するにはシリコンガンやちょっとしたパテ、粘着性のパッドテープなどで十分です。これらが唯一の方法というわけではありませんが、一番実用的です。

また、カーテンをつけたり、絨毯を敷いたりすることで、屋内の熱を閉じ込めることができます。例えば、冬には、カーテンが「低温点」を除去してくれますし、夏には、カーテンが暑さを遮断してくれます。屋内の換気をするには、日没頃に窓やブラインドを開けましょう。

4.家にある電化製品を正しく使う

毎月の消費電力のほとんどは家電から来ています。そのため、家電を効率的に使うことで電気代を節約することができます。例えば、電力を一番使う家電である冷凍庫に氷の層が5ミリ以上積もっていたら、冷凍庫を解凍しましょう。また、ドアがしっかり閉まっていることを確認しましょう。

洗濯機を使う時は、冷水で短時間洗う選択をしましょう。洗濯機に入れる服の量が洗濯機で洗える上限に達するまで、洗う頻度を少なくするのもよいでしょう。これは食洗器を使う時にも言えることです。更には、服にアイロンがけをする時は、アイロンの熱をマックスにせず、使わない時は、コードをコンセントから抜きましょう。

IHコンロの場合は、使ったコンロの場所の予熱を使って、同時に数種類もの食べ物を作ってしまったりしましょう。消費電力におけるもう一つの大きな要因は、テレビやオーディオ機器、コンピューターなどの「待機電力」です。待機状態になっていることによって、使っていなくても電化製品は思っている以上に電力を使っています。ですから、使っていない時は、電源をオフにしましょう。コンセントから電源コードを抜く必要はありません。

5.省エネ電球を買う

電球

節電したければ、家にある電球が切れた時には、省エネタイプの電球やLED電球を買うことをおすすめします。こうした電球は少々高価ですが、そのエネルギー消費量は通常タイプのものよりはるかに低く、1万時間以上も使い続けることができます。おまけに、熱を発しません。

家庭で使う電球のタイプを変えるだけでなく、使っていない電気を消すこともおすすめします。部屋を出る時に誰もいないのであれば、その度に電気を消しましょう。窓やカーテンを開けて、日光による自然光を大いに活用しましょう

6.シャワー・お風呂の時間を短くする

仕事から疲れて帰ってきて長湯するのは、筋肉がほぐれるため、なんとも言えない快感です。しかし、この習慣が高い電気代の原因の一つかもしれません。ですから、お湯でシャワーをする時は、7分以上水を流しっぱなしにしないことです。

また、温水器の温度設定を低くしましょう。たとえ初期設定が60度になっていても、40度に調整しましょう。お湯を冷水に変えることで、電気代を節約することができます。

7.誰も家にいない時は、空調を入れない

エアコンのフィルター

冬であれ夏であれ、家に帰って来た時に家の中が理想の温度になっているのは誰にとってもうれしいことです。しかし、ヒーターやエアコンをつけっぱなしにしておいてはいけません。なぜなら、そうすることで消費電力がとても大きくなり、結果として電気代も高くつくことになるからです。

ですから、こうした機器は家に着いた時、あるいはその直前につけるようにしましょう。特筆すべきは、家からこうした家電を遠隔操作できるアプリがあることです。例えば、家に着く20分前にこうした電化製品をつけられるアプリがあったりします。また、電化製品によっては、その日のある特定の時間以降に電源が入るように設定できる機能がついたものもあります。

あなたへおすすめ