東洋哲学から学ぶ!自宅での節約法

日本を含む東洋の文化には、昔から家庭でお金を節約する優れた方法があります。節約を成功させる鍵は、適切な管理方法です。

お金の使いみちはいくらでもありますし、毎月の収入もあっという間に支出として出て行きます。特に月末になると家計が苦しくなることもあるでしょう。

しかし自分のお金がどこに行くのかわからないような管理方法では、最終的に何かが必要になるときに資金不足という状況に陥ります。

健全な家計を維持し、余裕を持って暮らすために高額な収入は必要ありません。必要なのは、お金を節約して管理しようという意欲、献身、そして忍耐力です。

東洋哲学には、お金をしっかりと管理して節約をすることで、必要な出費を補う方法が数多くあります。

本記事ではお金の管理方法について、日本でおなじみの方法から東洋哲学に基づく方法までいくつかご紹介します。

家計簿:日本式の節約方法

家計簿

家計簿という理念は、1904年に「羽仁もと子案・家計簿」として生まれた、日本独自の家計を管理する方法です。実は1世紀以上もの歴史を持つ家計簿は、日本国内だけではなく世界中で活用されています。現在でも羽仁もと子案の家計簿は、毎年販売されて多くの人に愛用されています。

家計簿とは、非常にシンプルな「記帳」方法です。

まず月の初めに収入と固定出費を書き込みます。これは収入として入ってくるお金、そして予め必ず出て行くお金の金額です。またこれらを記入する際に、可能であれは、他の費用にどれだけの金額を割り当てるかを決定することも大切です。

またこうした情報に基づき、貯蓄目標を設定することもできるでしょう。これは家計簿の最初の段階です。

二つ目に大切なのは、払った経費や出費をすべて書き留めることです。それぞれの出費を必ず書き留め、毎週末にはその記録を見直し、お金の出入りが適切であったかを自己評価してください。この自己評価が、今後の支出の改善へと繋がり、最終的に自宅でお金を節約するための鍵を見つけることができます。

続きを読む:家計簿をつけたことのない方へ

52週間チャレンジ

52週間チャレンジ

この52週チャレンジは、昔から伝わる節約方法ですが、現在ではその効果が見直されています。このチャレンジで大切なのは、一貫性を維持しながら忍耐強くやり遂げることです。52週間が過ぎると驚くべき効果が得られます。

基本的にこのチャレンジは、52週間毎日お金を節約します。

例えば最初の1週間は、1日100円を貯金し、2週間目は1日200円を貯金します。最終的に52週目は5200円を貯金することになります。

このように指示された通りの期間、つまり52週間が終わるまでお金を貯めて行きます。もちろん金額がどんどん上がることで家計を圧迫しては本末転倒です。そのため、上限を毎月2万円に設定することができます。

52週間のチャレンジは、逆を行うこともできます。 つまり、1週目に5200円の貯金から始まり、毎週金額を下げて行く方法です。

実はチャレンジの最初は皆やる気があるため、最初の金額が大きい方がチャレンジをやり遂げるのが簡単という意見もあります。

自宅でお金を節約するためのアドバイス

貯金

東洋文化では、何かを貯めること以上に「自制心」を大切する哲学を持っています。その結果、東洋文化では金銭の出入りを厳しく管理するライフスタイルが生み出されました。

禅の世界でも自宅でお金を節約するためのアドバイスが数多くあります。そのいくつかをご紹介します:

  • 図書館:より頻繁に図書館を利用することで、お金を使わず知識を得る楽しい時間を過ごすことができる。
  • 公共交通機関:自家用車よりも公共交通機関を活用する。可能ならば自転車や徒歩で移動することが大切。
  • 手作りの食事:職場には手作り弁当を持参すること。出費のかさむ外食は避ける。
  • タバコや酒の摂取を減らす:お金の節約だけではなく健康維持効果を促進する。
  • 水を飲む:清涼飲料水や他の飲み物を水に置き換えることで、不必要な出費を抑えるだけではなく健康維持効果がある。
  • 自分で修理:修理を依頼するのではなく、小さな修理は自分で挑戦することで、誰かにお金を払う必要がなくなる。
  • エネルギーの節約:常識の範囲内で電気、ガス、ガソリンなどを節約する。

日本人には当たり前にも聞こえるこうしたアドバイス。世界で見直されています。あなたも実行できているか見直してみては?

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ