天然素材でくせ毛を/大人しくさせる方法

· 10月 3, 2015

くせ毛の人が、いくつになっても悩まされるのが、湿度が高い日の広がりではないでしょうか。対処する製品はお店にたくさんありますが、天然素材を使った自家製の方法やいくつかのコツをご紹介します。

 

くせ毛の広がりを抑える自家製のトリートメント

  • 熟したバナナをつぶして、大さじ1杯のレモン汁と大さじ1杯のヒマワリ油を加えます。よく混ぜて、髪に塗ります。30分そのままにしておいてから、いつものように髪の毛を洗ってください。ただし、ドライヤーは使わずに、自然乾燥させましょう。
  • 1/4カップのオリーブオイルを生卵と混ぜましょう。髪の毛を洗った後、もしくは湿らせた後に、これを髪の毛に塗ります。30分そのままにして、再び髪の毛を洗います。オリーブオイルは、髪に水分を与え髪の毛を柔らかくしてくれ、一方、卵には、身体の組織を修理したり新しい細胞を作ったりするために使われるアミノ酸である、レシチンが含まれています。
からまった髪の毛

  • 熟したバナナをアボカドの果肉と一緒につぶしてください。ペーストを濡れた髪の毛に塗って、20分から30分経ってから洗い流してください。その後、いつも通りに髪の毛を洗ってください。バナナには髪の毛を補修するために役立つ抗酸化物質が多く含まれており、アボカドには髪の毛に栄養を補給するために理想的な脂肪酸が含まれています。
  • 1カップのマヨネーズ(自家製もしくは市販品)をアボカド半分と混ぜます。髪に塗り、頭を濡れタオルで包み、その上からビニール袋などを被せ、最低でも30分はそのままにしておいてください。その後、いつも通りに髪の毛を洗ってください。
  • 髪の毛に生卵を塗ると、くせ毛を大人しくさせるために役立ちます。地肌や特に言うことを聞いてくれない場所に、マッサージするように塗ります。15分経ったら、いつものシャンプーやコンディショナーで洗いましょう。
3枝毛

  • 1/2カップのアップルサイダー・ビネガーを1リットルの水と合わせ、よくかき混ぜます。髪を洗う前の乾燥した髪の毛に使いましょう。これは他のトリートメントに代わる自然な方法で、くせ毛を減らすだけでなく、輝きも加えてくれます。
  • ココナッツ・オイルやアーモンド・オイルのような天然のオイルやエッセンシャル・オイルを使いましょう。これらのオイルは髪に栄養を与えるとともに、いい匂いにもしてくれます。いつものように髪を洗ったら、半乾きの状態で髪と地肌に行き渡るように数滴使います。オリーブオイルが家にあるなら、もっと手に入りやすいもう1つの選択肢として使えますが、いい匂いを加えてくれることはないかもしれません。
  • 大さじ1杯の純粋なハチミツを髪の毛になじませましょう。これは素晴らしい天然のコンディショナーで、とても甘い匂いになります。エッセンシャル・オイルを混ぜて、髪に塗ることもでき、そのときは10分そのままにしておきましょう。どちらのトリートメントの後も、冷たい水でリンスして、いつものように髪を洗いましょう。
  • 炭酸水やクラブソーダを使うこともできます。いつも通りに髪の毛を洗った後、ぬるめの炭酸水で最後のリンスをしましょう。
4-くせのある髪の毛

  • 1カップのプレーンヨーグルトを、ミキサーにかけた中型から大きめのキュウリと混ぜます。これを髪の毛に塗って、30分ほど置いておきましょう。指で絡みをほどくようにしながら、ぬるま湯でリンスしましょう。
  • 1カップのココナッツミルクを大さじ2杯のハチミツと大さじ2杯のオリーブオイルと混ぜます。そこに、つぶしたアボカドの果肉を加えましょう。このペーストは髪の毛に栄養を与えるために最適です。髪の毛に塗ったら、30分ほどそのままにしておいてから、全体的にリンスしましょう。その後、いつも通りに洗ってください。
  • 1缶のココナッツ・クリームを大さじ4杯のレモン汁と混ぜましょう。髪の毛が清潔で乾燥している状態の時に、このペーストを塗り、シャワーキャップで包んでから、最低1時間置いておくと、成分が効果を発揮します(その間に他のことをしても構いません)。いつものシャンプーとコンディショナーで洗って、週2回はこれを繰り返しましょう。
  • 大さじ1杯のオリーブオイルを大さじ1杯のお気に入りのコンディショナーに加えましょう。髪の毛を洗う時には、毎回こうするのも良いでしょう。
5-乾燥した髪

くせ毛を抑えるための秘訣

  • 多少高価でも品質の良いヘアプロダクトを使いましょう。中には特にくせ毛に効果の高い製品もありますが、アルコールを含むものは避けるように気をつけてください。
  • 髪の毛を洗う時は、ぬるま湯か冷たい水を使いましょう。熱いお湯は髪の毛をさらに乾燥させることがあります。
  • 洗った後には、タオルで髪の毛を乾かせ、髪をとかす前に保湿クリームを塗り、それから自然乾燥させましょう。
  • 髪の毛が傷んだり切れたりするため、ヘアクリップやヘアゴムのようなアクセサリーは使わないでください。また、髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルは避け、寝る時には髪の毛を解いた状態にしておきましょう。
  • 木製のブラシを使うのが一番です。プラスチックや金属製のブラシやクシは、静電気を起こしやすくなります。
  • ヘアアイロンやヘアドライヤーの使用は避けましょう。ヘアドライヤーを使わなければいけないときは、使用する頻度を少なくし、頭皮から30センチは常に離して使うようにしましょう。
  • 毎日髪の毛を洗わないようにしましょう。髪の毛の細かい穴を開き、魔法のようにくせ毛を発生させます。シャワーを毎日浴びるのはもちろんですが、2日に1回以上髪の毛を洗いたくなる気持ちは抑えましょう。

これで、自然素材を使って、お家でくせ毛を大人しくさせることができるようになると、良いですね。