低脂肪ブイヨンの作り方2選

5月 4, 2019
もし素晴らしいダイエットレシピを探しているのであれば、今回紹介する2つのおいしくてヘルシーな低脂肪ブイヨンレシピを試してみてはいかがでしょうか? きっと気にいると思いますよ!

おいしくなかったり、うんざりするような味のブイヨンを何度か食べたことがある人もいるでしょう。しかしうれしいことに、おいしく、栄養豊富なブイヨンを家で作るための多くのコツやレシピがあります。本記事で、低脂肪ブイヨンのレシピを学び作ってみましょう。

紹介する低脂肪のブイヨンを作るために、まずは低脂肪ブイヨンに入っている食材から得られるものを学んでいきましょう。

スープ

レシピを最大限楽しむためには、味と栄養の両方をしっかりと理解することが大切です。良質なものを食べつつ、体重を落とすのは不可能ではありません。

低脂肪ブイヨンからは多くのものが得られます。しかし、そこにはいくつか心に留めておくべきことも存在します。

日々の生活の中で、ビタミンミネラルを加工度が高く人工的なものから摂取していることが多いのではないでしょうか。そうすると、食べたものの一部しか実際には体内に取り込まれません。しかし、もし新鮮な野菜やフルーツ、その他の健康的なものが含まれていれば、より効果的に体内に取り込むことができ、健康改善や健康的な減量の助けとなります。

ブイヨンに含まれるビタミンやミネラルを最大限に生かすために、参考にしてもらいたい2つの低脂肪ブイヨンのレシピを紹介します。これらは時間を問わず食べることができます。

こちらも参考に:炎症やがんと闘うブイヨンの作り方

2つの低脂肪ブイヨンレシピ

1.クラシックベジタブルスープ

ベジタブルスープ

これはどこに住んでいるか問わず、最もよく知られたスープかもしれません。おそらく人生のうちで何度か口にしたことのあるものではないでしょうか。

以下、ベジタブルブイヨンのレシピです。

材料

  • アスパラガス3カップ分(500g)
  • 大きめのニンジン2本
  • リーキ2本
  • 大きめのジャガイモ1個
  • 大きめのピーマン1個
  • トマト2個
  • 塩大さじ3(45g)

作り方

  1. 全ての食材をよく洗います。
  2. 大きな鍋で湯を沸かします。
  3. 湯を沸かしている間に野菜を切っていきます。このとき小さく切りすぎないようにしましょう。
  4. 切った野菜と塩を沸かした湯に入れます。そのまま約30分火にかけましょう。この時間は火の強さによって変わることがあります。
  5. ブイヨンの味見をし、好みの味になっているか確認してみましょう。場合によってはを足しましょう。
  6. 火を止め、冷ましたら食べられます。

こちらもおすすめ:体内をデトックスする美味しいスープ4選

2.魚を使って作る低脂肪ブイヨン

魚の切り身

魚は非常に優れた食材のひとつです。体重を落とすことに加えて、タンパク質とさらなるおいしさを求めるなら、このシンプルなレシピはいい選択肢になるのではないでしょうか。

材料

  • タマネギ1個
  • ニンジン1個
  • ジャガイモ2個
  • トマト2個
  • パセリ1本
  • ニンニク2片
  • メルルーサの頭、または背骨
  • メルルーサの切り身2枚
  • オリーブオイル大さじ1(15ml)
  • 塩大さじ2(30g)
  • 新鮮な二枚貝2カップ(320g)

作り方

  1. まずは大きな鍋で湯を沸かします。
  2. 湯が沸く前に塩、パセリ、オリーブオイルを加えましょう。
  3. 次に、それぞれの野菜を半分に切り鍋に入れます。ニンニクは切る必要ありません。
  4. 約2分後、メルルーサの頭か背骨を加え、さらに20分火にかけます。
  5. そして切り身と二枚貝を加え、さらに10分火にかけましょう。
  6. 10分後、野菜を取り除きます。
  7. 取り除いた野菜をミキサーにかけます。
  8. ブイヨンを濾し、カスや残った野菜、メルルーサの頭や骨などを取り除き新しい鍋に移します。
  9. ミキサーにかけた野菜をブイヨンに加え混ぜましょう。
  10. 最後に塩を少し追加します。またもし二枚貝が余分にあれば、それを加えさらに5分火にかけましょう。
  11. 熱い状態でよそって、魚と貝の低脂肪ブイヨンを楽しみましょう。