スーパーフード!驚くべきあんずの効能ってなに?

7月 30, 2019
あんずにはたくさんの効能がありますが、化学物質を摂取しないようにオーガニックのものを購入しましょう。

あんず(杏)には、高い抗酸化力が含まれていることで知られています。そのため、ほんの数口食べただけで、多くのエネルギーを与えてくれるとともに、あんずは美しさと若さを保つのに役立つと信じられているのです。

今日の記事では、使用用途や気になる事実を含め、この果物の効能全てをご紹介します。また、あんずの食べ方(生のまま、ピューレ、干しあんず、ジャム)についてもいくつかご案内します。

あんずの栄養

あんず 効能

スモモ亜属であるあんず(学名 Prunus armeniaca)は中国原産ですが、今日ではほとんどがトルコで生産されています。β-カロチンやビタミンA(オレンジ色素を与えるもの)だけでなく、鉄やカリウムなどのミネラルを含め多くの栄養素を有しています。あんずにはまた、天然糖や繊維も非常に豊富に含まれています。

市販のものには、皮に農薬や他の化学物質が多く含まれている可能性があるので、オーガニックのあんずを食べましょう。オーガニックであれば、豊富な栄養素のみなので心配せず食べることができます。

こちらもご参考に:離乳食 フルーツピューレのメリット

フンザ村

フンザとはヒマラヤの先住民であり、長寿であることや生活の質のために知られています。ベジタリアンである彼らの食生活に欠かせないものが生または乾燥させたあんずであり、非常に特別な存在なのです。

あんずは1年中フンザの人々に食べられています。裕福さのシンボルであるあんずの木が自分の家にあることは珍しくありません。この果物を食べるだけでなく、種からオイルを抽出し、料理、照明、およびスキンケアのためにも使用しています。

しかし、注目すべきことは、この人々の中でも残念ながらストレスや環境汚染が健康問題の原因となっているということです。

あんず 効能

あんずの効能

あんずには次の効能があります。

  • β-カロチンのおかげで、多くの抗酸化物質を有しています。これはフリーラジカルによって引き起こされる老化過程を防ぐのに役立ちます。
  • 抗酸化物質はまた、変性疾患の予防にも優れています。
  • 不快感や痛みを軽減する抗炎症作用があります。
  • 網膜変性症、夜盲症、および視力の低下など多くの目の病気を防ぐことができます。
  • 特に干しあんずには、鉄が豊富に含まれているので、貧血に効果的です。
  • 体内の水分量を調節し、むくみを解消するカリウムを含みます。
  • 高血圧を下げます。
  • 消化を改善し、便秘を防ぎます。
  • 糖と繊維が豊富に含まれているので、甘い欲求を避ける健康的な解決策となります。あんず3個で、空腹時の食べたい欲求を緩和してくれるでしょう。
  • 脚のつりを防ぎます。
  • 神経系のバランスを取り、ストレスや不安を感じた際に落ち着きをもたらしてくれます。
  • 高いコレステロール値を調節します。

他の使用用途

多くの効能に加え、他にも使用用途があります。

  • アーモンドオイルのように、あんず油もまた非常に肌に良いです。
  • この果物の種には、ビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAの抗酸化作用は特定の目や腸の疾患に役に立ち、また多くの自然化粧品の成分としても使用されています。
  • アマレットとして知られている、有名なイタリアのお酒は、あんずの種から作られています。
  • しかし、あんずの種にはある毒性物質が含まれるため、食べることはできません。
  • さらに、消化不良を防ぐには熟したあんずのみ食べましょう。

ご存知ですか?エッセンシャルレモンオイルを作る2通りの方法

食べ方

  • 生のまま:あんずは、いつでも、どこでも食べることができる食欲をそそる果物です。
  • スムージー:スムージーに加えることで、あんずの効能や少々酸味のある美味しい風味を追加できます。
  • ジャムまたはマーマレード:少量の砂糖と水と調理すれば、トースト、ヨーグルト、そしてクッキーに使うことができる美味しいジャムを作ることができます。
  • 干しあんず:干しあんずは、栄養素、糖、および繊維が豊富に含まれているスーパーフードです。当然ながら、たくさんのエネルギーを与えてくれるので、子供やスポーツ選手に理想的です。
  • しかし、体重過多の場合には、摂取量を制限しましょう。
  • Ali Khan, M., Maghuly, F., Borroto-Fernandez, E. G., Pedryc, A., Katinger, H., & Laimer, M. (2008). Genetic diversity and population structure of apricot (Prunus armeniaca L.) from Northern Pakistan Using Simple Sequence Repeats. Silvae Genetica.
  • Munzuroglu, O., Karatas, F., & Geckil, H. (2003). The vitamin and selenium contents of apricot fruit of different varieties cultivated in different geographical regions. Food Chemistry. https://doi.org/10.1016/S0308-8146(03)00064-5
  • Leccese, A., Bartolini, S., Bureau, S., Reich, M., Renard, C. M. G. C., Audergon, J. M., & Viti, R. (2010). Carotenoid composition in apricot fruits: A preliminary investigation on three Italian cultivars. In Acta Horticulturae.