離乳食 フルーツピューレのメリット

· 2月 14, 2019

母乳は乳児にとって非常に重要ですが、母乳やミルク以外のものを口にできるようになったらフルーツピューレで栄養を補給することもできます。この記事では赤ちゃんのためのフルーツピューレの作り方をご紹介します。ぜひ、赤ちゃんの食事に取り入れてみてください!

フルーツピューレは、赤ちゃんの成長に貢献する様々な栄養素を提供します。

フルーツピューレのメリット

果物は、食品ピラミッドの中で野菜と共に2番目の項目に当てはまります。私たちの健康に欠かせない食材です。フルーツピューレを赤ちゃんに与えることの最大のメリットの一つは、それが95パーセント水分であるということです。

また、赤ちゃんの便通を調整するのに役立つ植物繊維を含んでいます。母乳で育てられる赤ちゃんの排便習慣は様々です。子供へと成長するに連れても変わっていきます。ほとんどのフルーツが同じような栄養価を提供しますが、中には赤ちゃんの便を柔らかくしたり、硬くしたりするものもあります。

果物にはビタミン、ミネラル、そして脂肪を含まない単純糖質が含まれています。赤ちゃんの食生活にフルーツを加えることでより多くのエネルギーを与えることができます。赤ちゃんに果物を食べさせることで、脂肪や人工的な糖質が多い食品ではなく、健康的なものを食べることに慣れます。

さらにフルーツピューレは、肥満、ガン、心血管疾患などの病気を予防する抗酸化物質と微量の栄養素を提供します。

フルーツピューレを赤ちゃんの食事に取り入れる

にんじんの離乳食

最初にフルーツピューレを赤ちゃんに食べさせるときは、少量ずつ与えましょう。だんだんと赤ちゃんがピューレの味に慣れ、受け入れることで、ミルクと共に食べられるようになります。ただし、赤ちゃんがピューレを食べたとしても、いきなり母乳と置き換えることはやめてください。

フルーツピューレは、母乳の栄養補助食品として取り入れましょう。赤ちゃんがピューレを食べ、受け入れるようになったら、少しずつ量を増やしていきましょう。

赤ちゃんの月齢・年齢によって食べられる果物

生後6ヶ月から果物を食べ始めることができますが、果物の中にはアレルギーの危険性があるため、あまりおすすめできないものもあります。赤ちゃんの成長にしたがって、徐々に食べさせる果物の種類を増やしていきましょう。

生後6ヶ月

メロン、ぶどう(皮や種なし)、プラム、梨、りんご、キウイ、スイカ、パイナップル、マンゴー

6ヶ月以降

一部の医師は、6ヶ月以降からオレンジやみかんなどの柑橘系の果物を赤ちゃんの食事に取り入れることを推奨しています。しかし、アレルギー反応の可能性があるため、生後12ヶ月まで待つことを推奨する医師もいます。

生後12ヶ月

赤ちゃん 離乳食 フルーツピューレ

1歳児に最もお勧めされる果物は、桃、アプリコット、ビワなどです。

12ヶ月以降

小児科医の中には、12ヶ月以降からベリー系の果物を取り入れることを勧める人もいます。一方で、アレルギー反応の可能性があるため、15ヶ月までは待った方が良いとする声もあります。

24ヶ月以降

2歳以上になったら、乾燥果物もおすすめです。

フルーツピューレの作り方

・出来るだけ熟したフルーツを選んでください。充分に熟してないものは避けましょう。

・まず、フルーツをよく洗いましょう。

・次に皮をむいて、小さく切り、種やくぼんでいるところ、黒くなっているところなどを取り除きます。

・それらを蒸す、もしくは茹でて調理します。

・調理したら、かたまりが完全に無くなるまで、フードプロセッサーやミキサーでブレンドします。

・赤ちゃんに食べさせる前に、お皿にとって冷ましてください。

砂糖は加えないでください。熟した果物は充分な糖分を含んでいます。赤ちゃんのうちに甘い食べ物に慣れてしまうと、将来の肥満につながる恐れがあるのでよくありません。

・赤ちゃんが様々な味を試すことができるように、果物を組み合わせてください。

こちらもお読みください:フルーツスムージーで便秘にさよなら

赤ちゃんのためのフルーツピューレ

レシピ1:マンゴーとりんごのピューレ

離乳食 フルーツピューレ

材料

・マンゴー(カットする) 130g

・リンゴ(皮をむきスライスする) 130g

作り方

・マンゴーとリンゴを洗い、小さく切ります。

・蒸し器に約100mlの水を加えます。

・マンゴーとリンゴを柔らかくなるまで、約2分間調理してください。

・それらをフードプロセッサーまたはミキサーに入れ、滑らかになるまでブレンドします。

・出来上がったら、お皿に入れ、冷やしてから、赤ちゃんに食べさせてあげてください。

こちらもお読みください:マンゴーの驚くべき7つの効能

レシピ2:バナナと洋梨とりんごのピューレ

材料

・りんご 1/4個

・洋梨 お好みの量

・バナナ 1/4本

・水  コップに半分

作り方

・フルーツの皮をむき、小さく切ります。

・水を入れた鍋で、りんごと洋梨を15分間調理したら、火を止めます。

・それらを容器に移し、バナナを加えます。

・コップに半分入れた水を加えて、かたまりが完全に無くなるまで果物をすりつぶしてください。

小児科医が承認した場合は、炭水化物を追加するために約60gのシリアルを加えることができます。ぜひこれらのフルーツピューレを赤ちゃんと一緒に試してみて、栄養をプラスしましょう。

 

 

  • Marion M. Hetherington, C. Schwartz, J. Madrelle, F. Croden, C. Nekitsing, C.M.J.L. Vereijken, H. Weenen, A step-by-step introduction to vegetables at the beginning of complementary feeding. The effects of early and repeated exposure. Appetite, Volume 84, 2015, Pages 280-290, ISSN 0195-6663, https://doi.org/10.1016/j.appet.2014.10.014.
  • Fisher, J. O., & Dwyer, J. T. (2016). Next Steps for Science and Policy on Promoting Vegetable Consumption among US Infants and Young Children. Advances in nutrition (Bethesda, Md.)7(1), 261S-271S. doi:10.3945/an.115.009332https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4717881/
  • Vegetable and Fruit Acceptance during Infancy: Impact of Ontogeny, Genetics, and Early Experiences (2016). Mennella JA, Reiter AR, Daniels LM.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26773029