捨てないで!余ったハギレの素敵な利用法

7月 26, 2019
余ったハギレや古い衣類の再利用方法はたくさんあります。サイズや柄、素材をうまく利用し、素敵な小物や布製品に生まれ変わらせましょう。

家に余ったハギレや布はありませんか。以前に買った布の残り、古い衣類、タオル、買い換えたいと思っているカーテン……捨てるしかないと思いがちなこれらの布。実は、素敵に生まれ変わらせる方法があるのです。

古い布や衣類を新しく生まれ変わらせるのに必要なものーそれは、想像力とスキルです。再利用は地球に優しいだけではありません。あなたの個性が生きた素敵なものを作り出すことになるのです。

もう着なくなったけれど、品質が良くて高価だった衣服。着ないことはわかっているのに、どうしても捨てられずにいた思い出の衣服。そんな衣服は是非、捨てずに利用しましょう!

ソーイング 余ったハギレの素敵な利用法

余ったハギレでできること

余ったハギレを利用する、といえば、有名なのはパッチワークでしょう。パッチワークは、様々な色やデザインの布のコンビネーションです。美しいアメリカンキルトは、元々は余った布を有効利用するために生まれたと言われています。

 

こちらも合わせてどうぞ:古いジーンズの再利用ベストアイデア10

 

ほとんどのクラフトで必要となる道具

クラフト好きな方ならご存知かと思いますが、クラフトをする際に必要となる素材や道具があります。たくさんの種類がありますが、基本的なものをいくつか以下に挙げましょう。

  • グルーガンや布用ボンド
  • アクリル絵の具(黒、白、シアン、黄色、マジェンタが基本色。残りは混ぜ合わせて作ることもできる。)
  • ハサミ
  • 専用ナイフやカッター
  • 糸と針
  • ミシン

全てを揃えなくてはいけない、というわけではありません。何を作りたいかを考えた後に必要な道具を準備しましょう。

 

コラージュ

余ったハギレがたくさんある、という方は、お好きな大きさや柄のハギレを組み合わせてコラージュを作ってみましょう。決まりはありませんので、クリエイティブに自由に作りましょう。小さいものでも構いません。

コラージュを繋げる時は、手縫いやミシンはもちろん、グルーガンでもできるでしょう。

財布や小銭入れ

余ったハギレをうまく利用すれば、財布や小銭入れを作ることができます。様々な色や素材の布を組み合わせてみましょう。

ランプ

ランプシェードをお好きな布でカバーしてみませんか。光が透けるように明るめの色の生地を選ぶと、光が柔らかくなりますよ。

ブックカバー

本 余ったハギレの素敵な利用法

ラッピングペーパーなどで本のカバーをするのと同じく、布でもカバーを作ることができます。しかも、紙とは違い、破れません。小さいハギレを組み合わせてパッチワーク風にしても可愛いですね。

布同士はグルーガンで接着すれば簡単!

 

こちらも合わせてどうぞ:古い電化製品の再利用アイデア12選

 

クッション

家にある布や古くなった衣類を利用してユニークなクッションを作ることもできます。古いシャツで枕カバーを作ることもできますよ。

カバンやトートバッグ

新しく流行を発信したい?そんな方は自分の作ったデザインの物を持ち歩き、周りに見せましょう。カバンやトートバックなら、いつでも見せられますね。お好きな色の組み合わせや素材をおもしろく生かしてあなただけの素敵なカバンやトートバッグを作りましょう。

ミシンがあれば、意外と簡単にできますよ。

座布団カバー

座布団が破れている、汚れてしまった……そんな時は新しくカバーを作りましょう。

とても簡単に作れますし、楽しいですよ!

エプロン

料理をするたびに服が汚れて困るという方、可愛いキッチン雑貨に合うエプロンが欲しい、という方はぜひエプロンを作ってみましょう。もし、古い長袖シャツや要らないワンピースがあるなら、それをエプロンのベースにすると簡単に作れますよ!

ハギレの利用アイデアは無限

着なくなった古い衣類はありませんか?切り取って他に利用することもできるはず!想像力を駆使し、あなただけのオリジナル小物を作りましょう。

やってみると意外とハマってしまうかもしれませんよ。前述したように、布の再利用はリサイクルにもなりますので、お財布にも地球にも優しいアイデアとなりますね。