スピルリナのすごさを/まだ知らない人のために

01 12月, 2018

独自のニオイや色を持つスピルリナは、私たちに多くの恩恵をもたらす、スーパー食材です 

WHO(世界保健機関)や国際連合はスピルリナを補完食物として推薦しています。また、NASAも宇宙滞在期間中の 飛行士の宇宙食にスピルリナを採用しており、まさにこの食材の価値の高さを証明しています。

また、現在活躍中のアスリートの中にはスピルリナを回復機能や免疫を高める効果のある食品として愛用している人もいます。

今回ご紹介するスピルリナの摂取方法は、以下を参照してください。

 スピルリナって何?

スピルリナはらせん形をした濃緑色の単細胞微細藻類です。

植物性タンパク質、ビタミンA、 B1、 B2、 B5、 B6、 葉酸、ビタミンE、H B12をふんだんに含んでいます

こちらもご参考に:スピルリナの素晴らしい健康効果

スピルリナの魔法

スピルリナは健康維持に驚くべき効果を発揮します。

専門家によれば、古来インカ、アソテア族の食糧として重宝され、その他の食材と組み合わせて食されていたそうです。

ダイエットにも効果あり?

スピルリナを摂取すると、空腹感の減退と満腹感の持続、そして少なくとも空腹を感じる時間が短縮されていることに気づくでしょう。

スピルリナなそのものが、タンパク質や様々なミネラルなどの栄養素を豊富に含むため、他の食品を必要以上に欲しいと感じることが減る効果があります。

またヨウ素ふんだんに含むため、甲状腺の健康維持や病気の予防し、スピルリナのフェニルアラニンに多く存在するアミノ酸が空腹感を制御します。

こちらもご参考に:甲状腺の健康を改善する4つの食習慣

老化防止にも効果あり?

スピルリナのその他の大事な効能としては、加齢を遅らせる効果があげられ、特に肌、爪、髪にその効果が見られるでしょう。

これは、スピルリナは活性酸素を除去すると言われ、がんの発生を促進するフリーラジカルと呼ばれる原子の発生を防いだり減少させたりする効果が期待されているからです。

どこで購入でき、どうやって摂取したらいいの?

スピルリナを常用している人のほとんどが、粉末またはカプセル、錠剤の形で摂取しているようです。

自然食品を販売している店やハーブなどを専門に扱う店、そしてオンラインで探してみましょう。

スピルリナは、一般的には、粉末状のものを野菜や果物のジュースなどに加える形で使用する方が多いようです。

またサラダの上にふりかければ、日常生活に無理なく取り入れることができるのではないでしょうか。

どのぐらいの量を使ったらいいの?

専門家によると、未成年者またはまだ常用しはじめたばかりの人は一日に3~5グラムを目安に摂取するのが良いということです。

成年者はすこしずつ増量して一日に5~10グラムほど摂取するといいでしょう。

サプリメントを摂取する場合は、必ず決められた量を守ってください。

スピルリナをダイエットのために飲み始める場合は、大量摂取はおすすめできません。

毎日適量を摂取することで我々の体を少しずつ慣らしていくことが大切です

大量にスピルリナを摂取しても、体重が急激に減少するわけではなく、適量を毎日摂取することで健康を維持し、それがダイエットにつながる効果があります。

スーパー食材であるスピルリナを、ぜひ試してみませんか?

  • Pérez, L. D. V., Macías Abraham, C., Torres Leyva, I., Socarrás Ferrer, B. B., Marsán Suárez, V., & Sánchez Segura, M. (2002). Efecto in vitro de la espirulina sobre la respuesta inmune. Revista Cubana de Hematología, Inmunología y Hemoterapia, 18(2), 0-0.
  • ARENAS, P. M., & CORTELLA, A. R. (1996). de Spirulina (Cyanophyta). Acta Farm. Bonaerense, 15(1), 11-19.
  • Fox, D. (1993) “Health benefits of Spinilina and proposal for a nutrition test ori children suffering from Kwashiorkor and Marasmus”, en “Spiruline, alge de vie”(‘Doumenge, F., H.Durand-Cliastel & A. Toulernont, Eds.). Monaco. Musée Océanographique. Bull. de l’Institut oceanographique, Monaco. Numéro spécial 12, págs. 179-86
  • Merino, J. J., Cabaña-Muñoz, M. E., & Parmigiani-Izquierdo, J. M. Efectos queladores de la suplementación crónica con algas (chlorella, spirulina y fucus), aminoazufrados y fitoactivadores naturales de la detoxificación hepática en pacientes odontológicos con una media de 4 amalgamas dentales de mercurio (Hg) y 3 implantes dentales de titanio (Ti) durante 15 años en boca.
  • Pedraza, G. (1989). Cultivo de Spirulina maxima para suplementación proteica. Livestock Research for Rural Development, 1(1), 2.
  • de La Spirulina, D. PORQUE LOS VEGETARIANOS DEBEN CONSUMIR LA SPIRULINA.
  • U.S. Department of Agriculture. Spirulina. https://fdc.nal.usda.gov/fdc-app.html#/food-details/170091/nutrients
  • Oxid Med Cell Longev. 2017; 2017: 3247528. Published online 2017 Jan 15. Antioxidant, Immunomodulating, and Microbial-Modulating Activities of the Sustainable and Ecofriendly Spirulina. doi: 10.1155/2017/3247528
  • Evid Based Complement Alternat Med. 2011; 2011: 531053. Published online 2010 Oct 19. Spirulina in Clinical Practice: Evidence-Based Human Applications. doi: 10.1093/ecam/nen058