甲状腺の健康を改善する4つの食習慣

4月 1, 2018
甲状腺の健康を維持・改善するためには、加工食品の摂取を減らしながら、オーガニック食品や自然食品を積極的に食べることが大切です。

甲状腺の機能を正常に保つために大切なのは、毎日の食生活と食習慣です。

甲状腺の健康を維持・改善するために積極的に食べるべき食品と、摂取を避けるべき食品があるのをご存知ですか?

本記事で詳しくご紹介します。

甲状腺の健康維持が大切な理由

甲状腺は喉仏の少し下に存在し、甲状腺ホルモンと言われるホルモンの分泌が主な機能です。

甲状腺のバランスが乱れると、甲状腺機能亢進症または甲状腺機能低下症を発症することがあります。

こちらの記事もどうぞ:甲状腺機能低下症の16のサイン

甲状腺の健康を改善する習慣

甲状腺の検査

健康的な食生活を送っている方にとって、甲状腺の健康維持はさほど複雑なことではありません。

しかし現代社会では、自然食品やオーガニック食品を食べるのがより難しくなり、加工食品が手軽に手に入るようになりました。

ここからは、積極的に食べるべき食品をご紹介します:

1-食事にヨウ素を加える

ヨウ素は、ホルモンの分泌をサポートするため、私たちの体にとって必要な栄養素です。

特に妊娠中にヨウ素が不足すると、胎児に精神面での発達の遅れや障害が生じる危険があります。

妊娠中だけではなく、毎日の生活の中で、ヨウ素を積極的に摂取したりサプリメントとして取り入れることで、甲状腺が正常に機能します。

私たちの体に欠かせないヨウ素のサプリメントは、医師の処方によって入手することができるため、医師の診察を受けて、できる限り早く摂取を開始することをおすすめします。

(注:欧米ではこのようなアドバイスがなされることが常ですが、ヨウ素は摂りすぎてもよくないものです。海藻類などを日常的に摂取する日本では、特に甲状腺機能に問題が既にある場合のヨウ素の摂取には気をつけなければなりません。必ず医師の指導に従って下さい)

 

2-毎週クランベリーを食べる

クランベリー

クランベリーは、低脂肪、低コレステロール、そしてナトリウムの含有量も少ない健康的な果物で、ヨウ素、食物繊維、抗酸化物質、ビタミンCそしてKが豊富に含まれています。

クランベリー果汁は、スムージーに入れて飲むと、野菜などの風味を消してスムージーがさらに美味しくなります。

おすすめのレシピをご紹介します:

材料

  • ほうれん草 1カップ (60 g)
  • クランベリー果汁 1カップ (250 ml)
  • ナッツ 5 個
  • 氷 1個

作り方

  • すべての材料をブレンダーでしっかりと混ぜたら出来上がりです。
  • すぐに飲んでください。

こちらの記事もご参考に:チアシードの驚くべき効能9選

3-ジャガイモを食事に加える

根野菜であるジャガイモは、アメリカ大陸を原産としており、要素が豊富に含まれています。

ジャガイモに含まれるヨウ素の効能を得るためには、正しい方法で調理する必要があります。

  • オーブンでベイクドポテトにした後、少量の塩で味付けをすると低脂肪に仕上がります。
  • 野菜と一緒にジャガイモを調理すると、食物繊維を豊富に摂取できて満腹感が得られます。
  • ジャガイモには炭水化物が豊富に含まれているため、食べ過ぎは禁物です。最大でも1日中サイズ1個までにしてください。
  • 加工されたジャガイモでできた市販のメニューには、トランス脂肪酸、塩分、そして他の添加物や保存料が大量に含まれているため、甲状腺の健康に悪影響を及ぼします。

4-できる限り自然食品を摂取する

新鮮な果物

私たちは毎日どのくらいの量の加工品、缶入りの食品、そして冷凍食品を口にしているのでしょうか?

台所の棚やゴミ箱を見ると、実は多くの加工品、缶入りの食品、そして冷凍食品を使用していることに気づくでしょう。

甲状腺の健康を維持・改善するためには、体内にできるだけ添加物などをはじめとする毒素を取り入れないことが大切です。これには化学物質、人工甘味料、そして添加物などを含みます。

新鮮で旬な野菜や果物を食べるのが理想的ですが、難しい場合は、まず数ヶ月試してください。

最初は大変かもしれませんが、徐々に「意外と手軽に始められる」ことに気づきます。

  • できる限り添加物の少ない、自然食品に切り替え、朝食に食べる甘いコーンフレークをやめて、オートミールやキヌア、または玄米などの健康的な炭水化物へと変更させることが大切です。
  • 旬の果物や野菜を積極的に食べましょう。事前に冷凍された野菜や果物や手軽ですが、重要な栄養素が失われている恐れがあります。
  • 可能ならば家庭菜園を始めて、自分が口にするものは自分で作る暮らしを送りましょう。
  • 炭酸飲料やジュースなどをはじめとする手軽に摂取できる食品が数多く存在しますが、できる限りお茶や水に切り替えてください。
  • おやつは自分で用意して、食感の空腹感を補うようにしてください。手作りをすれば、食品に添加させている化学成分の心配をすることなく、美味しくそして楽しく食事やおやつを楽しむことができます。

甲状腺の健康維持や機能の正常化は、毎日の食生活を健康的に保つことで簡単に達成することができます。

あなたへおすすめ