膵臓がんによる初期のホルモンへの影響

5月 2, 2019
膵臓がんは、ホルモン産生を変えて深刻な症状をもたらす、予後が最も悪いと言われるがんの一つです。

癌は私たちの体のほとんどの細胞に影響を及ぼす可能性のある病気で、膵臓がんは、膵臓の細胞が制御不能に分裂を始めることで発症すると言われています。

膵臓がんの発症率は男女に差はなく、またどの年齢の人でも発症のリスクがあります。

多くの大切な身体機能と関わりあっている細長い器官で、胃の後ろにある膵臓は、2種類の細胞で構成されています。

  • 内分泌細胞:膵臓の中に島状に散在する膵島に存在し、血流に直接分泌されるホルモンを生成しますが、通常はインスリンとグルカゴンを作りますが、これらが血中のグルコース量を調節します。
  • 外分泌細胞:外分泌細胞は小さな管を通して十二指腸に移動する酵素を合成し、膵管を形成します。この細胞はこれは小腸に向かって(肝臓から来る)胆管に付着します。この細胞が作る酵素は、脂質などの特定の栄養素の消化を助けます。

こちらもご参考に:お肉を食べるのを止めたら体に起こる10の変化

膵臓がんの種類

膵臓の位置

膵臓がんの種類には、がんの影響を受ける細胞の種類に応じて、一般的に2種類に分類されます。

  • 膵管がん:最もよくあるタイプと言われる膵臓がんで、消化酵素を生産する細胞で発生します。
  • 内分泌腫瘍(悪性または癌性):これらはホルモンを産生する膵島細胞に影響を与えるため、血流に直接分泌されます。

さらに、がんが罹患する細胞の種類に応じて、さまざまなサブタイプに分類できます。

膵臓がんの最も一般的な症状とは?

膵臓ガンについて

膵臓がんを発症しても、初期の兆候を見逃す人が多くいますし、その症状も患者が罹患している膵臓がんの種類によって異なる可能性があります。

次のように分類するのが一般的です:

膵管がん

  • 疲れ、疲労感、全般的な脱力感
  • 吐き気と嘔吐
  • 食欲減少:多くの場合望ましくない体重減少を引き起こす
  • 胆嚢と肝臓の肥大
  • 腹部の不快感がその周り(背中など)へと拡大
  • 黄疸や肌の黄ばみ:癌が総胆管を塞ぎ、通常この管を通って十二指腸に達する肝臓によって産生される色素デアルビリビリンが蓄積される
  • 尿の色が濃くなる、または大便の色相及び質感などの特徴の変化

ホルモンに影響を与える症状の一部をご紹介します:

こちらもご参照を:膵臓の健康を保つ方法

膵神経内分泌腫瘍(悪性または癌性)

癌を発症する原因となった細胞の種類に応じて分類しています。

  • ガストリノーマ:胃でより多くの酸を合成するのを助けるガストリンを産生する細胞に発症して、その産生を増加させます。この状態はゾリンジャーエリソン症候群という名前で知られています。
  • インスリノーマ:インスリンを産生する細胞に影響を与え、低血糖症または血糖値の低下を引き起こします。
  • グルカゴノーマ:グルカゴンを産生する細胞に発生するまれな腫瘍で、高血糖または血糖値の上昇を引き起こします。
  • ソマトスタチン腫:ソマトスタチンは、通常他のホルモンの調節を助けます。
  • PP産生腫瘍(PPoma):通常の状態で膵臓の機能を調節する膵臓ポリペプチド(PP)の過剰産生に関連しています。
  • VIP産生腫瘍(VIPoma):血管作用性小腸ペプチド(VIP)を合成する細胞を変化させます。顕著な症状は、長期にわたる下痢です。