膵臓の炎症:知っておくべき症状

· 11月 2, 2015
膵臓の炎症の明らかな兆候は、食べた直後や消化の最中、または仰向けに寝ている時に起こる、急性の痛みです。

昨今、膵臓の炎症はかなり一般的な問題です。 興味深い事に男性よりも女性に多いと医者は言います。 この記事では、健康のために心に留めていただきたい膵炎についての情報をご紹介します。

1. どうして膵臓の炎症が起こるのか?

膵臓

膵臓は、ちょうど胃の後ろに位置する器官で、消化を促進する酵素や化学物質を生成し、インスリンの合成に関与するという、非常に特別で重要な機能を持っています

膵臓がなくても、ほぼ正常と変わりない生活をしている人もいることは確かですが、中心的な身体機能を促進するホルモンと酵素の生産の欠如に対処するため、継続的な治療を受けなければなりません。ですから膵臓がないような状況に至らないためにも、膵臓をケアしていかなければなりません。 では、膵炎の原因は何でしょうか?

  • 胆石は膵炎の典型的な原因です。
  • 好ましくない食習慣と不健康なライフスタイル
  • 免疫力の低下
  • 代謝の問題
  • 高レベルの血中トリグリセリド
  • 特定の薬の長期服用
  • 膵臓の損傷
  • ライ症候群や川崎病といった疾患(そんなに一般的ではありませんが)

2.炎症した膵臓の症状

注意すべき痛み

痛みは突然現れたり、徐々に出て来るかもしれませんが、日常生活が制限されるレベルに到達すると、この不快感に他の症状が伴い始めます。

  • 左側の肋骨の下に感じる、灼熱感に似た激しい腹痛。 ここが痛みの中心ですが、通常、じわじわと腹部全体に広がっていきます。
  • 痛みは食後や消化の最中により強くなります。
  • 痛みは肩や背中にも広がります。その多くの場合に、吐き気が伴います。
  • 仰向けで寝ると、痛みが悪化します。胃が炎症を起こした膵臓を押し下げているからです。

こちらもお読みください:ストレスが原因で起こる脊柱の痛み

吐き気や嘔吐

通常、食後に起こりますべ物の消化が始まると、膵臓は酵素を合成し始めますが、それが炎症によって妨害されるからです。

膵炎の初期段階では時々、これらの症状と単なる消化不良が混同されることがあります。 不快感が解消されない場合は「赤信号」と認識し、医師に相談しましょう。

毎日起こる頭痛

頭痛

膵臓が炎症を起こしているとき、体全体の免疫機能が弱まっています。以下の症状に気づいたら、放っておかないでください

  • ひどくはないかもしれませんが、頭痛が絶え間なく続き、口の渇き、めまいを引き起こす可能性があります。
  • 疲労感も非常に一般的です。膵臓の炎症は体全体に影響を与えます。消化がより困難になると、十分なビタミンや栄養素を吸収できず、免疫機能が弱くなり、感染や疾患のリスクが高くなります。

こちらもお読みください:朝の頭痛を引き起こす4つの原因

3. 最良の膵臓のケアは?

たばこ

日々、全般に体に気をつけるだけでも膵炎や膵臓のその他の問題の予防につながります。以下のアドバイスに注意を払ってみてください。

  • タバコに「NO」と言いましょう。タバコを吸っているなら、健康のために最大の一歩を踏み出すのは今です。ヘルシーな膵臓に加えて、深刻な病気を予防し、全体的に健康でいることができます。
  • 精製糖と精製小麦粉を控えましょう。これらは膵臓と体全体の敵です。確かに食べ物を甘くし​​、食事をより美味しくしますが、長期的には体に大きなダメージをもたらします。
  • 賢く食べましょう。一度にたくさん食べるのは、お勧めしません。1日分の食事を5回に分け、1回の量を少なくしましょう。赤肉や加工食品はたくさん食べないでください。キャベツ、ブロッコリーなどの野菜は、膵臓の炎症を予防する最適な食品です。
  • 天然のジュースを飲むようにしましょう。毎日の食事に加えるのに、これほど良いものはありません。パパイヤ、アロエ、アーティチョーク、マンゴー、キャベツ、ニンジン、ビーツは、優れた材料になります。
  • 食物繊維を十分に摂取しましょう。食物繊維が豊富な食品は、1日の始まりに最適です。
  • 適切な体重管理が大切です。肥満はいかなる人にも良い事はありません。全く脂肪のない完璧なプロポーションである必要はまったくありませんが、健康的でバランスの取れた体重を維持し、 肥満に関連するリスクを避けましょう。 健康のために、毎日小さな努力をしましょう。
あなたへおすすめ