朝の頭痛を引き起こす4つの原因

· 7月 20, 2018

朝の頭痛を引き起こす原因は様々です。もし朝の頭痛に悩まされているなら、以下のことが原因であるかもしれません。ただし、最終的には医師に相談をするのが一番です。

頭痛で目を覚まして、1日をスタートするのは最悪の気分です。元気も出ないし、ベッドから出たくない、何もやりたくない・・・。このように頭痛が、あなたの健康と幸せに悪影響を与えることがあります。

頭痛を引き起こす原因

朝の頭痛には、主に4つの原因があります。頭痛の対策をすることはできますが、まず問題の原因を特定しなければ、何をすれば良いかわかりません。

1、歯ぎしり

歯ぎしりは、予想以上に多くの人々に影響を与えている問題です。歯ぎしりは、起きているときまたは寝ているときに、歯を食いしばったり、ギシギシと擦り合わせてしまうことです。深刻な場合は、口にカバーをして、歯を傷つけるのを防ぐ必要があります。。

歯のレントゲン

顎を強く食いしばることが、朝の頭痛をもたらすことがあります。この原因は通常、ストレス、心配、不安、うつ病などです。歯ぎしりを防ぐためのガードを口につけても頭痛を防げないこともあります。

その場合、歯科医だけでなく、心療内科で相談をした方が良いでしょう。寝ている間に歯ぎしりをする原因を突き止めることが重要です。

この記事もお読みください:

なかなか治らない頭痛に効く7つの自然療法

2、偏頭痛

また、朝の頭痛は偏頭痛である可能性があります。偏頭痛を診断されたことがない人は、それがただの頭痛であると考えがちです。タイレノールまたはアドビルを服用して、寝ることで頭痛がよくなると期待するかもしれません。しかしそれが偏頭痛である場合は、これでは治りません。

薬を飲んでも、偏頭痛の激しい痛みは約3日間続くこともあります。偏頭痛では頭の片側が痛み、目の痛みを伴うこともあります。痛みは激しく鋭いものです。薬を服用することで偏頭痛の症状を軽減することもありますが、朝まで痛みが続くこともあります。

3、不眠症

寝ている女性

たくさんの人が不眠症に悩まされています。不眠症は一日だけでなく、連続して何日も続きます。不眠症に苦しんでいる人は慢性的に疲れを感じている傾向があり、悲しんでいるように見えてしまうこともあります。

心と体が完全に回復するためには十分な休息が必要です。さもなければ、疲労や睡眠不足によって、朝の頭痛を引き起こすことがあります。睡眠障害に悩まされている人は、それを治療するのが最善です。

4、高血圧

最後に、朝の頭痛の原因は、高血圧にあるかもしれません。高血圧で悩んでいませんか?もしこれらに当てはまらなければ、ぜひ朝の頭痛に関して、医師に相談してください。

高血圧による激しい頭痛によって、突然目がさめることがあります。また、視界がぼやけたり、視力が低下することもあります。

あなたは、頭痛によって目が覚めてしまったことはありますか?どのように感じましたか?頭痛で目がさめると、吐き気やめまいを伴うことがあるので注意してください。

朝の頭痛の原因がわからない場合は、ぜひ医師に相談してください。きっとストレスから解放されるはずです。