膵臓の健康を保つ方法

7月 25, 2016
膵臓を健康に保つには体によい自然な食べ物を取ることを心がけるだけでなく、適度に体を動かし、そして毎日数分でいいのでリラックスするために瞑想することが大切です。

膵臓を普段から気にかける人はあまり多くはありませんが、人間の体内でとても重要な役目を担っています。従って、時には膵臓を労わってあげる必要があります。

しかし、膵臓をケアする方法なんてほとんどの方は知らないと思います。この記事では、どうやったら膵臓をきれいにして再び元気にすることができるのかについて、お話したいと思います。 

膵臓についての知られてない重要な事実

まず膵臓というのは胃の後ろにある臓器です。更に正確に言うと、下腹部の左側です。膵臓の色は薄茶色をしていて、そこでインスリンを作っています。インスリンは体内で血糖値が正常に保たれるのに必要なホルモンです。血糖が全身の臓器に届くとこのインスリンが血糖をエネルギーに変えて利用したり蓄えたりして栄養素を活用しているのです。膵臓には主に二つの働きがあります。

  • 内分泌腺:血糖値をコントロールして一定に保つ働き
  • 外分泌線:膵液を分泌して消化を助ける

もし膵臓が悪いと、これらの機能が弱まって正常に機能しなくなってしまいます。これらは膵炎または糖尿病、最悪の場合はすい臓がんによっても引き起こされます。

膵臓に特に良くない食品を挙げてみます。

  • 動物性脂肪:特に牛乳や赤身の肉
  • 揚げ物:ポテトチップス、ハンバーガー、ピザなど
  • 精製された食べ物:精製された小麦や砂糖
  • 加工食品:人口調味料、保存料、人口着色料など
  • タバコ
  • アルコール飲料
Advice-for-pancreatic-care

膵臓のためにできること

もうすでに、膵臓が私達にとってどれだけ大事な臓器であるかはわかっていただけたと思います。膵臓を労わり健康に保つことは重要なのです。ここからは、どうやってあなたの膵臓を守ったらいいかお話したいと思います。

健康な食生活

上記の膵臓に良くない食べ物は読んで頂いたので、膵臓にとってよい食生活とは何か大体見当はつくかと思います。膵臓の健康のために欠かせない食べ物は以下のものです。

  • フルーツ
  • 野菜
  • ナッツ類
  • 全粒粉
  • フレッシュジュース
  • ハーブティー
Ginger

洗浄作用のある食べ物を取る

膵臓のデトックス効果のある食べ物は以下のようなたべものです。

  • しょうが
  • アーティチョーク
  • トクサ
  • ビール酵母
  • アロエベラ

オリーブオイルを使用する

1テーブルスプーンのオリーブオイルを朝食前に取ることで、膵臓の浄化に効果があります。オリーブオイルを取った後にすぐ暖かい水にレモン汁を入れたものを飲んでください。

体を動かしましょう

ヨガや太極拳は血液と酸素の流れを良くする効果があるすばらしい有酸素運動です。この二つの運動は、膵臓だけでなく他の臓器の働きをも活発にし元気にしてくれるのです。

エアロビクスや自転車運動などもいいでしょう。それからランニングや水泳またはウォーキングも効果的です。座ってばかりの生活はもうやめて活動的なライフスタイルに変えて行きましょう。

Ginger

膵臓のために食生活を変えるステップ

それではまず膵臓クレンズをやってみましょう。このための11日間は、膵臓によくない食べ物は一切辞めなければなりません。しかし、これさえ守ってもらえればもう膵臓の問題がおきることはないでしょう。

一日目

  • 朝は柑橘系のフルーツを食べましょう。
  • ランチには生野菜のサラダまたは野菜スープを取りましょう。
  • 夕飯には蒸野菜を一皿分、オリーブオイルとレモン汁をふりかけて食べましょう。

二日目

この日は生のフルーツと野菜以外は食べないでください。

  • 朝は柑橘系のフルーツを食べてください。
  • 昼はサラダ。
  • 夜はりんごを一つ。

三日目、四日目、五日目

野菜だけを食べましょう。できるだけ生野菜を取ったほうよいのでサラダが最適です。難しい場合は、蒸したり焼いた野菜でもいいです。茹でたり揚げたりはぜったいしないでください。オリーブオイルとレモン汁で味付けしてください。食事と食事の間にはセロリやニンジン、トマトなどを生で食べましょう。

六日目から十一日目まで

  • 朝はフルーツジュース。
  • 昼は蒸した野菜。
  • 夜は野菜スープかサラダ。
  • フルーツジュースを寝る前に飲みましょう。

膵臓を浄化するための食生活

このステップは1週間かかります。食生活だけでなく他の生活習慣の見直し作業も含まれています。下記の体内バイオリズムにのっとって行われます。

  • 午前4時から午後12時ま:クレンジング
  • 午後12時から午後8時まで:消化
  • 午後8時から朝4時まで:代謝

毎日の運動

毎日15分、早歩きで深呼吸しながら歩きましょう。できればこのウォーキングを朝方行うほうが効果的です。

瞑想、黙想またはお祈りを1日すくなくとも5分してみましょう。もし可能なら1日2回行うとよいでしょう。1回目は朝起きた時、2回目は寝る前がよいでしょう。

下記は浄化のための食生活です。

朝食

朝早めに朝食の準備をしておくといいでしょう。できれば朝運動する前に準備しておきましょう。

材料

  • オートミール又は米を1カップ
  • 炒った穀類を半カップ
  • 昆布を手のひら1杯

作り方

材料を全部なべに入れて塩を一つまみ入れて5分茹でます。2時間ほど置いてから混ぜて食べます。

昼食

昼食は午後に取ることで日中に必要なエネルギーを体に取り込めます。

材料

  • 穀物(米、粟、キヌアなど)1カップ
  • 天然のごま塩(ごまもしくはカボチャの種でもよいです)1テーブルスプーン
  • 3杯分の野菜(たまねぎ、ポロ葱、ニンジン、カブ、かぼちゃなど)

作り方

材料を水と一緒に煮て濃くなるまで煮ます。大きな器で食べて2杯までなら大丈夫です。

夕食

昼食と同じものを食べますが器1杯までにしておきましょう。

日中は水を飲みましょう。もし水でなければハーブを浸した水などでもよいです。

不健康な食生活や運動不足、ストレス、座りっぱなしの生活は健康維持において全くよいことがありません。特に膵臓の健康に関してこれらの悪習慣は大敵です。

あなたへおすすめ