膵臓をケアするための5つのアドバイス

· 11月 17, 2015

膵臓ってどこにあるか、どんな役割をしているか知っていますか?

膵臓は、胃の後ろに位置し、食べた物を消化するための分泌液を出す、大変重要な臓器です。今日の記事では、そんな大切な臓器、膵臓をケアするための5つのアドバイスをご紹介します。

膵臓をケアするための5つのアドバイス

1.アブラナ科の野菜を食べる

broccoli-3

ブロッコリーには様々な種類のガンの予防効果があるという研究結果があることはよく知られているかと思います。ブロッコリーをはじめ、芽キャベツ、カリフラワーやキャベツなどアブラナ科の野菜には、我々の臓器を腫瘍から守る効果があるかもしれないと考えられているのです。ただし、甲状腺に問題がある場合は、アブラナ科の野菜の摂取は避けた方が良いでしょう。

 

2.タバコは吸わない

smoke-3

まだ喫煙しているという人、迷わずきっぱりやめましょう。喫煙者は、膵臓がんにかかる可能性が極めて高いと言われています。あなた自身の健康のためにも、病気になって欲しくないと願っている家族の為にも禁煙しましょう。

こちらもお読みください『今すぐタバコをやめるべき8つの理由』

 

3.体に悪い食べ物にはさようなら!

サプリを選ぶ女性

体に悪い食べ物とはどんなものでしょうか。揚げ物、加工食品、精製された白い小麦粉、砂糖、炭酸飲料などが挙げられるでしょう。こういった食べ物は、便利で手軽なのが魅力です。ストレスを抱え、疲れて帰ってきた日は、ついつい手軽な食品に手が出てしまう、というのも分かります。ですが、これらの食品は脂肪が多く、体に害のある要素を含んでいる為、直接膵臓にダメージを与えてしまうのです。今日からでも是非、食生活をを見直していきましょう。また、アルコールも避けましょう。

こちらもお読みください『あなたを10歳老けさせる食べ物10選』

 

4.膵臓をデトックス

イチゴジュース

膵臓のデトックス、試したことはありますか? 膵臓は消化を助けるのに必須な酵素を合成しています。しかし、体に悪い食品の毒が膵臓に飽和されて影響を受けてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、糖尿病などを引き起こす危険があります。だから、膵臓は解毒をすることが必要なのです。やり方はとっても簡単。10日間、一日にグラス10杯分の水分(以下に挙げる膵臓に良い煎じ茶やジュースなどを含む)を摂りましょう。水分は、膵臓のデトックスを促します。

また、オレンジ、キウイ、マンゴー、イチゴジュースなど、抗酸化作用の高いフルーツを積極的に摂ると良いでしょう。膵臓のデトックスを促し、膵臓の機能を強化してくれるでしょう。

 

5.ジュースで膵臓を強くする

ジュース

ナチュラルジュースは好きですか? 下のミックスジュースを取り入れてみましょう。野菜ジュースは、食事と一緒に摂るか、午後の摂取がお勧めですが、フルーツジュースは、朝に飲むのが良いとされています。ただし、空腹時に摂取することと、飲んだ後1時間半は何も食べたり飲んだりしない方が良いでしょう。また、砂糖は加えないようにしましょう。

キャベツ、人参とレタスのジュース

芽キャベツ(蒸したもの) 1カップ

・人参ジュース グラス1杯

・水 グラス1/2杯

・セロリの茎 1本

全てをミキサーに入れて混ぜるだけです。ジュースはゆっくりと飲みましょう。

 

アーティチョークとアロエベラのジュース

・アロエベラの果肉(ゼラチンが多い中心部) 1カップ

・アーティチョークの柔らかい中心部(調理済み) 1つ

・レモンジュース 1/2個分

・お湯 1/2カップ

通常の様に全てをミキサーでよく混ぜましょう。このジュースは、温かい状態で飲むのが良いでしょう。少しとろりとした食感です。昼食と一緒に飲みましょう。

 

パパイヤとアマの種子のジュース

・パパイヤ 大きめ1/2個

・粉末のアマの種子 大さじ1

・水 1/2カップ

アーモンド 3粒

朝に飲むのが良いでしょう、作り方も簡単です。全ての材料を半カップの水とミキサーにかけるだけです。できあがったジュースは、少しずつ飲みましょう。朝に必要な栄養を摂れるだけでなく、膵臓を健康に保つ助けとなってくれるかもしれません。